あすなろBLOG

2018年11月12日 月曜日

スマホ・パソコンの電磁波が体に与える影響ー東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,スマホ首,猫背,肩こり,腰痛,ひざの痛み,関節痛,



皆さんは休み明けで頭がボーッとしたり、体がやけにダルイことはありませんか?

もしかしたらそれは・・・
電磁波の影響かもしれません。


<電磁波が体に与える影響>
私たちは今や、スマートホンやパソコン、テレビ、ゲーム機などのブルーライト、そして電子レンジなどからたくさんの電磁波を浴び、それを体に溜め混んでしまっています。


わたしも睡眠の質を高めるために、寝る前にはスマホやパソコンを見ないようにとか、ベッドにスマホを置かないようにしていますが、1日たりともスマホやパソコンを見ない日はありません。

当院でも、長時間のスマートホンやパソコン作業により、睡眠障害や眼精疲労、頭痛、スマホ首や猫背などの姿勢の崩れから首こり、肩こり、腰痛を訴えてこられる患者様が数多くいらしています。

「電磁波」が体内に溜まると、細胞を傷つけるなどの悪さをして、様々な病気の元凶になります。

最近電磁波について調べていると、デンマークの女子中学生が実験した あるニュースを見つけました。
Wi-Fiの電磁波が不眠症のみならず精神の不安定やめまい、吐き気、さらに不妊症をも引き起こす可能性があることは以前から指摘されてきたことについて・・・
デンマークの女子中学生が、Wi-Fiの電磁波が生物に与える悪影響についての驚くべき実験結果を発表し、専門家が注目しているとの事です。

要約すると、
・植物の種を蒔いたトレイをWi-Fiルーターがある部屋と無い部屋それぞれに設置
・水・日光・室温も同じに保ち、12日間観察
・その結果、ルーターのない部屋に置かれた種は、緑豊かで健康的に成長していた。(写真右)
しかし、ルーターのある部屋に置かれた種は干からびて、ほぼ成長していなかったばかりか、一部の種には変異が見られた。(写真左)


画像は「The Daily Dot」より引用


また、イギリスの大学の研究によると、
・携帯電話の電磁波が男性の精子に悪影響を与え、生存能力も低下することが判明。
・女性の甲状腺ホルモンに影響し、更年期を早めるとともに卵巣にダメージを与えることが指摘されています。

電磁波は体に悪いということはわかっていても、実際目に見えるものではないので、つい甘くみてしまいがちですよね。

皆さんの中にも体調不良や不眠、不妊、そしてストレスを強く感じている方がいたら、電磁波の影響も疑ってみても良いかもしれません。


<電磁波を体から抜くには? >
そんな体に溜まった電磁波を抜く方法のひとつに「アーシング」という健康療法があります。

「アーシング」とは、素足・素手で地球とつながることで(足や手が地面に直接触れることにより)、体内にたまった電磁波や静電気を大地へ放出するというものです。

昔は裸足で走り回ったり、泥だらけで遊んだりしていたのに・・・
大人になってからは、
靴や靴下を履いて、硬いコンクリートの上を歩き、家や職場はマンションやビルの中で、自然と触れ合う機会が減った方も多いのではないでしょうか?

色んなことが便利になった反面、体に悪い影響を与えるものも増えてきましたよね。

「アーシング」は海や大地の上で素足になったり、畑仕事やガーデニングなどの土いじりも効果的です。

今度の週末はぜひ、自然に触れて体内の電磁波をデトックスさせてあげましょう!



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のブログ記事

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら