あすなろBLOG

2013年11月12日 火曜日

きちんと足指が使えてますか?

最近、寒くなってきてブーツや厚底の靴を履いた後から足指の痛みを訴えて来院してこられる患者様が増えております。
靴底や革が硬いブーツや厚底の靴または自分の足に合わない大きめの靴を履いて歩くと足の指を固めて歩いてしまい、浮き指状態や外反母趾を誘発してしまいます。

足指や足裏の機能がきちんと使えているかどうかは、足の状態に表れます。
外反母趾だけではなく、タコや巻き爪も足指や足裏の機能がきちんと使えていない証拠となります。
中でも注意したいのが、「浮き指(指上げ足)」の状態。

『浮き指』とは歩行時に足指がふんばれず、指が浮いた状態のこと。上から見ると指は真っ直ぐなので見落とされてしまいがちですが、外反母趾と同じくらい、現代人に多く見られます。

「浮き指」を防ぐには、まず、サイズの合わない靴、ヒールの高すぎる靴は避けること。脱げないように、足指を上げてロックした状態で歩行するため、足指を上げて歩く癖がつきます。つっかけタイプのサンダルやスリッパも同様。また、ひざを上げず、ひきずって歩く「だらだら歩き」はつまづきやすいだけではなく、足裏の機能を発揮できず、体も不安定になります。
『浮き指』や『外反母趾』など、不安定な足裏機能を取り戻すには、"踏ん張る力"をつけることです。
そのためにも足裏でバランスを整え、足裏の踏ん張り力をつけることが大切です。

<きちんと足指が使えてますか?>
ラクだからといって、足の筋肉を使わず「だらだら歩き」をしていたり、自分に合っていない幅広や大きめの靴を履いていると、指が浮いた「浮き指」状態になってしまいます。
見た目にはわかりづらいため、気づかないうちに「浮き指」になっていることもあります。

「浮き指」になっていないかどうかのチェック方法は、下の図のように足指の力を完全に抜き、手で足の親指を甲側に押したとき、90度以上反る状態が「浮き指」です。
足と手の親指の付け根を合わせ、押したときに手の人差し指と親指で作られる角度で測ります。







このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら