施術について

隠れている足の異常「浮き足」=「指上げ足」ー東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,外反母趾,内反小趾,骨盤矯正,あすなろダイエット整体ブログ



まず・・・「多くの人たちが、自分の足の悪さに気づいていない」ということが問題ですshock

今、激増している足の異常は、大きく分けると2つのパターンがあります。
1つは「外反母趾や内反小指」で、もう1つは「指上げ足」と呼ばれるもので、足指が浮いていて地面に接地しない、踏ん張っていない状態です。
最近では「浮き指」ということで知られるようになってきました。



ご自分の手の力で足の親指を上に持ち上げて90度以上あがってしまう方は「指上げ足」「浮き足」です!


「外反母趾や内反小指」は指が曲っているので誰でもすぐ分かるのですが
「指上げ足」は上から見ただけでは曲がっていないので殆ど分からないし、自覚がないのが特徴です。

浮き指について簡単にまとめると...
・足指が地面から浮いてしまっている状態
・直接的な痛みがなく、自覚がない人の方が多い
・外反母趾やタコなど、足の変形を伴いやすい


以前は、足の指が浮いていることが美や健康によくないとういうこともわからなかったのですが・・・現実的には指上げ足は外反母趾と同数います。

また両方の異常を持つ人も増えています。外反母趾、内反小指と指上げ足など足の異常の割合を年齢別に調べたところ次のような割合で見つけることができました。
● 小学生・中学生では50%
● 大学生・OLでは70%
● 中高年では80%

いずれも足に異常のあった方は美の面では「姿勢の悪さや下半身太り、O脚など」があり
健康面では「原因不明のスポーツ障害や慢性痛、自律神経の不調」があったのです。

悪い足裏が、足、ひざ、腰、首の慢性痛や生活習慣病の隠れた根本原因になっているのですが、現代医学ではまだ「悪い足と健康との因果関係」を解明していないため、社会全体も気づいていないという背景があるのです。
また、良い見本となるような正常な足と比較する機会がない為、どれが悪い足なのか判断しようがないのです。
更に「足が悪い、変形して醜い」という自分の欠点を認めたくないという心理も働き、それをたかが足というような気持ちで片付け、見て見ぬふりをしてきているのです。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら