施術について

内反小趾について



外反母趾については、様々な情報や治療法が広まっていますが、内反小指については、比較的まだ少ないように思えます。内反小指は、靭帯性外反母趾や混合性外反母趾などの外反母趾に伴って発生する場合がほとんどで、おそらく内反小指の8割~9割は外反母趾の合併症的存在と言えるでしょう。
しかし、一部の内反小指は、単独で発症し、小指の付け根に痛みを生じるものもあります。

症状としては、足指の第4指(薬指)と第5指(小指)の間の中足靭帯がゆるみ、第5指の付け根の関節部分が外側に出っ張り、第5指は身体の中心線に向かって内反する。
痛みは、第4指と第5指の付け根の間、第5指の付け根、第5指の付け根の外側のでっぱった部分、第5指の真ん中の関節付近にできるタコ、第4指と第5指の重なっている部分などに見られます。

原因としては、先の細い靴を履く習慣がある場合、あるいは歩行時に足の外側から地面についてしまう内股歩き・小指の付け根側に重心を乗せるくせがある場合が考えられます。

内反小指には、第5中足骨骨頭が出っ張る仮骨性内反小指と、第4指と第5指間の中足靭帯がゆるむ靭帯性内反小指、および両者の混合型がある。また、第5中足骨の骨幹部から骨頭にかけて外側へ反るタイプもあります。

小指の付け根の外側の腫れや薬指と小指の付け根の間に起こる痛みに対して最も有効なのは、伸びた中足の靭帯を締めることです。 中足関節を締めるテーピング法やサポーターを使用することで、内反小指の矯正効果を高めることができます。また、足整板(インソール)療法で足の着き方を改善すれば、曲がった小指が改善され、まめやタコもなくなります。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら