あすなろBLOG

2017年8月 7日 月曜日

筋力トレをすることで「身体が硬くなる」!? 江戸川区瑞江・篠崎・整体あすなろブログ


昨日6日の早朝(日本時間)にロンドンで開かれている陸上の世界選手権の男子100mの決勝が行われました。
私も昨日は朝5時過ぎに起きてテレビ観戦しました。

世界記録保持者で今回が現役最後の大会になると表明しているジャマイカの「ウサイン・ボルト選手」は3位で銅メダルという結果で非常に残念でしたが、レース後のインタビューではすがすがしい表情でボルト選手は「いつも全力を尽くそうとしたし、ファンの声援に応えようとしてきた。ベストは尽くしたが納得いく走りはできなかった。でも言い訳はしない」と話していました。
また、金メダルを獲得しましたアメリカのジャスティン・ガトリン選手は「厳しい練習を積んで、迎えるべくして迎えた勝利。集中して心を強く持ち、夢に見たことが現実になった」と話していました。

陸上選手(特に100mや200mを専門とする短距離選手)は非常に筋肉隆々の身体をしています。
あの身体を作り上げるには、相当な<筋力トレーニング>(ウエイトトレーニング)を積んで筋肉を鍛え上げてパフォーマンスを向上しているようです。

<筋力トレーニングをすることで「身体が硬くなる」ことはありえるか?>

まず一般に言う「身体が硬くなる」とは、「関節の可動域が狭くなる」ということだと思われます。
<筋トレをすることで関節の可動域が狭くなることはありえるか?>


1、ストレッチ・ケアを怠った場合
トレーニングだけをおこなって、ストレッチやケアを怠った場合、関節の可動域が狭くなることがありえます。
これはトレーニングは基本的に筋肉を収縮させる(縮ませる)方向に力を働かせるものなので、この状態で放置すると筋肉が伸びにくくなるためです。
これは何もウエイトトレーニングに限らず、跳んだり、走ったりと運動をした後にストレッチをしないと筋肉が硬くなることと同じです。

2、可動域を制限したトレーニングをした場合
ウエイトトレーニングならではの理由が可動域を制限したフォームでトレーニングした場合です。
よくありがちなのが、重量にこだわるあまり、ベンチプレスやバックプレスなどの肩周りの種目で、本来の可動域全体を使わないフォームになってしまっていることです。
例えばベンチプレスだと、胸を張った状態でバーベルを胸まで下ろしきるのではなく、途中までで上げてしまうなどです。
可動域の制限されたトレーニングを繰り返していると、段々と関節の可動域が狭くなっていきます。
可動域が狭くなってしまうのを防ぐには、「上げたい重量にフォームをあわせるのではなく、正しいフォームで上げられる重量を伸ばしていく」という意識を持っておくことが大切です。

3、筋肉が大きくなって可動域が制限される場合
筋肉が大きくなりすぎることで、関節の可動域が制限される場合です。
これはいわゆる「筋肉が邪魔になる」、通称「マッスルバウンド」と呼ばれる状態です。
これを心配される方も多いと思いますが、「筋肉が邪魔になる」ほど大きくなるのは、一般的なスポーツのパフォーマンスアップのための補強としてのウエイトトレーニングでは考えにくいでしょう。
確かに広背筋が非常に発達した方になると、ゴルフのスイング時に「脇が閉まらない」というように、ありえないことはないですが、ボディビルダーのように、筋肉を大きくさせるトレーニングに特化しなければ難しいものです。

<正しい知識とフォームでトレーニングを取り入れよう>
筋トレをすることで「身体が硬くなる」ことはありえるのですが、どれも正しい方法でおこなっていないことや、ケアを怠ることが原因です。
正しい方法でのウエイトトレーニングはパフォーマンスアップのためにも大切な要素のひとつですので、専門家の指導のもと取り入れていってはいかがでしょうか。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年8月 5日 土曜日

若返りの秘訣 老化が気になる方必見!! 江戸川区瑞江・篠崎・姿勢矯正ブログ


簡単にできる若返りの秘訣をご紹介します!
しかも、見た目どころか細胞の若返り術!!

何かに没頭してるとき、時計は5時間くらい経ってるのに、感覚的に1時間くらいしか経ってないような気がする時ってありますよね?
そうゆう時は・・・ほんとにその人の体は1時間くらいしか歳をとってないようです。
つまり、細胞があまり老化してないということです。

仕事ばっかりしていると久々に会った友人に「やつれたね」とか「老けたね〜。」って、言われることありませんか。
旅行に行ったり、自分の趣味に没頭した次の日は肌ツヤが良い!!身体も軽い!!

要は・・・
若さの秘訣は好きなこと、楽しいこと、最高にワクワクすることで1日を満たすこと。

逆に言えば、やりたくないこと、面白くないこと、ストレスになることなどは老化を加速させます。
どうせなら、好きなことしてあわよくば若返ったら願ったり叶ったり!
毎日は難しくても少しずつ、少しずつ、心の声に正直になってワクワクしながら過ごしましょう!

ちなみに、もうひとつ若返る方法

「背骨を反らす!!」
身体の使い方でいちばん意識してほしいのが背骨です。
背骨にしっかり意識を通す。
しかも背骨周りを柔らかく。

背骨しっかりなのに柔らかく?
これって、一見「真逆」の事を言っていますが、どちらも同時に意識するんです。

柔らかい状態なのに、しっかり芯は通っている。
これが理想です。

背骨は放っておくと、前に倒れます。
疲れ、加齢、姿勢...などで前に倒れると身体は老化するんです。

逆を言えば、背骨を反らせば身体は若返る!

身体が硬い人は老化しやすい!

反らし方は、下のアザラシみたいなポーズでもいいし、


もっと頑張れる人は・・・仰向けになって、背中の下(胸の裏くらい)にボールとかブロックを入れるのもいいです。

理想は背中と床の間にこぶし2個分のスペースが空く状態です。

みなさんも背骨反らしてみてくださいね!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2017年8月 3日 木曜日

夏は特に気になる わき腹、ぽっこりお腹 江戸川区・一之江・瑞江・篠崎・産後骨盤矯正ダイエットブログ


薄着をするこの季節、体のラインが気になるという方もいらっしゃるかと思います。
あなたは、体のラインを美しく保つポイントはご存知ですか?
たとえば、多くの人はお腹が出ていたら腹筋をして引っ込めようとします。
つまり、その場所の筋肉を鍛えるとぽっこりお腹に良いと思っています。
もちろんそれもいいのですが、その前に・・・
まずはやって欲しいのは、骨盤のゆがみチェックです。実は、骨盤のゆがみが体のラインに大きく影響しているのです。
<実は、骨盤のゆがみが原因ではないですか?>
タヌキのようにぽっこりと、お腹全体が出ているという方は、実は骨盤が前に傾きにすぎて、お腹が出ているように見えている可能性が高いです。
また体重は適正でそれほど太っているとは言えないのに、下っ腹だけが出ている人は、骨盤が後ろに倒れている可能性が高いです。
また、わき腹のお肉がはみ出ているのが気になる人は、猫背で、背中も丸くなっていないでしょうか?
わき腹が気になる方は、わき腹を手で触りながら、胸をはってみてください。
背筋が自然と伸び、わき腹が上に引っ張られて、ウエストが締まった感じがしませんか?


通常は、こうした正しい姿勢を常に保つのが難しいという人が多いのですが、その人の骨盤の傾きや背骨を整体療法で矯正したり、適切な運動療法をすれば、ゆがみは無くなり、正しい姿勢が自然に保てるようになります。
姿勢が良くなると、体型もすっきり見えますし、代謝が上がり太りにくい体をつくることにもつながるのです。
姿勢美人になって、ダイエットの補助にもなり、将来の痛みも予防できるなんて、一石三鳥ですよ!
「体重が減っても、ぽっこりお腹が気になる。下っ腹が出ている。わき腹のお肉がはみ出ている。」という人は、まずは、骨盤や猫背などの背骨のゆがみを解消することからはじめてみませんか?
これだけで「お腹が凹んだ。ウエストが締まった」という変化を感じる人が多いですよ。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら