あすなろBLOG

2017年6月22日 木曜日

はり灸治療・・・なぜ効くの? 江戸川区瑞江・篠崎・鍼灸あすなろブログ・


はり灸治療の適応は筋肉や関節の痛み、肩こり、腰痛、頭痛、手足のしびれ(神経痛)、不眠、自律神経失調症、その他様々な症状がありますが、病院に行っても解決せず、はり灸治療を試みる方も多いと思います。

だけど・・・まだ鍼治療を体験されたことのない人は、体に鍼を刺すってなんだか怖いですよね・・・?


東洋医学の治療法のひとつである鍼灸の治療法は、日本だけでなく、欧米など世界中で注目を集めています。
そしてその効果について、公的機関が研究を進めており、1997年にはアメリカの国立衛生研究所(NIH)が鍼灸の効果と科学的根拠を認める声明を発表しました。また2002年には世界保健機関(WHO)で、さまざまな疾患や症状に対する有効性を認めています。

そこで、はり治療にはどのような効果があるのか?について記載していきたいと思います。

はり治療は名前の通り、針を患部やツボに刺して治療する針治療。髪の毛ほどの極めて細い針(直径0.12mm~0.44mm、長さ30mm~80mm程度)を使用します。

<はり治療による作用>
1、針を刺した部位にできる極小さな傷を修復しようとするために血流が増加する。

2、針の刺激によって痛みを抑えるモルヒネのような役割をもったホルモンが分泌され、また痛みを脳に伝える神経をブロックする働きがあるため、痛みを緩和する。

3、刺激を与える体のツボによって、リラックス効果のあるセロトニンなどのホルモンも分泌されるため、自律神経のバランスが整い、交感神経と副交感神経の働きがスムーズに行なわれ、ストレス性の症状に効果があります。さらに自律神経は、胃腸などの内臓や血圧もコントロールしているので、自律神経のバランスが整うことによって、内臓機能のバランス回復に役立ちます。

4、針を刺入すると、血液やリンパの流れが良くなるので、固くなっていた筋肉の緊張がほぐれて柔らかくなり、コリやハリが緩和される。

5、あまり知られていませんが、はり治療は美肌にも効果があります。針で傷つけられた細胞は修復しようと増殖します。それが細胞の活性化に繋がり、コラーゲン繊維を強くします。そのため肌の弾力が高まり、シワやたるみの予防に繋がるのです。また、血流が促進されくすみを改善、筋肉の刺激によるリフトアップ効果など、さまざまな美肌効果が期待できます。

<例えば>
肩こりの場合、

パソコンやスマホ画面の見すぎで交感神経が興奮して、筋肉の緊張が強くなる。
長い時間、同じ姿勢を取っていたために血流が悪くなる。
血流が悪くなると、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質を回収できない。
肩の筋肉が硬くなって痛む。
ここにはり治療をすることで、血流がよくなり、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質が血流によって回収される。
交感神経の興奮が抑えられて、筋肉の緊張を起こりにくくする。
となります。その仕組みはかなり複雑なものですが、はり治療をきっかけにして、人間がもともと持っている「治す力」が働いて、本来あるべき姿に戻ろうとします。

また、胃腸の不調の場合、
胃や腸の活動が低下して、消化や排出の能力が落ちている。
胃や腸の活動が上がりすぎて、胃酸が出過ぎ、胃腸を守る粘液が減って胃腸の壁が壊される。
はり治療のツボの作用によって、活動が上がりすぎた交感神経を適度に鎮めたり、活動が低下した副交感神経を適度に上げることができます。
はり治療というと肩こり・腰痛などに効くイメージを持たれている方が多いと思いますが、実は内臓の不調をよくするのも、はり治療の得意とするところです。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年6月15日 木曜日

靴選びで腰痛・・・?ー東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,下半身太り,指上げ足,浮き指,外反母趾,産後骨盤矯正―あすなろ整体院



できれば・・・おしゃれな靴を履きたい...
流行りのデザイン重視で選びたい...
足が痛ければ幅広い靴を選ぶ...
靴が合わないと足・指が変形して、歩き方も悪くなる。
歩き方が悪くなれば、腰にも影響する。
「靴=歩行は腰痛と密接に関わっています」

<靴と腰痛との関係 >
慢性腰痛やぎっくり腰を繰り返す人は、正しい靴選びができていない方が多いです。
特に腰を痛めるような動作をした覚えもないのに腰痛を引き起こしたり、くしゃみや咳をしただけで、ぎっくり腰のような症状になってしまう・・・?
どうして腰痛をくり返すのでしょうか?
二本足で歩く人間の宿命でしょうか?

ある調査報告では・・・靴を履くことがないマサイ族の人々は、腰痛を経験することがない!
...なぜでしょうか?

マサイ族はしっかり3点(かかと、足裏指の付け根、足指)で歩行しています。
しかし、日本人は指上げ足、外反母趾、内反小趾が多く3点歩行できない方が非常に多いです。

答えは構造上正しい靴選びをしていない、正しい靴選び知識がないのが原因です。
・・・つまり悪い靴を履いていると足の変形につながります。
さらに、足の変形が歩き方を悪くして、膝・腰・首に負担をかけるのです。
まさに負のトライアングルです。

毎日履く靴の正しく選ぶ知識や方法が大切です。

<靴選びのポイント>
1、まず、ご自分の足の形状を把握しましょう!
足の形状や指の長さなど、つま先のシルエットによって足の形は類型化されます。
以下の画像で説明すると、左から順に、
① 親指から人指し指、中指までほぼ同じ長さの「スクエア型」(ポリネシア型)
② 人指し指が一番長い「ギリシャ型」
③ 親指が一番長い「エジプト型」
日本人の足の形の割合はエジプト型が最も多いといわれています。
           ①         ②          ③


2、次に、自分に足裏の形を確認しましょう。
自分の足裏の形と靴底の形が近い形の靴を選びましょう。
 


3、捨て寸を確認
靴のつま先の余白ことを専門用語で捨て寸と言います。
ポイントは靴内で指が押されて曲がってないかです。
この捨て寸を1~1.5cm確保することが理想とされています。

4、足囲を確認
足で最も横幅が広い部分、基本的に親指の付け根の骨が出っ張ったところと、小指の骨が出っ張ったところを通って一周ぐるりと測った寸法が足囲です。
(足囲の図り方)
①両足に平均に体重をかけて立ちます
②親指の付け根と小指の付け根を通ってグルッと一周メジャーで測ります
③自分のサイズの欄を見て、幅の目安(D・E・2E・3E等)をつけます。
※左右で足囲の違う人がいるので、両足測ってください。

5、女性
①ヒールの安定性:広いほうがいい
ヒールは歩行の際、最初に体重が乗ってくる場所です。
踵が安定しないと左右の足が揺れるので、踵の変形につながり、外反母趾・内反小趾になりやすい。また、O脚にもなりやすい。
外反母趾・内反小趾になると足裏で衝撃を吸収できないので、膝・腰・首に負担がかかります。
※踵は歩く際に最初につく場所です。踵がすり減ったらすぐに直して下さい。

②ヒールの高さ
ヒールの高さは3~4cm程度
ヒールが高いほど指の付け根や指先に体重がかかるので、開張足になりやすい。
さらに、重心が指先側にかかるので、代償動作として反り腰になり腰に負担がかかる。

6、男女共通
①ヒールカウンター(踵の部分)
かたくなっているのを選ぶ(スニーカー、パンプスすべて)
ヒールがかたくなっていることで、踵が安定する。
踵が安定しないと外側に体重が乗り、代償として身体を過剰に捻じり、膝・腰・首に負担がかかる。
※サンダルやミュール等の踵がない物は履かない。

②シャンク(土ふまずの真中内側の部分)
かたくて指でおしても曲がらない靴を選ぶ。
体重が乗った時、内側に踵が倒れやすい靴は外反母趾・内反小趾になりやすい。

③かえし(つま先の根元の曲がる部分)
つま先を下から押したら曲がること。
つま先立ちをしてかえしの部分と母趾球と小趾球が一致します。
つま先のそりの部分がやわらかくないと指を使わないで歩くので指の力が弱くなり、指上げ足になる。指上げ足になると2点歩行となり足裏が不安定・外反母趾・内反小趾になります。
また、身体の歪みを引き起こし、身体の中心である腰に負担がかかり腰痛を引き起こします。

7、高齢者
高齢者は猫背になりやすいので、重心が踵側に乗ります。
つまり足の指を正しく使えないことが多い。
足の指が弱くなり、つま先が上がりにくくなる為、転倒しやすくなります。

① 踵のかたい靴を選ぶ

② 足の甲がしっかりと止められる靴を選ぶ(紐靴が理想ですが、マジックテープでもいいです)

③ つま先のかえしが反っている靴の方がつまずきにくい。

8、子ども
子供はまだ足裏のアーチが完成していない為、無理に歩かせない。
激しいスポーツは避ける。
① 捨て寸のとれる靴を選ぶ。つま先の部分(約1~1.5cm程度)

② マジックテープや紐靴で足甲をきちんと締められる靴を選ぶ。

③ ヒールカウンターが高くてしっかりしている靴を選ぶ。

④ かえしがやわらかい靴を選ぶ。

⑤ ベストは裸足です。指を強くするため、家の中では裸足が望ましい。

9、足囲を確認
足で最も横幅が広い部分、基本的に親指の付け根の骨が出っ張ったところと、小指の骨が出っ張ったところを通って一周ぐるりと測った寸法が足囲です。

(足囲の図り方)
①両足に平均に体重をかけて立ちます
②親指の付け根と小指の付け根を通ってグルッと一周メジャーで測ります
③自分のサイズの欄を見て、幅の目安(D・E・2E・3E等)をつけます。
※左右で足囲の違う人がいるので、両足測ってください。


<まとめ>
① 靴選びの間違えから足が変形し歩き方を悪くして、膝・腰・首に負担をかけます。

② 自分の足の形に合った、構造上で正しい靴を選びましょう!

③ おしゃれな靴を履きたい場合には2時間以内にしましょう。

④ 捨て寸だけでなく、足囲も測定し緩すぎず、きつ過ぎない靴を選びましょう。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年6月 8日 木曜日

施術後の好転反応について  江戸川区瑞江・篠崎・整体・はり治療ブログ


「好転反応」という言葉を聞いた事はありますでしょうか?
東洋医学の漢方薬やあん摩、鍼灸では瞑眩反応、還元反応と呼ばれていて、治療過程においてしばしば起きる反応です。
東洋医学同様に身体を物理的に刺激するカイロプラクティックや整体施術でも、「調整反応」と呼ばれていてしばしば出現する現象です。

針灸や整体施術後は血流や神経の働きが急激に変化したり、痛みや不調のある異常なバランス状態から正常なバランスへ、治りにくい慢性的な疾患から身体を還元する変化が起こります。この身体が変化しようとする反応のことを「好転反応」「還元反応」といい下記の様々な症状が出ることがございます。
<好転反応の主な症状>
・だるい ・眠い ・倦怠感 ・のぼせ
・便秘 ・下痢 ・発汗 ・痛み ・しびれなど



痛みや不調の期間が長く、回復力が低下している方ほど、好転反応を強く感じる傾向にあります。
また、好転反応が起こっていても感じない方も多く、反応が出ないからと心配する必要はありません。
痛みは軽くなったのに、今までにない突然の変化に驚かれ、不安に感じることもあるかもしれませんが、これは身体が改善していくためのステップであり、回復に向けて動き出した証拠でもあります。回復にはリラックスして休息をとることが必要不可欠なので、好転反応が出ている間は無理をせず身体を休めてください。
「好転反応」は人によって千差万別ですが、何度か繰り返します。数回施術を受けていただき身体が改善してきますと、この好転反応は感じなくなります。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年6月 7日 水曜日

梅雨になると体調不良に陥る?  江戸川区瑞江・篠崎・腰痛・頭痛改善ブログ


先週の水曜日に年1回の健康診断(人間ドック)を受けてきました。
仕事上、普段から健康や生活習慣、運動習慣は人一倍気をつけていますが、診断結果は非常に気になります。
私も普段の診療中は非常に元気に振る舞っていますが、梅雨時は体のだるさや持病の腰痛、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛が悪化してきます。

本日、関東地方が梅雨入りの発表がありました。

梅雨になると、なんとなく気分が優れなかったり、調子の悪くなる方が増えてきます。
だたでさえジメジメしてうっとおしいのに頭痛がしたり・・・体調までスッキリしないと憂うつになってしまいがち・・・

梅雨時には、気象や時期的な要素が複雑に絡み合って心身にさまざまな影響が出てきます。
梅雨前線の付近には低気圧が発生しやすく、その影響で雨の日が増えます。
私達の体は気圧によって自律神経のバランスが変化しており、高気圧の時には交感神経のほうが優位に、低気圧の時には副交感神経のほうが優位にはたらくようにできているようです。

交感神経=活発モード、副交感神経=リラックスモードといった感じで、自律神経は2つの異なるモードをうまく切り替えながら体の調子を保とうとはたらいているのですが、どちらかが優位に働き過ぎてしまうと体調が乱れやすくなってしまいます。
高気圧の時は、交感神経が優位にはたらくことで脳や筋肉のはたらきが活発になるため、晴れの日は体調がスッキリしていると感じることが多くなります。
低気圧の時は、副交感神経が優位にはたらくことで脳や筋肉はリラックスした状態になるのですが、同時に血圧が下がって細胞へ行き渡る酸素の量が減少するため、自然と全身の機能も低下しがちになってしまいます。

梅雨時にだるい、やる気が出ない、動くのがおっくう...と感じることが増える人は、副交感神経が優位にはたらき過ぎているのだと考えて良いでしょう。
また雨の日に頭痛・神経痛・関節痛が起こったり古傷が痛みだすようになったりするのも副交感神経の影響です。副交感神経が優位にはたらくと発痛物質のプロスタグランジンが分泌されやすくなるため、体に痛みが出るようになるようです。

<梅雨時の季節病を予防するには>
梅雨時はだるさに任せてだらだら過ごしていると、自律神経のバランスが不安定になって調子が悪くなってしまいます。規則正しい生活を心がけ、自律神経の安定を心がけましょう。
自律神経のバランスを整えるには入浴がおすすめです!
朝から気分がスッキリしない時は、熱めのシャワーを浴びると交感神経が活性化して「活発モード」に、夕方以降はぬるめの湯船にゆっくり浸かると副交感神経が活性化して「リラックスモード」に切り替わり、体のリズムが整います。
また、関節痛や神経痛のある人はゆっくり湯船に浸かることで痛みがやわらぐ効果も得られます。1日の疲れを解きほぐし、寝苦しい梅雨も気持ち良く眠れるでしょう。
食事では甘い物、塩分や油分が多い物を食べ過ぎないようにしてください。
喉が渇いて水分の摂取量が多くなり、体がむくんだりだるくなったりしてしまいます。
雨の日は晴れの日より調子が悪い、と感じるのは、低気圧の影響だったのです。一般には女性のほうが副交感神経が優位にはたらきやすいため、梅雨時の体調不良が起こりやすくなっています。
自律神経を整える入浴方法で不調を吹き飛ばしましょう。

・症状に合わせた"ツボ押し"
<頭痛改善のツボ>
頭のてっぺん中心部「百会」


首の付け根の「天柱(てんちゅう)」



<体がだるい・重い時のツボ>
おへそとみぞおちの中間あたりの「中脘(ちゅうかん)」というツボを押しましょう。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

24時間ネット予約

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら