あすなろBLOG

2017年6月15日 木曜日

靴選びで腰痛・・・?

できれば・・・おしゃれな靴を履きたい...
流行りのデザイン重視で選びたい...
足が痛ければ幅広い靴を選ぶ...
靴が合わないと足・指が変形して、歩き方も悪くなる。
歩き方が悪くなれば、腰にも影響する。
「靴=歩行は腰痛と密接に関わっています」

<靴と腰痛との関係 >
慢性腰痛やぎっくり腰を繰り返す人は、正しい靴選びができていない方が多いです。
特に腰を痛めるような動作をした覚えもないのに腰痛を引き起こしたり、くしゃみや咳をしただけで、ぎっくり腰のような症状になってしまう・・・?
どうして腰痛をくり返すのでしょうか?
二本足で歩く人間の宿命でしょうか?

ある調査報告では・・・靴を履くことがないマサイ族の人々は、腰痛を経験することがない!
...なぜでしょうか?

マサイ族はしっかり3点(かかと、足裏指の付け根、足指)で歩行しています。
しかし、日本人は指上げ足、外反母趾、内反小趾が多く3点歩行できない方が非常に多いです。

答えは構造上正しい靴選びをしていない、正しい靴選び知識がないのが原因です。
・・・つまり悪い靴を履いていると足の変形につながります。
さらに、足の変形が歩き方を悪くして、膝・腰・首に負担をかけるのです。
まさに負のトライアングルです。

毎日履く靴の正しく選ぶ知識や方法が大切です。

<靴選びのポイント>
1、まず、ご自分の足の形状を把握しましょう!
足の形状や指の長さなど、つま先のシルエットによって足の形は類型化されます。
以下の画像で説明すると、左から順に、
① 親指から人指し指、中指までほぼ同じ長さの「スクエア型」(ポリネシア型)
② 人指し指が一番長い「ギリシャ型」
③ 親指が一番長い「エジプト型」
日本人の足の形の割合はエジプト型が最も多いといわれています。
           ①         ②          ③


2、次に、自分に足裏の形を確認しましょう。
自分の足裏の形と靴底の形が近い形の靴を選びましょう。
 


3、捨て寸を確認
靴のつま先の余白ことを専門用語で捨て寸と言います。
ポイントは靴内で指が押されて曲がってないかです。
この捨て寸を1~1.5cm確保することが理想とされています。

4、足囲を確認
足で最も横幅が広い部分、基本的に親指の付け根の骨が出っ張ったところと、小指の骨が出っ張ったところを通って一周ぐるりと測った寸法が足囲です。
(足囲の図り方)
①両足に平均に体重をかけて立ちます
②親指の付け根と小指の付け根を通ってグルッと一周メジャーで測ります
③自分のサイズの欄を見て、幅の目安(D・E・2E・3E等)をつけます。
※左右で足囲の違う人がいるので、両足測ってください。

5、女性
①ヒールの安定性:広いほうがいい
ヒールは歩行の際、最初に体重が乗ってくる場所です。
踵が安定しないと左右の足が揺れるので、踵の変形につながり、外反母趾・内反小趾になりやすい。また、O脚にもなりやすい。
外反母趾・内反小趾になると足裏で衝撃を吸収できないので、膝・腰・首に負担がかかります。
※踵は歩く際に最初につく場所です。踵がすり減ったらすぐに直して下さい。

②ヒールの高さ
ヒールの高さは3~4cm程度
ヒールが高いほど指の付け根や指先に体重がかかるので、開張足になりやすい。
さらに、重心が指先側にかかるので、代償動作として反り腰になり腰に負担がかかる。

6、男女共通
①ヒールカウンター(踵の部分)
かたくなっているのを選ぶ(スニーカー、パンプスすべて)
ヒールがかたくなっていることで、踵が安定する。
踵が安定しないと外側に体重が乗り、代償として身体を過剰に捻じり、膝・腰・首に負担がかかる。
※サンダルやミュール等の踵がない物は履かない。

②シャンク(土ふまずの真中内側の部分)
かたくて指でおしても曲がらない靴を選ぶ。
体重が乗った時、内側に踵が倒れやすい靴は外反母趾・内反小趾になりやすい。

③かえし(つま先の根元の曲がる部分)
つま先を下から押したら曲がること。
つま先立ちをしてかえしの部分と母趾球と小趾球が一致します。
つま先のそりの部分がやわらかくないと指を使わないで歩くので指の力が弱くなり、指上げ足になる。指上げ足になると2点歩行となり足裏が不安定・外反母趾・内反小趾になります。
また、身体の歪みを引き起こし、身体の中心である腰に負担がかかり腰痛を引き起こします。

7、高齢者
高齢者は猫背になりやすいので、重心が踵側に乗ります。
つまり足の指を正しく使えないことが多い。
足の指が弱くなり、つま先が上がりにくくなる為、転倒しやすくなります。

① 踵のかたい靴を選ぶ

② 足の甲がしっかりと止められる靴を選ぶ(紐靴が理想ですが、マジックテープでもいいです)

③ つま先のかえしが反っている靴の方がつまずきにくい。

8、子ども
子供はまだ足裏のアーチが完成していない為、無理に歩かせない。
激しいスポーツは避ける。
① 捨て寸のとれる靴を選ぶ。つま先の部分(約1~1.5cm程度)

② マジックテープや紐靴で足甲をきちんと締められる靴を選ぶ。

③ ヒールカウンターが高くてしっかりしている靴を選ぶ。

④ かえしがやわらかい靴を選ぶ。

⑤ ベストは裸足です。指を強くするため、家の中では裸足が望ましい。

9、足囲を確認
足で最も横幅が広い部分、基本的に親指の付け根の骨が出っ張ったところと、小指の骨が出っ張ったところを通って一周ぐるりと測った寸法が足囲です。

(足囲の図り方)
①両足に平均に体重をかけて立ちます
②親指の付け根と小指の付け根を通ってグルッと一周メジャーで測ります
③自分のサイズの欄を見て、幅の目安(D・E・2E・3E等)をつけます。
※左右で足囲の違う人がいるので、両足測ってください。


<まとめ>
① 靴選びの間違えから足が変形し歩き方を悪くして、膝・腰・首に負担をかけます。

② 自分の足の形に合った、構造上で正しい靴を選びましょう!

③ おしゃれな靴を履きたい場合には2時間以内にしましょう。

④ 捨て寸だけでなく、足囲も測定し緩すぎず、きつ過ぎない靴を選びましょう。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら