あすなろBLOG

2014年7月23日 水曜日

夏真っ盛り!「熱中症」に注意!

生命の危険もある「熱中症」

昨日、気象庁から関東地方も梅雨明け宣言が出され夏真っ盛りとなりました。
バカンス気分も満開のこの時期、毎年ニュースにのぼってくる「熱中症」
「車内で留守番をしていた子どもが熱中症で重体」「海辺でバーベキューをしていた会社員が熱中症で倒れた」・・・毎年のことだけに、熱中症については多くの人がよく知っているように感じられますが・・・
さて、皆様は、熱中症について、また、その原因や予防、対処法を知っていますかsign02

「熱中症」は日射病や熱射病などの総称で、 「高温下での運動や労働のため、発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気。体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれ精神錯乱・昏睡などを起こし、生命の危険を伴うこともある」とされています。日差しが強く、気温がぐんぐん上昇する夏場は思いがけず症状の進行も早いので要注意。 

<熱中症のメカニズム>
熱中症を引き起こすそもそもの根底には、ヒトの体温を調節するメカニズムがあります。
暑さに対する体温調節の仕組は
1. 皮膚の表面から空気中へ熱を放出する
2. 汗をかき、その汗が蒸発するときに熱を奪うはたらき(気化熱)を利用する

体温よりも気温が低ければ、皮膚から空気中へ熱が移りやすく、体温の上昇を抑えることができます。
また、湿度が低ければ汗をかくことで熱が奪われ、体温を上手にコントロールすることができます。
しかし、気温が体温より高くなると、空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけに頼ることになります。ところが真夏日には、気温が高いばかりでなく、湿度も75%以上になると、汗をかいても流れ落ちるばかりでほとんどほとんど蒸発しなくなります。そのため、発汗による体温調節すら事実上できなくなってしまいます。

また、体温が37℃を超えると皮膚の血管が拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとします。しかし、このとき体温がさらに上昇し、発汗などによって体の水分量が極端に減ると、今度は心臓や脳を守るために血管が収縮しはじめ、ここでも熱が放出できなくなってしまいます。

熱中症は、こうして体温を調整する機能がコントロールを失い、体温がグングン上昇してしまう機能障害ということです。実は、炎天下ばかりでなく、室内で静かに過ごしていても起こり得る。実際、高齢者が室内で熱中症になって倒れているのを発見されるというケースも少なくありません。

また、"熱中症は夏だけの病気"ではありません。激しいスポーツや重労働の場合は季節を問わず、いつでも起こり得ます。例えば冬に暖房のよく効いた室内で厚着をしていて起こる場合もあります。

熱中症が危険なのは、自分では「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」程度と思っている間に症状が進んでしまうケースも多い。周囲の人の気遣いに「大丈夫」と答えたすぐ後に倒れてしまう場合もあるようです。
毎年被害が絶たないのは、自分で気づきにくい、または「たいしたことはない」と感じてしまうことが多いからでしょう。

炎天下や暑い場所に長くいる間は、自分で気をつけるのはもちろん、周囲の人間同士で気をつけ合うことが何より大切です。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら