あすなろBLOG

2017年1月 7日 土曜日

胃腸を休める七草粥

今日1月7日は七草です。
七草の朝に7種の野菜を刻んで入れたかゆを七種がゆといい、「邪気を払い万病を除く」というい謂われがあります。七草粥は正月行事として定着していますが、本来は1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事のひとつで、七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになったようです。


七草粥に入れる野菜
芹(せり) ......水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
薺(なずな) ......別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
御形(ごぎょう) ......別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
繫縷(はこべら) ......目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
仏の座(ほとけのざ) ......別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
菘(すずな) ......蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
蘿蔔(すずしろ) ......大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら