よくあるご質問

鍼灸Q&A

01. 鍼灸には副作用はあるの?

鍼灸はツボを刺激して身体のバランスを整えていく治療法ですので、副作用は殆どありません。
お子さまからお年寄り、妊娠中の方でも安心して治療を受けることができます。
副作用ではありませんが、東洋医学の漢方薬やあん摩、鍼灸では「好転反応」「瞑眩反応」「還元反応」などと呼ばれていて、施術直後は血流や神経の働きが急激に変化し、痛みや不調のある異常なバランス状態から正常なバランスへ、治りにくい慢性的な疾患から身体を還元する変化が起こります。
主な症状として・・・身体がだるい、頭が痛い、重い、 眠い、発熱、発汗、めまいがする、手足がしびれる等の症状が出ることがございまが、一時的な症状で1日か2日間で改善します。


02. 鍼は痛くないですか?

基本的に鍼は痛くないものです。但し鍼特有の響く感覚が生ずる場合があります。人によってはそれを痛みと感じる場合がありますが、通常は患部にひびく感じで、なれると心地よさも出てきます。治療に用いる鍼は直径が髪の毛(0.2mm 以下)程度の細さで、先端も裁縫や注射針とは異なり、痛みをできる限り伴わない形状になっています。
 


03. 鍼は清潔?消毒されているの?

当院では"ディスポーザブル( 使い捨て)"鍼を使用しています。
消毒滅菌されて梱包されたディスポーザブル鍼は、一回使用ごとに廃棄されます。


04. 鍼をしている状態で動いても大丈夫?

刺入中は動くと痛みを感じる場合があります。できる限り動かず施術を受けてください。
皮内鍼【置き針】数日間テープで張り付けておく鍼であれば、動いたり運動したりしても大丈夫です。
皮内鍼は、身体の中には入り込まないようにできている1-5mm 程度の長さの鍼をテープで止めておくタイプのものです。色々な疾病に有効で、肥満対策に使う場合もあります。 


05. 妊娠中に鍼灸をしても大丈夫?

鍼灸は母体や胎児への副作用がないため、妊娠中の女性や投薬治療ができない方に適しています。
鍼灸によってつわりが緩和されたり、流産癖のある人が無事に出産したり、また、逆子が直ったという例もあります。
ただし、妊娠していることは治療の前に必ず伝えてください。


06. 病院での治療中や投薬中に鍼灸を受けて大丈夫?

疾病によっては、投薬と鍼灸との併用でより高い効果を望める場合もあり、欧米ではそれが標準的な考え方になりつつあります。日本でも、積極的に統合医療を推奨するケースが増えてきました。 


07. ストレスや更年期、うつ病などにも効くのですか?

鍼灸はストレスから来る様々な症状の改善に大変有効であるといわれています。また、更年期障害に伴って起こる自律神経失調症や不定愁訴(めまいや動悸、肩こり、腰痛など更年期になって起こりやすい症状)を治めるには、もっとも適している方法のひとつです。うつ病に関しては、心療内科など西洋医学との統合治療がより有効です。 


08. 痩せるツボってあるの?

痩せるとして一般的にいわれているのは耳のツボです。
耳の胃点、肺点等に鍼による通電や皮内鍼という鍼による刺激を加えると、食欲を抑制して体重減少や代謝異常を改善する可能性が推測された、という報告などがあります。しかし、ダイエットを成功させる上で一番大切なことは、正しい生活習慣を継続していくことで、鍼によるツボへの刺激はそのきっかけを作ることです。


09. 脱毛改善にも効果はあるの?

脱毛の原因は様々ですが、ストレスによる円形脱毛の人も多く、その場合はある程度の効果は期待できるでしょう。
その他が原因の場合も長期間の治療で効果がみられることもあります。 




アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら