あすなろBLOG

2018年3月 6日 火曜日

春先になると頭痛が起きる!?江戸川区瑞江・篠崎・頭痛・あすなろ整体院・はり灸院ブログ


ここのところ急激に気温が上昇し、春めいた気候になって花粉の散布が増えてきたようです。
それに伴って、当院では多くの患者様から花粉症の症状である、鼻水・鼻詰まり・目の痒み・頭痛・頭重感等の訴えが増えてまいりました。

春先などの季節の変わり目は片頭痛や群発頭痛が起こりやすくなります。
春先は、天候が不順であるため脳内物質のセロトニンの分量が不安定になりがちです。

それだけでなくスギ花粉の影響も受けます。

また、精神的ストレスは頭痛を引き起こすことがあります。
神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

<なぜ花粉症になると頭痛がするのか? >

花粉は体のいろんなところに付着します。
鼻粘膜に付着すると、鼻水・鼻づまりになり、酷くなると炎症を起こします。
鼻粘膜の炎症が酷くなると副鼻腔炎になり、鼻の奥・目の奥による痛みから頭痛を生じます。

この時期大事なのは
1、生活リズムを崩さない
早寝早起き
バランスの良い食事
休みの日でも遅寝遅起きをしない

2、花粉対策をする
マスクをする
花粉がつきにくい服にする
帰ってきたらうがい、手洗いをこまめにする
早めに花粉を洗い流すためにお風呂に入る

3、食事による免疫力をつける 
ヨーグルト・味噌汁などの発酵食品をとる


当院では、花粉症や頭痛の軽減対策として鍼灸(はり・きゅう)治療をお勧めしています。
鼻水・鼻詰まり・頭重感・頭痛への対策として頭、顔、首、足へはりと温灸を施します。
顔と首のツボを中心に刺激することで、鼻の通りをよくし鼻づまりによる不快感・頭重感・頭痛を軽減し、手や足のツボはアレルギー体質の緩和の効果を促します。

花粉症対策を行うことで「春の頭痛」の原因を減らせます。
花粉による頭痛を乗り切りましょう!



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら