あすなろBLOG

2018年6月26日 火曜日

足が1年中冷えていませんか?

東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,肩こり,腰痛,外反母趾,自律神経失調症,ダイエット,はり灸治療,産後骨盤矯正
ーあすなろ整体院ブログー

昨日25日は各地で気温が上昇し、全国10カ所で最高気温が35度以上の猛暑日を今年初めて観測したようです。
東京都心でも、まだ梅雨明け前の6月だというのに、最高気温が32度に上昇し、真夏日となりました。


こんなに、暑く気温が上昇してきていても、
足の冷えがなかなか改善されない方が意外にも多いです。

冷えている人、冷えやすい人の特徴
*デスクワークで姿勢が悪い
*カラダを締め付ける下着や靴下を履いている
*睡眠の質が良くない
*筋肉をうまく使えていない


他にも色々と身体が冷える原因はございますが、特に多いのはこんなところでしょうか。

1、デスクワークで姿勢が悪い
これは、血流の問題です。
じっとしている上に、悪い姿勢でいると当然、血流が滞ります。
肩こり、腰痛、頭痛など身体の不調を招く原因にもなります。

2、カラダを締め付ける下着や靴下を履いている
特に女性はデザインにこだわったり、スタイルが良く見える機能的な下着をつけている方は要注意です。
足の付け根の鼡径部にはリンパがたくさん集まっています。
リンパは老廃物を流す働きがあり、下着でその周辺を圧迫してしまうと下半身への血流が滞り、冷えやむくみの原因になります。

3、睡眠の質が良くない
睡眠は、自律神経に関わってきます。
自律神経には様々な働きがありますが、その中でも、体温を調節する役目があります。
睡眠の質が悪かったりストレスが多くなると、自律神経のバランスが崩れ、体温調節がしにくくなってきてしまうのです。
顔は暑いのに足は冷える・・・なんて言う状態も自律神経が影響しています。

4、筋肉をうまく使えていない
そもそも女性は男性に比べて筋肉量も少ないので、「熱を作る元の筋肉」が少ないです。
さらに、末端になると血管も細くなるため、足先・指先は血流が悪くなりやすいのです。

当院のバランス整体施術では、まず、足指の動きから検査していくのですが、足の指でジャンケン(グー、チョキ、パー)が出来ない方が多く見受けられます。
特に、足が冷えている人は足指をうまく動かせないことが多いです。

<足指じゃんけん>

特に、これからは冷房による冷えで体調を崩す方が多くなります。
普段の生活習慣や姿勢に注意して、ストレスを溜めずに、筋肉をより多く(特に足指)を多く動かすようにしてみて下さい。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら