施術について

首(ムチ打ち症・寝違え)

むち打ち症は正式な疾病名ではなく,おもに自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭のようにしなったためにおこる症状を総称したものです。正式には「頚椎捻挫」「頚部損傷」「外部性頚部症候群」とよばれます。 
頚部捻挫とは首の関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない組織)の損傷のことであり、その治療は、接骨院・整骨院の専門分野なのです。

<むち打ち症の分類>

①頚椎捻挫型:ムチ打ち損傷の80%を占め、首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が主症状で時には頭重感、頭痛、めまい、吐き気が起きることもあります。3週間前後で軽快するが、数か月症状が持続することもあります。

②神経根症状型:頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、握力や筋力が低下するなどの症状です。上を向いたり、頭を横に倒したり、回すことで症状が増悪します。


③バレ・リュウ症候群型(頸部交感神経症候群):頸椎の損傷に際し、頸部交感神経の損傷や椎骨動脈の圧迫により、頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、視力障害などの不定愁訴が主体として起こる症状です。

※後から症状が出てくることもあるので、必ず診断を受けることをおすすめします。

<寝違え>
寝違えも頸部の捻挫として分類されます。
そのほとんどが頸部や背部の筋肉(すじ)を違えた、伸び過ぎたために、首が動かせなくなる症状です。
何回も寝違えを起こすのは骨盤にゆがみがある場合がほとんどです。
1回目はすぐに治ったので、2回目もすぐに治るだろうと思い、診察を受けずに放置してしまうというケースもよく見られます。一度でも寝違えを起こしたら、早めに当院へご相談ください。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら