あすなろBLOG

2018年5月12日 土曜日

骨盤のゆがみの根本原因は足裏のバランスにあった!「指上げ足」「浮き指」「外反母趾」「偏平足」足の痛み対策ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤矯正・あすなろ整体院ブログ



「骨盤のゆがみ」がある人はこのような悩みを持っています。
「左右の肩の高さやウエストの高さが違う」
「どちらかの脚を組まないと座っていられない」
「脚の長さ・ズボンの長さが左右で違う」
「スカートがくるくると左もしくは右にまわる」
「歩き方がぎこちなく、地面に足を突っかけることがある」

「脇腹の贅肉が片方だけよっている」


骨盤は体の中心に位置するため、骨盤がゆがむとその上の腰や背骨・首・あごなど体の上部にもゆがみが起こり、様々な不調を招きます。
健康面では、腰痛・肩こり・首こり、猫背・側弯症などの姿勢の悪さ、便秘、胃腸障害、冷えなどを引き起こします。
美容面では、お尻やももが太い、ポッコリお腹やでっ尻などの下半身太り、過食による太りやすい体質になってしまうこともあります。

「骨盤のゆがみ」の根本原因は不安定な足裏にあった!
 いまや『産後の骨盤矯正』『骨盤ダイエット』という言葉がポピュラーになるくらい、骨盤の重要性は一般に浸透してきました。
確かに、骨盤は体の中心にあり、大きな役割を果たしていますが、一時的にゆがみを正しても、体の土台となる足裏が不安定なまま歩くと、また元に戻ってしまうのです。 これは、骨盤がゆがむ根本原因が、「足裏のバランス」にあることを見ていないからです。
つまり、「外反母趾」「浮き指」「指上げ足」「扁平足」による「足裏のゆがみ」に原因があるのです。


「外反母趾」「浮き指」「扁平足」など足裏の異常があると、重心がかかとに片寄り、歩行時に地面をまっすぐ蹴って歩くことができません。
そのため、足先が外方向へ流れる「ねじれ歩行」となり、股関節の外側に出っぱている骨(大転子)が外側に引っ張られるため、それに合わされて骨盤がゆがむのです。 また、人間の右足と左足は、役割が異なります。右足は「衝撃」を吸収し、左足は「ねじれ」を吸収することで、適度な左右の遊びがあって重力とのバランスを調整しています。ところが、足裏に異常が起こると、その左右差が許容範囲を超えて大きくなるのです。
通常、左足がねじれを吸収する役割があるため、左足に外反母趾や浮き指などのゆがみが大きく出ます。そのため、左足が外方向へ流れてしまい、それに合わされ、左の股関節がゆがみ、その上の左側の骨盤もゆがんでしまうのです。 この左の骨盤のゆがみが、左右の脚の長さの違いとなって現れ、左足が短くなることが多いのです。
筋力の弱い女性は「ねじれ」の影響を多く受けやすいため、左半身にゆがみが起こると共に、左半身にこりや痛みが起こりやすいのです。

当院では、足指の動きや踏ん張りを改善させる足指反射療法や全身のバランスを整える方法として、個々の状態に合わせた無理のない骨盤矯正・バランス整体療法により不安定な歩き方により歪んだ全身の骨格バランスを整えます。また、足裏バランステーピング法や足整板(インソール)療法で足元(土台)から全身のバランスを整えます。

足元(土台)を整えることにより正しい歩行を促すことができます。
正しい歩行は、意識だけでは変えられません。なぜなら、すでに足裏に歪みがあるからです。
足裏の歪みを足裏バランステーピング法で整えることで初めて、足指を踏ん張り正しく歩けるのです。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら