あすなろBLOG

2018年4月27日 金曜日

下半身太りを招く「浮き指」「指上げ歩行」ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤矯正・あすなろ整体院ブログ


下半身太りの原因は、危険な2点歩行=「浮き指」「指上げ歩行」にあった!

「浮き指」「指上げ足」とは、立ったり歩いたりする際に、足指が浮いていてしっかりと踏ん張っていない状態にあることを指します。


画像のように指が足の甲側へ90度以上反ってしまうと「指上げ足」「浮き指」です。

かかと、足指の付け根、足指が接地した三点歩行ができていれば、足裏全体とひざ下だけで体重を支え、歩く度に発生する衝撃とねじれを吸収無害化することができます。

しかし、足指が浮いていると、重心がかかとに片寄り、かかとと指の付け根だけの「二点歩行」になるため、左右差も起こり、足裏がグラグラと不安定になります。
その不安定さをカバーしようと、太ももやお尻などの大きな筋肉が発達したり、ふくらはぎやすねに余計な力が入ってパンパンに張ったりします。
一度付いてしまった筋肉は疲労しないよう脂肪を蓄えるため、脚はどんどん固く、太くなっていくという負のスパイラルになります。



また足裏の不安定さを補うため、脊椎の最上部にある首でなんとかバランスを取ろうとするので、首コリや肩コリも発生しやすくなります。

首を痛めると、自律神経がうまく働かなくなります。自律神経は頚椎と頭蓋骨の接続部に集中していて、健康なときは交感神経と副交感神経の二つの神経がバランスよく保たれていますが、ここが圧迫されると伝達不良となり、体の末端まで血液が巡らないため、足が極端に冷えたりむくんだりといった症状も出てきます。
浮き指は、"ガチムチ足""下半身太り"を招くリスクが高い、放置してはならない症状なのです!

 

当院では、指上げ足・浮き指・外反母趾対策として、テーピング療法や足裏バランス整体療法をしております。
お気軽にお問い合わせください。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら