あすなろBLOG

2017年12月28日 木曜日

力が抜けない人が力を抜く3つのコツ ー 江戸川区瑞江・篠崎・整体・あすなろブログ 


整体やマッサージをしていると、身体が自然に「力が入ってしまう」方がいらっしゃいます。

自分では力を抜いているつもりなのに、身体に自然と力が入ることが「クセ」になってしまっている。
会社や家庭などで書き物やパソコン、スマートフォンをしていると「肩の力もっと抜いたら?」と言われる。
就寝中でも肩に力が入ってしまい、朝起きたら肩こりや頭痛がしている。

こんな患者様は多くいらっしゃいます。

そんな、「力が抜けない人」が力を抜きやすくするための3つのコツをお伝えします。


<力が抜けない人の対処法>
1)深呼吸をする
ゆっくり2〜3分、深い呼吸を繰り返しましょう。
力が入りやすい人は深呼吸も一生懸命にやり過ぎてしまいます。

なるべく自然な呼吸で力まず、細く長い息を目指しましょう。

先に吐いてから → 吸うようにすると、肺にたくさん空気が入りやすくなります。

2)一度ぎゅーっと力を入れてパッとはなす
力が抜けにくい人は、むしろ1回力を入れてみましょう。

・肩をぎゅーっと上まで上げてからパッと降ろす
・手や足をぎゅーっと握ってからパッと離す
・全体的にグーンと伸びをしてからパッと緩める

このように、緊張と弛緩を繰り返すと体の力が抜けやすくなります。

3)あくびをする
実はコレが一番のリラックス法だったりします。
あくびをすることで脳と体がリラックスします。

我慢せず、人目の付かないところで思いっきり口を開いて両手を上げてあくびをしましょう。
特に顔や首周りの筋肉も緩み、脳にも酸素が行き渡るので気分がスッキリしますよ。

基本的に、力が抜けにくい人は気を張っていたり、周りに気を使っていたりする人が多いです。
交感神経が活発になっていて脳や体がリラックスしにくいので、深呼吸やあくびで意識的に力を抜くようにしてみてください。

何度も繰り返すうちにだんだん力が抜けやすくなってきます。

イメージとしては、
・温泉に浸かった時の「あ゛〜〜〜」
・喉が渇いてビールを飲んだ時の「プハァ〜〜〜」
・ふかふかの布団に入った時の「はぁ〜〜〜」
という幸せな気持ちが一番体をリラックスさせてくれます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら