あすなろBLOG

2018年12月20日 木曜日

ダイエットのお悩み「痩せたいけどお酒は飲みたい」ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・あすなろ鍼灸整骨院・ダイエットブログ


今回は「痩せたいけどお酒は飲みたい」というお悩みについて解説します!

忘年会、そしてお正月休みとお酒を飲む機会が増える方も多いと思います。


私のダイエット指導ではお酒を禁止しません。

もちろん、控えた方が結果も出やすいですが、、、楽しみがなくなると、ダイエットもツライだけです。

なので、今日はお酒と上手に付き合いながらダイエットしていくポイントをお伝えます。


<忘年会シーズンに役立つ!太りにくい食事法>
いくら飲み会が続くとは言え、なにも考えずに飲んだり食べたりを毎日繰り返せば当然太ってしまいます。

そこで、忘年会シーズンに最低限注意してほしいこと!


まずは、飲み会の前!
空腹の状態でお酒を飲むのはNG!

飲む前に、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を口にしておくと、胃に壁を作り、アルコールの吸収を抑えてくれます。


そして、飲み会のメニュー選びは、、、食物繊維を食べる!

自分でオーダー出来るのであれば枝豆、キムチ、酢の物、海藻サラダなどを注文しましょう。
これらには食物繊維が多く含まれ、最初に食べることで血糖値の上昇を抑え、脂肪になりにくくなります。


それから、飲み会の料理で多いのが、揚げ物や脂っこいもの。
揚げ物は出来れば控えたいですが、食べるとしたら出来るだけ後半に!


<ここがポイント!>
揚げ物にレモンや酢をかけると油の酸化を防いだり、脂肪になるのを防いでくれます!



お酒を飲む時の注意点として「必ず同量以上の水を飲む」

アルコールには利尿作用があるので、体が脱水状態を起こしやすくなります。

特にビールは利尿作用が高いため、飲んだビールの量以上の水分が尿として排出されてしまいます。


◇水を飲むことの効果
・脱水症状を防ぐ
・アルコールを分解する肝臓の負担を軽減 する
・二日酔いを防ぐ

お水はできるだけ常温で、または白湯もオススメです!


◆ お酒が太りやすい理由
お酒は飲む量が多くなると、その分、体内ではアルコールの分解にエネルギーを使い、食べ物の消化が後回しになります。
そのため、カロリーが高いおつまみを食べれば、脂肪や糖質の代謝が鈍くなり、内臓脂肪として蓄積されやすく なります。


自分でメニューを選べる時は以上のことを頭においてなるべく油っこくないおつまみをチョイスできるといいですね!


そして、、、よく噛んで食べることで消化を助け、内臓の負担も減り脂肪にもなりにくくなります。


以上のことを参考にしていただき、忘年会、新年会を楽しんでくださいね!
 



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら