あすなろBLOG

2013年9月29日 日曜日

セプテンバーリスク

長く続いた猛暑から一変して今週は一気に気温が低下し、脳卒中や心臓の病気など循環系の発病リスクが高まっているようですshock

脳卒中や心臓疾患など循環系発病は猛暑が続いて、急に寒くなってもまだ薄着のままで外に出たりした場合などに多く起こる場合が多いようです。
特に血圧が不安定な朝の起きがけに多いようです。

今年も昨年同様に・・・急激に気温が低くなったのでセプテンバーリスクの危険が増しているとのこと。

特に朝は目覚めてから活動モードに入るので、血圧や脈拍が不安定になり、それが気温の低下と重なり脳卒中や心臓の病気など循環系疾患を引き起こしたりするという。
今年は記録的に暑かった夏だっただけに、今週のように一気に気温が低くなると脳や心臓の血管に悪影響を及ぼすとのこと。

しかも急に涼しくなると無意識に水分をとるのを忘れ、脱水になって血行障害を引き起こすリスクが高まるようです。

また、肌の衣替えが間に合ってないということ。
急な気温低下で体温調節機能が間に合わず自律神経のバランスが不安定になり、めまい・頭痛・吐き気や手足が急に冷たくなったりする。

<セプテンバーリスクへの対策>
・気温差をなくす対策として
 朝は少し布団の中で手足をバタバタさせたりしてゆっくりと起き上がる。
・内と外から体を温める
 半身浴・温かい飲み物を飲む
・運動で発汗させる
・呼吸法(自律神経の調節)
 ゆっくり呼吸=リラックス効果(副交感神経)
 短い呼吸=やる気アップ(交感神経)
 これを繰り返し交感神経と副交感神経のスイッチングをする。

これらセプテンバーリスクからの回避のための対策を実践し、くれぐれも脳・心臓などの障害には注意してくださいsign03

このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら