あすなろBLOG

2018年5月15日 火曜日

『外反母趾』『浮き指』『指上げ足』『扁平足』が猫背を引き起こす!ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・猫背矯正・あすなろ整体院ブログ



背中が丸く、頭が前に傾いている「猫背」や、背骨が曲がったり、左右の肩の高さが違ってしまったりする「側弯ゆがみ」は、小中学生から高齢者まで広い世代で見られます。
「猫背」は姿勢の良し悪しだけでなく、腰の位置も下がってしまうので、内臓が下垂してお腹も出っ張り、ずん胴体型となってしまいます。
特に問題なことは、体のゆがみを上部となる『首』が補うため、首にもゆがみや変形などが起こってしまいます。
そのため、自律神経失調状態が起こり、肩こり・首こりと共に、頭痛、めまいや胃腸の調子が悪くなったり、便秘、冷え、うつ状態など様々な不調を起こしてしまうのです。


『外反母趾』『浮き指』『指上げ足』『扁平足』が猫背や悪い姿勢を引き起こす!
外反母趾や浮き指・扁平足があると、指がふんばれないため、重心がかかとに片寄ります。
後ろへ倒れる危険性が増すため、本能的に背中を丸めたり、首を前に落としてバランスを保とうとします。これが、猫背の原因なのです。


もう一つの悪い姿勢は、背骨がゆがむ「側弯」です。
これも、病的なもの以外は足裏に隠れた原因があったのです。
外反母趾や浮き指・扁平足などの足裏のゆがみは、左右平等に起こりません。
そのため、重心のかかと寄りにも、左右差が伴います。
この左右差を補うために、骨盤のゆがみと共に背骨にゆがみが起こるのです。
問題なことは、猫背や側弯ゆがみがあると、背骨の上に首がバランスよく乗っていないため、重い頭を支える「首」に負担がかかり、首にズレやゆがみを起こします。
更に、外反母趾や浮き指・扁平足による不安定な足裏での歩行は、かかとからの過剰な衝撃やねじれを首に繰り返し伝えてしまうため、首の変形と共に、肩こり・首こり・頭痛・めまい・胃腸障害など様々な自律神経失調状態を引き起こしてしまうのです。

猫背や悪い姿勢を整えるには、土台となる足裏のバランスを整えて、かかとに片寄った重心を正常な位置に近づけ、左右差も防ぎます。
 

当院では、足指の動きや踏ん張りを改善させる足指反射療法や全身のバランスを整える方法として、個々の状態に合わせた無理のない骨盤矯正・バランス整体療法により不安定な歩き方により歪んだ全身の骨格バランスを整えます。また、足裏バランステーピング法や足整板(インソール)療法で足元(土台)から全身のバランスを整えます。
足元(土台)を整えることにより正しい歩行を促すことができます。正しい歩行は、意識だけでは変えられません。なぜなら、すでに足裏に歪みがあるからです。
足裏の歪みを足裏バランステーピング法で整えることで初めて、足指を踏ん張り正しく歩けるのです。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら