あすなろBLOG

2017年7月 5日 水曜日

梅雨~夏のダルさ対策

ジメジメ蒸し暑い日が続きますね。

この梅雨から夏にかけての時期は暑いと思っていても、実は冷えている方がとても多いんです。

この時期に体調を崩す方の多くは、顔から上半身が暑く、下半身が冷えていたりします。

『顔のぼせ~足冷え』というやつです。


健康な身体は【頭寒足熱】といって、上半身は涼しく、下半身は温かい状態です。

これからもっと暑くなると、冷房や扇風機のあたり過ぎで体調を崩す人が増えてきます。

たくさん汗をかいたあとに急に冷房の効いた涼しいところへ行くと、一気に熱を奪われ、一度出た汗が体の中へ戻ってしまいます。

これは、とても身体に負担がかかります。

汗をかいた時には涼しいところへ行く前に、まずは汗を拭きとるようにしましょう!

冷房や扇風機は直接当たらないようにする工夫が必要です。



冷えや疲れが身体に残ると、汗が出にくくなり、排泄が上手くいかずに「腎臓」へ負担がかかります。

腎臓が弱ってくると・・・
『むくみ』やすくなったり、疲れやすい、だるい・・・
といった症状が出やすくなります。


<むくみ・疲れ・だるさに効くツボ>
・湧泉(ゆうせん)
足の指を「グー」にするとできる、足の裏のくぼみ

・志室(ししつ)
ウエストのくびれの背中中央から指4本分外側


また・・・夏でもお風呂にゆっくりと浸かり、身体を緩めて、汗の出やすい身体にしておきましょう!

そして夏の水分不足はもちろん、塩分不足にも注意が必要です!
とくに高齢者やお子様は注意してください。

・冷房&扇風機は直に当たらない
・汗をこまめに拭く
・水をよく飲む
・塩分不足に気を付ける


水に塩を入れたり、塩分はミネラル分でもある為、麦茶もオススメです。

※ミネラル不足は自律神経の不調や足がつる原因のひとつです。

冷房のあたり過ぎで「頭がボーっ」としたり、頭痛がしたり、体調が悪くなる方は・・・
しっかり湯舟に浸かりましょう!



<温冷交代浴>がお勧め!
温冷交代浴とは、
お湯と冷水を交互に浴びる入浴方法のことです。

お湯につかると血管が拡張し、冷水を浴びると血管は収縮します。
これを何回か交互に繰り返すと、血管の伸縮作用が活発になり、血液循環がスムーズになるのです。

また、全身浴や半身浴の血行促進効果は、入浴中から入浴後1~2時間ほどしか続かないと言われます。
それに対して温冷交代浴の血行促進効果は、入浴中から入浴後3~6時間ほど持続するのもうれしいポイントの一つです。

1. 42度以上の熱めのお湯で2~5分入浴
2. 続いて、冷水浴を30秒~3分行う

家庭では、温浴と冷水浴を交互に行うのは難しいので、お風呂で温まって上がる前に、
15~20℃の低温でシャワーを浴び、再び温浴をする...ということを3~5回繰り返すとよいでしょう。

シャワーなら、
・熱いお湯を1分浴びる
 ↓
・冷水を1分浴びる
これを温→冷→温→冷→温→冷
と3回繰り返します。

最後は冷たい水で終わると、保温効果も長持ちします。

最初のうちは冷たい水に慣れるのが大変なので、足のみ、腕と足のみなど、少しずつ水をかける範囲を増やしていきましょう。

温冷交代浴は心身共にに良い効果をたくさん生み出してくれるので、イチオシの健康法です。

※心臓に疾患のある方や高血圧の方は、心臓への負荷がかかるのでお勧めできません。

ぐっすり眠れて体調を崩しにくくなりますよ!

特に女性は汗が出にくく冷えている方が多いので、循環、排泄しやすい身体に整えておきましょう!



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら