あすなろBLOG

2018年12月10日 月曜日

「痴呆」は20年前から始まっている!


今回のテーマは「痴呆」
テレビでも現在「認知症」や「アルツハイマー」をテーマにしたドラマが放映されています。

「私はまだ大丈夫、私だけは大丈夫」と思った方も多いのではないでしょうか?
しかし、油断はできません。
ご家族に認知症の方がいらっしゃる方もいると思います。

認知症は高齢になってからなるものというイメージが強いですが、、、
実は、発症する20年前から脳の変化が起こり、じわじわと症状が進んでいるんです!


ということは、40代、50代から認知症予備軍である可能性もあるということです。

<認知が発症してからでは遅い!>
認知症は生活習慣病と関連性が高く、再来年の2020年には、20人に1人が認知症になると予想されています。

生活習慣病とは・・・
不規則な生活や食べすぎ、運動不足などの生活習慣が原因で起こる病気の総称で、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満などが当てはまります。

生活習慣病を防ぐことは認知症の発症を防ぐことにもなります。

認知症は40代、50代からじわじわと症状が進んでいます。

中には、20代、30代から若年性アルツハイマー病を発症するケースもありますよね。

ここで、認知症の前段階である、軽度認知障害「MCI」の早期発見チェックリストをご覧ください↓


複数当てはまる方は物忘れ外来の受診をおすすめします。

「MCI」段階では認知症に発展しないケースもあり、予防ができます。

認知症を始め、病気になる要因は
・偏った食生活
・不規則な生活
・運動不足
・喫煙
・ストレス
・肥満
・過度なアルコール摂取
などが危険因子となります。



これらはダイエットのためにも気をつけたい項目です。
・バランスの良い食生活
・適度な運動
・質の良い睡眠


これがいいことは分かってはいるけどいまは特に困ってないし、、、
という方は多いですよね。


<具体的な予防法は? >
まずは、上記の危険因子を改善していくことが重要です。
あとは、食事でひとついえば「ビタミン、ミネラルの摂取」

これはダイエットの食事法でもアドバイスしていますが・・・
糖質やタンパク質をエネルギーに変えるためにもビタミンが必要です。
これは認知症を抑制するにも必要なんですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━

認知症は家族や周りの人を巻き込んでしまう症状です。
なってしまえば自分は困らないけど、、、

愛する人や家族に迷惑かけたくないって考える方は多いと思います。

病院では、物忘れが多いなどの認知症の前段階では薬を出しません。
認知症と診断されると薬の処方もされますが、、、
根本的予防・治療効果はなく病気の進行は避けられないそうです。

ということは早期発見・予防・治療が重要になってきます。

物忘れをしても、ほとんどの方が「年齢のせい」とあまり気にしていません。
しかし、いまから予防をはじめることで、認知症の進行を遅らせることができます。
認知症を含め、病気予防は早すぎるということはありません。



ダイエットや体質改善をしたいけどなにからはじめればいいか分からないという方は、当院までご相談ください。<ダイエットプログラムカウンセリングは初回無料で行っております>


このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

24時間ネット予約

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら