あすなろBLOG

2018年8月 7日 火曜日

暑い夏ほど太りやすい!?ダイエットブログー東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,整体,はり灸治療,産後骨盤矯正ーあすなろ鍼灸整骨院



台風13号は明日8日から明後日にかけて、暴風域を伴ったまま関東甲信地方に直撃し、大荒れの恐れがあることに加え、関東付近で転向(カーブ)して、動きがやや遅くなるので、土砂降りの雨が一日半程度続く恐れがあることです。

猛暑日が続いたり、過去にない逆走台風が来たり・・・この夏は本当に過ごしにくいですね!

まだ、8月初旬なのに・・・すでに夏バテ気味・・・
という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

夏は汗をいっぱいかくし、暑いから代謝も上がって痩せやすい!
と思っている人も多いと思います。

しかし、実際はその反対で気温が高い日が続くので、 カラダは頑張って代謝を上げなくても体温調整ができてしまうため、「基礎代謝」は低下します。

また、暑い日は特に汗をたくさんかきます。

汗をかくと、「カロリーを消費している」と思いがちですが・・・
暑さで出る汗は体温調節のためです。

実は・・・汗を出し、体温調節しているだけで、残念ながらほとんどカロリーを消費していないんです!




◆夏バテ・夏太りチェック
ある会社のアンケートでは、夏に痩せる人よりも太る人の方が多いという結果が出ているようです。

ここで、チェックをしてみましょう。
↓ ↓ ↓
□ 冷房の効いている場所にいる時間が長い
□ 運動不足、運動時間が減った
□ お茶やコーヒーをよく飲む
□ 睡眠時間の減少、睡眠の質の低下
□ お酒を飲む機会、量が増えている
□ アイスや冷たいデザートをよく食べる
□ 冷たい麺類など炭水化物をよく食べる

いかがでしたか?
チェックが多いほど、 「夏バテ・夏太りしやすい傾向」にあります。



ここからは上記のチェック項目に基づいて夏バテ・夏太りを防ぐコツを紹介します。

(1)
□ 冷房の効いている場所にいる時間が長い
□ 運動不足・運動時間の減少


デスクワークの人や自宅でも冷房の効いた部屋にいる時間が長い人や運動の機会が減っている人は、 汗をかく量が少なく、自律神経の働きが弱くなり代謝の調節が上手く出来ません。

すると身体は、出来るだけエネルギーを使わないように「省エネモード」になり、 代謝を落として脂肪を蓄えようとしてしまいます。

普段汗をあまりかかない人はウォーキングやエクササイズをしたり夏でも湯舟に浸かり汗をしっかり出して代謝機能を整えることが大切です。


(2)
□お茶やコーヒーをよく飲む


水分補給は大切ですが、お茶やコーヒーにはカフェインによる利尿作用があり、体内の水分を余計に排出してしまいます。

すると、体内は水分が足りない状態になり、血流を悪くして、脂肪や老廃物を溜め込みやすくしてしまいます。(反対に水は血流を良くして脂肪や老廃物を排出します)

そのため、水分補給には水が最も適しています。


(3)
□ 睡眠時間の減少、睡眠の質の低下


夏は暑さで睡眠の質が下がってしまいがちです。

寝始めて最初の90分から2時間くらいが一番眠りが深くなると言われています。

この時間に深く眠れるように、エアコンや扇風機を上手に使い、室内の環境を快適に保ちましょう。

寝る時は風が直接体に当たらないようにすれば(風は天井に向けるのがおすすめ)冷房によるだるさは防げます。


(4)
□ お酒を飲む機会、量が増えている
□ アイスや冷たいデザートをよく食べる
□ 冷たい麺類など炭水化物をよく食べる


暑くなるとお酒を飲む機会が増えたり、アイスや冷たい麺類などを食べることが増えがちです。

これらは体を冷やす作用もありますが注意してほしいのは「糖質」です。

ビールやワイン、アイス、麺類などの炭水化物には全て糖質が含まれています。

これらをよく口にしている人は糖質過多の傾向があります。

糖質は体内で分解できない分は脂肪として蓄えられます。

暑い夏は自然と糖質の摂取が多くなりがちなので、気をつけていきたいです。



◆砂糖は危険な調味料
一見、健康に良さそうな野菜ジュースやお菓子、ドレッシング類、加工食品など
裏面の成分表示を見てみると「砂糖」が使われていることが多いです。

とくに、精製された白砂糖は甘みを感じるだけで栄養はありません。 

ミネラルが含まれている砂糖もありますが、白砂糖は逆で、体内に吸収する時に 大量のミネラルを消費してしまいます。


「糖化」って聞いたことがありますか?
糖化とは・・・
食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象です。


この「糖化」は、血管に溜まれば動脈硬化の原因に、肌に蓄積されればシワやたるみに、髪に溜まると髪のハリやツヤがなくなり、骨に溜まれば骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

白砂糖は「ガン細胞のエサになる」と言われています。
糖化して血管が詰まれば血流が悪くなりカラダは酸欠状態になります。

すると体は冷えて低体温に。
ガンは低体温が大好きです。(35度台が一番ガン発生率が高い)
全てがつながって悪循環になります。

お米の炭水化物は糖質と食物繊維で出来ています。
ご飯を食べることは必要ですが、健康のためには食べ方を変えると、さらに良いと感じています。

そのひとつが「ベジタブルファースト」
食事の最初に野菜から食べることで、野菜の食物繊維が糖質の吸収スピードを抑えてくれます。

これは、カラダリセット!
ダイエット方法でも実践して頂いている内容で、血糖値の上昇を防ぎ、太りにくくなる食べ方でもあります。

また、早食いも内臓に負担をかけ、健康にも影響が出たり、余計に疲れやすい身体になってしまいます。

食べ方や食べ物の質をぜひ見直していきましょう。

夏バテ・夏太りを防ぐコツをお伝えしましたが、夏バテして体調不良になってしまう方もこれらに気を付けて、暑い夏を元気に楽しく乗りきりましょう!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年7月24日 火曜日

猛暑が続き夏バテ心配ー東京・江戸川区・一之江・瑞江・篠崎・整体院・骨盤矯正・あすなろブログ



猛暑が続く日本列島。
まだ7月が終わっていないのに、早くも夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。


昨日23日は東京に近い埼玉県熊谷市では最高気温が摂氏41.1度という観測史上最高気温が記録され、気象庁では、健康管理に十分注意するよう勧告を出されました。
この日の日本列島は10都市以上で最高気温が40度に達しました。
気象庁は、空調の効いた空間に留まり、水分を補給し、猛暑で疲労しないよう休憩を取るなどといった対策を国民に推奨しています。

疲れた時こそ栄養補給!と思いがちですが、疲れた時は胃腸も疲れています。

こういう時は消化のよい食べ物を選んで、心身ともに休息を取るのがベストです。
ストレスや疲労は胃の働きを悪くしてしまいます。

こんな状態でこってり、ガッツリとした食事をとってしまうと、食べ物を分解するのにもエネルギーを必要とするため、余計に胃の負担になってしまいます。
特に夜は活動量も減るので、消化に負担がかかるものや、遅い時間に食べることは気をつけていきましょう!

<疲れたときに控えた方がよい食べ物>
・塩辛い食べ物
夏場は汗をたくさんかくため、多少の塩分は必要ですが、疲れている時は薄めの味付けを心がけましょう。

・食物繊維の多い食べ物
体調の良い時には積極的に摂りたい食物繊維ですが、疲れている時はしっかり噛むものよりも温かいもの、飲み込みやすいものを食べると胃腸の負担も減ります。
疲れている時に食物繊維を食べる時は、細かく切ったり、柔らかく煮るなど、工夫して食べましょう。

・脂肪分の多い食べ物
脂肪分の多い食べ物は、胃酸の分泌を低下させる働きがあります。
また、胃の中に留まっている時間も長いため、胃の負担が大きくなります。
例えば焼肉は、疲労度高い時よりも体力が少し回復してからがオススメです。
強い疲れを感じる時は、消化のよい食べ物を選びましょう。

・刺激の強い香辛料
香辛料は胃を刺激して胃酸の分泌を促します。
胃酸は消化のために重要な働きをしていますが、多すぎると胃粘膜を刺激しまい、胃炎や胃潰瘍の原因になることもあります。

・柑橘類・酸味の強い食べ物
酸味も胃酸の分泌を促進します。
香辛料と同様、疲れているときは控えたい食品です。
夏みかん、レモンのような酸味の強い柑橘類、酢のもの、梅干などは食べすぎに注意しましょう。

ただし、同じ体調不良でも、風邪気味の時はこれらに含まれるクエン酸が役立ちます。
疲れているのか、風邪気味なのか、判断は難しいところですが、上手に判断できると回復が早いです。

・熱すぎる食べ物・冷たすぎる食べ物
極端に熱すぎたり、冷たすぎるものはそれだけで刺激になってしまいます。
疲れている時はなるべく適温にしてから食べるようにしましょう。

<疲れたときに控えた方がよい飲み物>
・コーヒー・紅茶・抹茶・栄養ドリンク等
コーヒーや栄養ドリンクに多く含まれるカフェインは胃酸の分泌を促進します。
そのため、飲むなら食後がおすすめです。
しかし、胃が弱っている時は胃酸の分泌は必要最小限に抑えたいので、少し控えましょう。

・アルコール
胃酸の分泌を増やし、胃の粘膜を荒らします。
さらに、睡眠の質も低下してしまうため、翌朝まで疲れを持ち越してしまうことにもなります。
体調の良い時に楽しむようにしましょう。

・炭酸飲料
胃酸の分泌を促進すると同時に、炭酸ガスが胃を膨らませるため潰瘍等を起こしやすくなります。
疲れた時は控えるようにしましょう。

繰り返しになりますが、疲れた時のアルコールは疲労回復に逆効果なので避けた方がよいですが、他の食べ物・飲み物は、薬と違って少量で大きな悪影響が出るということはありません。

あくまでも適量を、体調を考えながら食べることが大切です。
基本的に、疲れている=胃腸も疲れている
と考え、基本的には胃腸を休ませてあげることを優先してください。

そして、すばやく疲労回復したい時は、なるべく消化のよい食べ物を選んで食べ、早めに休息をとることをお勧めします!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年7月17日 火曜日

熱中症対策の水分補給ーあすなろ整体院ブログー東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,肩こり,腰痛,外反母趾,自律神経失調症,ダイエット,はり灸治療,産後骨盤矯正



14日からの3連休は朝から気温の高い状態が続き、全国927観測点のうち646地点が30℃以上真夏日になり、うち186地点が35℃以上猛暑日となったようです。
共同通信の集計では、この3連休で熱中症とみられる症状で救急搬送されたのは計5616人、搬送当日に亡くなったのは14人でした。
厳しい暑さは今後も続く見通しで、気象庁は熱中症への注意を呼び掛けています。

熱中症が疑われるときの対処法として、こまめな水分補給が挙げられます。
水分補給は大切なことですが、かえって症状を悪化させることもあるので注意が必要です。


水分補給が熱中症の悪化につながることも?!
水分補給はしていたはずなのに熱中症になったり、水分補給が逆に症状を悪化させたりすることもある・・・?


高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分だけの補給を行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。

つまり、水分だけを補給することがかえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりすることもあるのです。

<熱中症時の水分と塩分の補給の仕方>
熱中症時の水分と塩分の補給の仕方熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。

そこで、熱中症対策で注目されているのが「経口補水液OS-1」
皆さんは飲んだことありますか?

私もOS-1をコンビニで買おうと思っていたら・・・
コンビニには売ってない!

経口補水液はコンビニやスーパーでは売っていないそうです!

知ってました??

経口補水液は「病者用食品」の分類になり
OS-1の場合、
病院内の売店、調剤薬局、ドラッグストアなど、薬剤師や登録販売者など専門家がいるところでないと販売されていないそうです。


<経口補水液は自分で作れる!>

ネットで調べましたら・・・経口補水液は自分で作ることが出来ます!

材料は、
・水1リットル
・塩3グラム
・砂糖40グラム

この分量は、小腸で水分と電解質を効率よく吸収させるための大事な糖分とナトリウム(塩分)のバランスだということです。

熱中症や下痢などの脱水症を起こしている時に有効なので、自宅で熱中症になった時や買いに行けない時のために経口補水液の作り方をメモしておくとよいですね。

しかし、材料を見てわかる通り、塩、砂糖も沢山入っています。
経口補水液は熱中症や下痢の時にはとても有効ですが、日常的に飲む必要はありません!

また、アクエリアスやポカリスエットなど「アイソトニック飲料」と呼ばれる飲料は比較的高カロリーでアミノ酸なども多く含まれている商品が多いので、スポーツや力仕事をする方におすすめです。

※糖質は経口補水液よりも多いので、日常的な水分補給にはオススメしません。


ちなみに、大量に汗をかいた時はミネラル分も汗と共に失われています。

その状態でお水をがぶ飲みすると、血液中の塩分濃度が一気に下がり 熱中症の悪化にもつながります。
決してがぶ飲みはせず、こまめに飲みましょう。


まだまだ暑い日が続きますが熱中症予防、しっかり行いましょう!
 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年7月13日 金曜日

「これでは腰痛は治らない」五輪ドクターが整形外科医に喝!!<週刊朝日>記事紹介


シドニー、アテネオリンピックなど4回の夏季五輪に水泳競技チームなどのスポーツドクターとして帯同、水泳大国ニッポンの躍進を支えた整形外科医で、早稲田大学スポーツ科学学術院教授で日本水泳連盟医事委員長の金岡恒治氏の記事を紹介します。
 ↓
こちら→「これでは腰痛は治らない」<週刊朝日>記事紹介

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年7月10日 火曜日

良い汗をかいていますか? ーあすなろ整体院ブログー東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,肩こり,腰痛,外反母趾,足指バランス整体,ダイエット,はり灸治療,産後骨盤矯正



西日本を襲った記録的豪雨では、甚大な被害が相次いでいます。
悲しいニュースが相次いでおりますが、被害にあった方々のご冥福を祈ると共に、1日でも早く復旧されることを心からお祈り申し上げます。


********

今回は「汗」についてです。

暑い日が続き、早くもバテ気味な方も多いのではないでしょうか?
暑さに慣れるまでに、身体の自律神経機能である体温調節がうまく働かず、体調を崩す時期でもあります。

しっかりと汗をかくことも、体温調節には非常に大切なことです。



汗にも良い汗と悪い汗があります。


例えば、スポーツなどでスッキリかく汗は良い汗・・・
不安や緊張、ストレスでじっとり出てくる汗は悪い汗・・・
みたいなイメージがあるかと思います。


良い汗は、水に近く無臭でさらっとしていてすぐに乾きます。
そのため効率よく体温調節もできます。

逆に悪い汗は、ベタベタしていたり、アンモニアや乳酸が含まれていて、臭いもあります。
時間が経つと雑菌によって、更に臭い物質が発生します。

さらに、体内からミネラルが多く出ていくので、慢性疲労や熱中症の原因にもなります。



制汗剤を多用していたり、エアコンが効いた部屋に長時間いて、汗をかかない生活をしていませんか?

このような生活をしていると、汗腺は退化して濃度の高い悪い汗になり、ますますニオイがキツくなります。


汗が出ないと自律神経のバランスが崩れ、免疫力低下や慢性疲労の原因にもなります。

また、汗腺の機能が低下すると体内に熱がこもり、体温調節が出来ないので室内でも熱中症のリスクが高まります。


<汗腺を鍛えて汗をよくかける体になりましょう!>

汗腺は筋トレと同じで鍛えることができます。

・ウォーキングや体操などの軽度の運動
・入浴(足浴)
暑くてシャワーで済ませがちな人は足浴だけでも10~15分程度やるとしっかり汗が出て体温調節機能が整いますよ。

冷えやむくみがある方も足浴はオススメです!

最後は水シャワーを浴びるとお風呂上がりに汗が吹き出るのを防げます。


このように、運動や入浴で積極的に汗をだすことで、汗腺を鍛えて無臭の良い汗をかけるカラダになりましょう!

しっかり汗をかくと、新陳代謝も活発になり、自律神経も整います。

また、入浴後にエアコンや扇風機で体を冷やすのは禁物です。

汗腺を鍛えるには急激に冷やさず、うちわなどでゆっくり自然に汗をひかせましょう。

これからの時期、汗をかく機会も増えてニオイも気になりますよね。

ベタベタした悪い汗を抑えて悪循環にならないように、汗腺を鍛えてさらさら無臭の健康的な汗をかきましょう!


ちなみに、汗はハンカチよりも濡れタオルで拭き取るとニオイや雑菌の増殖を防げますよ。


◆ラジオ体操のすすめ◆
ラジオ体操は、全身の筋肉をバランス良く使うので、運動不足解消にもダイエットにも効果的です。

血流促進効果もあるので、肩こりや腰痛にもオススメですよ。

ボディラインを整えたい方はダイナミックに動く第2体操がオススメです!

【ラジオ体操の効果】
・基礎代謝アップ
・便秘解消
・姿勢改善
・むくみ解消
・冷え性改善
・自律神経を整える
・肩こり、腰痛の緩和

暑くて外で運動する機会が減った方は、家の中でいつでも出来るラジオ体操に取り組んでみましょう!
 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら