あすなろBLOG

2019年5月27日 月曜日

5月に記録的な酷暑「熱中症対策」

東京,江戸川区,瑞江,篠崎,あすなろ整体院健康情報

各地で5月としては異例の暑さとなっています。
暑さに身体がまだ馴染んでいない時期ですので、気分が悪くなる前に水分補給を行い、外で作業中の方は、日陰で休憩をとるなど、熱中症に十分注意していただきたいと思います。

昨日は東京都心で気温が30.3度を観測し、3日連続の真夏日になりました。5月としては史上初のことのようです。
北海道佐呂間町では39・5度を観測し、5月の全国の最高気温を更新したようです。
午後5時時点で猛暑日となったのは全国53地点、真夏日(気温30度以上)となったのは566地点に達し、熱中症とみられる方々が続出し死者も出ているようです。

運動会シーズンの5~6月は、屋外で練習をする機会も増え、真夏ほど気温が高くならない日でも、体調を崩すことも少なくありません。
まだ、暑さに慣れていない時季に急激に気温が上昇すると、体は気温上昇についていけず、熱中症を発症しやすくなります。

熱中症が疑われるときの対処法として、こまめな水分補給が挙げられます。
水分補給は大切なことですが、かえって症状を悪化させることもあるので注意が必要です。


水分補給が熱中症の悪化につながることも?!
水分補給はしていたはずなのに熱中症になったり、水分補給が逆に症状を悪化させたりすることもある・・・?


高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分だけの補給を行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。

つまり、水分だけを補給することがかえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりすることもあるのです。

<熱中症時の水分と塩分の補給の仕方>
熱中症時の水分と塩分の補給の仕方熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。

そこで、熱中症対策で注目されているのが「経口補水液OS-1」
皆さんは飲んだことありますか?

私もOS-1をコンビニで買おうと思っていたら・・・
コンビニには売ってない!

経口補水液はコンビニやスーパーでは売っていないそうです!

知ってました??

経口補水液は「病者用食品」の分類になり
OS-1の場合、
病院内の売店、調剤薬局、ドラッグストアなど、薬剤師や登録販売者など専門家がいるところでないと販売されていないそうです。


<経口補水液は自分で作れる!>

ネットで調べましたら・・・経口補水液は自分で作ることが出来ます!

材料は、
・水1リットル
・塩3グラム
・砂糖40グラム

この分量は、小腸で水分と電解質を効率よく吸収させるための大事な糖分とナトリウム(塩分)のバランスだということです。

熱中症や下痢などの脱水症を起こしている時に有効なので、自宅で熱中症になった時や買いに行けない時のために経口補水液の作り方をメモしておくとよいですね。

しかし、材料を見てわかる通り、塩、砂糖も沢山入っています。
経口補水液は熱中症や下痢の時にはとても有効ですが、日常的に飲む必要はありません!

また、アクエリアスやポカリスエットなど「アイソトニック飲料」と呼ばれる飲料は比較的高カロリーでアミノ酸なども多く含まれている商品が多いので、スポーツや力仕事をする方におすすめです。

※糖質は経口補水液よりも多いので、日常的な水分補給にはオススメしません。


ちなみに、大量に汗をかいた時はミネラル分も汗と共に失われています。

その状態でお水をがぶ飲みすると、血液中の塩分濃度が一気に下がり 熱中症の悪化にもつながります。
決してがぶ飲みはせず、こまめに飲みましょう。


まだ暑い日が数日続くようですので、熱中症予防をしっかり行いましょう!
 



このエントリをBuzzurlにブックマーク

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら