あすなろBLOG

2014年12月14日 日曜日

ボーイスカウト指導編(26年度餅つき大会)

今日は当院...休診を頂きまして、ボーイスカウト江戸川第一団の餅つき大会に参加してきました。
最近は一般家庭で古典的餅つき風景を見ることは少なくなり、つきたてのお餅を食べる機会がなかなかありませんが・・・団の毎年の恒例行事として年末にスカウトたちにお餅をつかせて、つきたての美味しいお餅を食べさせています。


餅つきは昔から正月を迎える大切な段取りのひとつとして、年の暮れの数日間に行われます。
ただし、12月29日は「苦」に通じる、26日は「ろくなことがない」と言われ、その二日間だけは餅をついたり購入するのを避ける風習があります。
餅はもともと正月や祝い事などの「ハレの日」のための特別な食べ物でした。
また、節分や桃の節句、端午の節句などの節句ごとに餅が作られ供えられたり、七夕やお盆、お彼岸などの季節の区切りにも食べられます。
このように餅は日本人の生活・行事に欠かせない存在として現在まで伝えられています。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら