施術について

膝の痛み・O脚・X脚ー「浮き指」「指上げ歩行」「偏平足」「骨盤のゆがみ」ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤矯正・あすなろ整体院ブログ



膝の痛みは「浮き指」「指上げ歩行」「扁平足」や「外反母趾」が原因です。

「浮き指」「指上げ歩行」= 足指が浮いていると、重心がかかとに片寄り、かかとと指の付け根だけの「二点歩行」になるため、左右差も起こり、足裏がグラグラと不安定になります。



「浮き指」「指上げ歩行」は扁平足や外反母趾、骨盤の歪みを生じ膝が捻じれて負担がかかり、痛みにつながります。

膝だけを治療しても、改善はしません。
原因となっている足指、足裏、骨盤のゆがみを改善していくことがことが重要です。


<O脚・X脚>
膝痛を引き起こす膝の湾曲には、O脚とX脚があります。

O脚は、直立したときに、両かかと・内くるぶしをくっつけても、ヒザや股関節の間が開いてしまう状態のことです。
実に、成人女性の約80%が該当しているとも言われているほど、「O脚を気にする人」「O脚にひどく思い悩む人」が急増しております。 なぜ、同じような生活環境にも関わらず、O脚になる人とそうでない人とに分かれるのでしょうか。 その答えが、人間の土台となる『足裏』にあったのです。今、「浮き指」や「外反母趾」「扁平足」など足裏に異常がある人が激増し、これに比例してO脚が増えているのです。

これに対して膝が内側に入り、膝下と太ももが外側に湾曲した状態をX脚と呼んでいます。 

両膝がOの字のように外側に湾曲したO脚。実は生まれたときは誰でもO脚だが、成長するとともにほとんどの人が改善されます。
しかし、成長してもO脚のままだったり、膝を傷めやすい生活習慣を行っていると、高齢になってから「変形膝関節症」を引き起こします。

膝の痛みに苦しむ前に、O脚は早めに改善しておきましょう。 

<実際には、O脚は4種類あり、もうひとつの足の異常として「X脚」があります>


1、「ひざ下」のO脚
 両ひざから下、ふくらはぎがつかない。
 ひざ下の外側の骨が出っ張り、すねの外側が太くなる。
2、「股関節」のO脚
 両足の股下が開き、骨盤より股関節の下の骨が出っ張り、太ももの外側が太くなる。
3、「ひざ下と股関節」のO脚
 ひざがつかない。骨盤より股関節の下の骨とひざ下の外側の骨が両方出っ張る。
 太ももとすねの外側が太くなる。
4、「XO脚」
 両ひざはつくが、股下とひざ下が開く。お尻と太ももが異常に発達して太くなる。
 ひざのお皿が内側を向き内股傾向。
5、「X脚」
 両ひざが重なるくらい良くつき、ひざ下がハの字に開く。
 靴の内側が減る。上半身太りに。

O脚・X脚も「浮き指」「指上げ歩行」「偏平足」や外反母趾、骨盤のゆがみが原因です。
「浮き指」「指上げ歩行」や「外反母趾」「扁平足」があると、指先に力が入らず、重心がかかとへ片寄り、ひざも反り過ぎてしまいます。
この状態で歩くと、足先が外方向へ流れる「ねじれ歩行」になるのです。 ねじれ歩行 この「ねじれ歩行」になるかどうかで、O脚になる人とならない人に分かれてしまうのです。つまり、O脚は土台となる足裏の異常を補った結果だったのです。
「ねじれ歩行」によるO脚は、すねの外側の筋肉や太ももの筋肉を発達させて、下半身太りの原因になります。 また、O脚があると健康面でも悪影響を及ぼします。

ひざの痛みのほかに「股関節や骨盤にゆがみ」を起こし、背骨が曲がる側弯症の原因にもなっています。
更に、首にもゆがみや変形を引き起こし、首こり・肩こり・頭痛・めまい・便秘・冷え性など自律神経失調状態の隠れた原因にもなっています。
家が傾いたら、土台から正していくという考えが自然と起こるように、人間も土台となる『足裏』からO脚を整えていくことが、根本療法につながる近道なのです。
また、生まれつき足首からかかとにかけて骨が外側に脱臼している人や、かかとの骨を骨折した人も扁平足になってしまうこともあります。 

当院では、足底テーピング療法や足整板(インソール)療法、骨盤矯正、足裏バランス整体療法により、膝の異常、O脚・X脚の改善を図ります。
お悩みの方はご相談ください。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら