あすなろBLOG

2018年1月26日 金曜日

足の付け根の痛み「変形性股関節症」江戸川区瑞江・篠崎の骨盤矯正ブログ


週明けの月曜日は東京も突然の大雪でしたが、皆様は転倒などされませんでしたでしょうか?
私は凍結した道で危うく転びかけてしまい、足の股関節(付け根)にピリッとした痛みを感じました。
そして、翌朝の雪かきでぎっくり腰になりかけてしまい・・・改めて、舗装されたきれいな道で、しっかり歩ける大切だなあと実感いたしました。

さて、足の痛みがでたり、歩きにくくなったりする病気が日本人ではおよそ500万人もお悩みの方がいると推計されている「変形性股関節症」
股関節にある軟骨がすり減って、太ももから脚の付け根に痛みが現れ、進行すると寝たきりの原因にもなってしまいます。

股関節は他の関節と違い、深い所にあることや筋肉や靭帯(じんたい)に囲まれています。そのため、そもそも症状を自覚しにくく、進行してから気づくことも少なくありません。
症状として最も多いのは、足の付け根の痛みや違和感です。その他に、おしりや太もも、ひざの痛みとして出てくることもあり、そのため股関節の病気だと気づかない人が多くいます。また、左右に揺れて歩くというのもこの病気のサイン。歩いているときに人に指摘されて気づく人もいます。あぐらをかきにくくなったり、靴下の着脱や足の爪切りが困難になったりすることも症状の一つです。

<左右に揺れて歩くというサイン>
このサインは、足裏の筋力低下足指の変形外反母趾・内反小趾、ハンマートゥーなど)、脚の左右の筋肉の付き方が違う、O脚・X脚、歩き方の間違え等から起きるサインです。自分では普通に歩いているつもりでも、家族やご友人から「歩き方がおかしい」などの指摘を受けたことがある方は要注意です!

変形性股関節症は、股関節を構成する骨盤の臼蓋(きゅうがい)や大腿骨(だいたいこつ)の軟骨が少しずつすり減ってしまう症状です。
股関節に負担をかけないように生活改善を行うとともに、運動療法によって症状の進行を遅らせることができます。
運動療法は、基本的に股関節をリラックスさせ、正しく関節を動かすことを目的としています。運動によって股関節の可動域を広げる効果があり、また、関節内にある関節液が軟骨に十分に行き渡って骨に栄養を供給することができるため、軟骨が健康に保たれます。
運動を続けていけば、股関節が正しく動くようになり、股関節にとって大切な筋肉もついてきます。いすを使って脚を開閉する、貧乏揺すりをする、骨盤を動かすなどの運動をします。ポイントは力を入れずに体をリラックスさせて行うことです。


当院では、股関節の運動療法のほかに・・・左右のバランスの違いを矯正するバランス整体施術や正しい歩き方の指導、正しい靴の選び方、筋力強化のエクササイズ指導で股関節の変形を未然に防いだり、変形の進行を少しでも遅らせる対処をお勧めしております。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら