あすなろBLOG

2013年12月11日 水曜日

健康食品・サプリメントと医薬品の違いって何ですか?

日本の法律(薬事法及び食品衛生法)では、口に入る物は「食品」か「薬」のどちらかであり、「健康食品」というカテゴリーは存在しません。
つまり、健康食品は法律上「食品」として扱われます。

「健康食品」として販売するためには、「薬」としての成分を含んでいてはなりません。
言いかえれば、「薬」としての効果があれば、「健康食品」として販売はできないのです。

ですから「健康食品」に薬としての効果を期待することは誤りです。

では、「健康食品」に何を期待するか?できるか?
それは、あくまでも食事からだけでは不足する必須栄養素の補充です。

必須栄養素とは、 食事でしか摂れない、体内で合成できない栄養素です。

たとえば、アミノ酸では8種類の必須アミノ酸は体内では合成できません。
しかし、他のアミノ酸は体内で合成することが可能です。

必須栄養素が身体に必要なだけ摂れていれば、人の身体は、その必須栄養素を原料として、
健康で生きていくための細胞、血液、筋肉、骨のほか酵素やホルモン等々を必要なだけ作ってくれます。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら