施術について

外反母趾

外反母趾とは


親指が変形し、小指の方へ曲がっている状態を言い、身体の中心線からみて親指が外側に曲がっているので「外反母趾」と呼ばれています。

「外反母趾はハイヒールなどの靴が原因で起こる」とよく言われますが、実際には自分の足の形に合っていない靴選びに問題があることもありますが、多くは『歩き方の癖』に問題があり、足の横アーチを形成している中足関節の靭帯が緩んでしまうことが原因です。

外反母趾かどうかは、親指の曲がった角度、すなわち外反母趾角で決まります。外反母趾角は、第一中足骨と母趾基節骨がつくる角度です。
外反母趾角は5~8度が正常で、15度以上は外反母趾です。20度までは軽症、20~40度までは中等度、40度以上を重症の外反母趾としています。


当院では外反母趾の予防、治療に特に力を入れています。


疼痛緩和、予防にはカサハラ式テーピング法にて対応いたします。
外反した指を矯正したいとお考えの方には、靴の中敷インソールをご自分の足の状態に合わせて作成することを、お勧めいたします。
自分の足の形に合った靴や中敷で歩行することにより少しずつ外反状態が改善されてきます。
当院にインソール作成の専門業者の方が来て作成してくれます。
靴選び指導もしてくれます。(予約制)




このエントリをBuzzurlにブックマーク

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら