あすなろBLOG

2013年7月 8日 月曜日

ダイエットの本当の意味

ファスティング72時間断食が終了して1週間が経ちますが、体重、体脂肪率共に現在もリバウンドせずに維持できております。

ファスティング(断食)後に最も重要なのは、その後の食生活です。
復食期間(2日~3日)は細胞、内臓がデトックスされ生まれ変わった状態です。いわば、赤ちゃんの内臓に戻った期間です。スポンジのように吸収力が高い状態の体に悪い食べ物を入れると瞬く間に細胞に取り込まれ、せっかく排毒され良い状態になった細胞に添加物や有害ミネラルが侵入します。食事内容によってはファスティングを行う前の状態より悪くなる事もあります。
この期間に脂っこいものや動物性タンパク質をたくさん摂ることはリバウンドへとつながることになります。

皆さんは『ダイエット』の本当の意味をご存知でしょうかsign02
「ダイエット」は、元々は英語の「diet」の音訳です。
英語では「(日常的に口にする)飲食物」や「食餌療法」、「減量を目的とする食生活」を意味します。

そして本来の「ダイエット」という言葉の意味は「健康的な体型になるための食事療法または食事そのもの」を指します。
つまり、日本でよく使われる意味の「体重を落とすこと、減量すること」だけを指すのではなく、「痩せすぎの人が、食事療法により食べる量を増やしたりして、太ることで適正体重に戻す食事療法のこと」も「ダイエット」と言います。

成人の体は約60兆個の細胞からできています。
60兆個の細胞も最初はたった一個の細胞が母体の胎盤を通じて「栄養」をもらい、細胞分裂を繰り返し、この世に生まれてくる時には約1~2兆個の細胞の体で生まれます。

成人になる頃には毎日の食事で得た「栄養素」を元に約60兆個の細胞に成長しますが、その細胞は一定ではありません。

皮膚は約28日周期で入れ替わり、白血球は約5日、赤血球は約120日、肝臓は約200日で新しい細胞に入れ替わります。体全体、骨も含めて1年間で約85%の細胞が新しく入れ替わります。

そして、何より健康体で生活するために重要なのは「細胞の質」です。
この「細胞の質」を決定するのは「血液」です。

「血液」を製造するには「栄養素」と「酸素」が必要です。

この「栄養素」と「酸素」が不足していたり、有害なものであれば「血液」はドロドロとなり、代謝障害を引き起こし、大きな病気を引き起こします。

十分な「栄養素」「酸素」を取り入れて、サラサラとした正常な「血液」になり「細胞が矯正」されるには、赤血球が全て入れ替わるのと同じ、約120日(4ヶ月)かかります。

「血液」が健康となり「細胞」が健康体に改善されることが=「体質改善」

ですから、ダイエットも4ヶ月以上継続して行い「細胞が矯正」されて「太りらない体質」に改善されて初めて成功といえるのです。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら