あすなろBLOG

2018年3月30日 金曜日

自律神経は屈強なプロ選手が引退するぐらい重度な問題を引き起こすー江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・はり灸院ブログ


東京・江戸川区・瑞江・篠崎・あすなろ鍼灸整骨院ブログ
今回は私が読者登録しております、日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会(JARTA)代表の中野崇トレーナーが掲載しています"Baseball Crix"の記事をご紹介します。


「プロ野球開幕4日前に自由契約」というショッキングなニュースがありました。
ソフトバンクホークスのムネリンこと川崎宗則。「身体を動かすのを拒絶するようになってしまいました」とのコメントを残し、引退する姿勢のようです。
理由は「自律神経の問題」
底抜けに明るいキャラクターで、ムードメーカーとしては欠かせない存在であった男を襲った「自律神経の問題」とは一体なんなのか。
そこにはメンタルと身体をつなぐ重要な問題が潜んでいます。

自律神経というのは、無意識に自動的に働く神経のことで、主に内臓の働きなどの自動運転を担います。
自律神経には大きく分けて2種類あり、身体を動かすモード用と休めるモード用に分類されます。

動かすモード用:交感神経
休めるモード用:副交感神経

両者は入れ替わる形で働き、どちらかが強く作用している時はもう片方は働きが抑えられているのが正常です。
自動操縦であるこの自律神経に問題が起こると、両者の入れ替わり作用がうまく機能しなくなり、戦わなければならない時に身体が動かない、逆に眠って休まなければならない時に眠れない、といった症状を引き起こしてしまいます。

そのような症状が起こってしまうと、なかなか自分では思うようにコントロールすることが難しくなり、場合によっては競技の継続が難しくなってしまうこともあります。
冒頭の、「身体を動かすのを拒絶するようになってしまいました」というコメントがそれを顕著に表しています。

<発症にはストレス・プレッシャーと選手のキャラクターが関与>
自律神経の問題は一般的にストレスによって引き起こるとされています。
スポーツでのストレスで最も大きいものがプレッシャー。
結果を出さなければならない、周囲からの期待、失敗の繰り返しなどのプレッシャーがストレスとなっていることは非常によくあることです。

また、選手のキャラクターとの関係にも要注意。川崎選手のようにいつも明るく振る舞う選手、そしてキャプテンなど真面目で責任感のあるタイプの選手は特に注意が必要です。
こういった選手は自分を抑え、「期待される役割」を演じている可能性があり、その行動が知らず知らずのうちに自分にストレスをかけていることがあります。

川崎選手も、上原浩治投手などの証言から実はとても繊細な性格であったことがわかります。
底抜けに明るいキャラクターとのギャップを考えると、おそらくこのパターンに分類されます。

<ムネリンを襲った自律神経の問題......実は背骨の硬さに現れる>
自律神経の問題は、本人や周囲には急に出現したように感じられるかもしれません。
しかし、実際にはもっと早くから身体にはサインが出されています。
自律神経の問題で特にそれが出やすいのが背骨と内臓。(内臓への対処はここでは除外します)なぜなら自律神経の多くは背骨の中を通っているからです。
自律神経に問題が出てくると、この背骨が硬くなるという現象が起こります。

硬くなりやすいのは特に胸椎。背中の上半分あたりです。また、同時に胸の骨も硬くなります。
この辺りが硬くなると、呼吸が浅くなったりという症状も現れます。なので深呼吸が十分にできているかはとても重要な指標ですので、早期対処のためにも毎日チェックするといいですね。

<背骨を柔らかくすることで、自律神経を良い状態に保つ>
自律神経の問題を予防・改善する上で背骨の柔軟性を向上することは非常に有効ですが、もちろんこの運動だけで自律神経の問題は全ては解決しません。
ストレスの根本的な問題を解決するのも忘れずに。

例えば弱音や愚痴を吐ける相手を作ったり、真面目や正論から解放される環境を作ったり。"人間性が素晴らしい"選手ほど、リスキーであることを知っておいてください。

また、大腰筋もストレスによって硬くなるというデータもあるので、みぞおちを柔らかく保つことも非常に重要です。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年3月26日 月曜日

春になるとぎっくり腰が増える!? 江戸川区瑞江・篠崎・腰痛改善ブログ


東京では桜が満開。やっと春到来ですね!
とはいっても、花粉症の方にはつらい時期になりますね!

生活スタイルが変わったり、多忙になる3月後半から4月にかけてと、年末年始は特に「ぎっくり腰」で来院される患者様が特に増えてまいります。

腰に疲労が溜まっていたり、骨盤や背骨に歪みがある方は重い物を持ったりしなくても、咳やくしゃみでも「ぎっくり腰」になってしまいがちです!
<ぎっくり腰はいきなりなるわけではない>
ぎっくり腰になってしまう主な原因は、慢性的に姿勢が悪く疲労や、過激な腰への負荷によるものなど。
ぎっくり腰になりやすい人の特徴は・・・
1.長時間にわたるデスクワーク
2.運動不足、筋力低下
3.猫背や反り腰になっている
4.座るとすぐに足を組むクセがある
5.ストレスを溜め込みやすい
こうした特徴が影響し、神経の伝達が鈍ると関節が硬くなります。関節が硬くなると血行も悪くなり、結果、筋肉が緊張し、その状態が続くことで、「くしゃみをする」「重いモノを持つ」「モノを拾う」といったことをきっかけに「ぎっくり腰」になります。

<ぎっくり腰になった時の対処法>
1.痛くないラクな姿勢をとる
 ・下にクッションや座布団を挟み、膝や股関節を曲げて仰向けになる。
 ・横向きになり、腰を丸めたり、腰の下にバスタオルなどを引いて腰が真っ直ぐになるようする。
 ・畳んだ布団の上にうつ伏せになり腰を丸くする。
2.氷で冷やす(アイシング)
患部を氷で少し痛いくらいに冷やします。ぎっくり腰になった直後から始め、20分位冷やして1度10分間休憩を入れ、再度冷やします。
当院では、急なお怪我や「ぎっくり腰」は予約なしでも受け付けております。
はり治療を行うことで、1回の治療でぎっくり腰の痛みが半分以上緩和する方がほとんどです。
約1週間~2週間の治療で痛みが完全になくなり、普段の生活に戻れます。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年3月22日 木曜日

寒暖差が自律神経のバランスを崩す!江戸川区瑞江・篠崎・鍼灸あすなろブログ


「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言いますが、今年もこの諺通り、昨日の彼岸中日は各地で雪模様。
桜が咲き始めた東京でも雪が積もったところがあったようです。
今日は昨日と比べて最高気温が10度近く上がったようです。

季節の変わり目のこの時期は体調を崩す方が多く見受けられます。

最近は日々の気温差や朝晩と日中の寒暖差が大きいですよね。

気候の変化により、体調やメンタルにも影響します。
風邪の症状やアレルギー症状の悪化、古傷の悪化、神経痛、食欲がない、からだがだるい、夜眠れない...などに悩まされます。

春になるとやたらと眠くなる方もいらっしゃいます。


体調が悪くなるのも、眠くなるのも、
自律神経の働きによるものなんです。


春の気候は私たちの体に様々なストレスを与えます。

寒暖差に伴う気圧の変化により自律神経の働きが乱れやすくなるために体調不良を引き起こします。



また、春になると日照時間が長くなり、冬時間だった体のリズムが崩れて、眠っても体が重い、だるい、といった症状を引き起こすこともあります。

実は、冬から春にかけての体調の変化は8割以上の人が感じているらしいです。

体調やメンタルの不調を引きずらないためにも普段からケアをしておきたいですね。


ここでは、体調の変化に備える5つのケアを紹介したいと思います。

1)太陽の光を浴びる

体内時計を整えるほか、気分を安定させるセロトニンや免疫力を上げるビタミンDも生成されます。
起床後すぐに太陽光を浴びるのがオススメ!

2)軽い運動をする

冬の間に滞った血流を良くするためにウォーキングやヨガなどリラックスできる運動がオススメです。

3)睡眠のリズムを整える

夜更かしをせず、質の良い睡眠を心がけましょう。
寝る前のスマホは睡眠の質を妨げますのでご注意を!

4)湯船に浸かる

リラックス、疲労回復効果があるほか、血流の低下を防ぎます。
温冷交互浴もオススメです!

5)しっかり水分補給をする

春は気圧の変化が大きいため、むくみやすくなります。
老廃物をしっかり排出するために、水を1日2リットル以上は飲むように心がけましょう!


季節の変化による身体への影響は誰にでもあります。
ちょっとした生活習慣の乱れでも、毎日積み重ねることで体調不良を引き起こす原因になります。
いつもの生活習慣を見直して、春を楽しく過ごしましょう!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年3月20日 火曜日

「ダイエットと骨盤の歪みの関係」江戸川区瑞江・篠崎・産後骨盤矯正・ダイエットブログ


みなさん、ダイエットと骨盤の歪みは 別物だと思っていませんか?

あなたのそのぽっこりお腹や なかなか細くならない脚の原因・・・
そして疲れのもとは、
「骨盤の歪み」にあるかもしれません!


ここでは、よくある骨盤の歪み方を3つのタイプに分けてみました。



【骨盤の歪み3タイプ】

①骨盤後傾タイプ
背中が丸くなり(猫背)、
首肩が前にでて凝りやすい。
さらに、下腹がポッコリ、
胸やお尻も垂れやすい。


②骨盤前傾タイプ
反り腰で、背中、ももが張りやすく、
ふくらはぎも太い。
腰痛、便秘、生理痛にもなりやすい。
 

③左右アンバランスタイプ
肩こり・腰痛、O脚X脚になりやすい。
片側だけくびれがない。
血液循環が悪く、冷えたりむくみやすい。


どのタイプの歪みも姿勢や生活習慣が原因です。


あなたはどのタイプに当てはまりますか?
1つだけでなく、2つのタイプを持ち合わせている人も多いです。


骨盤や姿勢の歪みに関しては、
整体施術で骨盤調整や骨格矯正を行うと出っ張ったお腹が凹んだり、 お尻が小さくなってきゅっと上がったり、バストアップすることも少なくありません。

これは歪みが原因で 内臓が前へ押しだされたり、
縮んだ筋肉に引っ張られてお尻や胸が垂れてしまうためで、
骨盤を正しい位置に戻し、背骨を正しい弯曲状態に戻すことで、縮んだ筋肉を緩めたり、逆に緩んでしまっている筋肉や関節をしめてバランスを整えることで解消されます。

もちろん偏った使い方を続ければ、またお腹も出てくるし、お尻や胸も垂れてしまいます。


しかし、骨盤や背骨の歪み正して、身体の使い方を習得すれば、 ダイエットはもちろん、

お腹痩せ
ヒップアップ
バストアップ
脚痩せ
も可能です!


これは顔でも同じ事が言えます。
パソコンや携帯でいつも肩が上がって 首が縮んでいるときは、
顔の筋肉を下に引っ張ってしまうので顔まで垂れたり、タルミにもつながります。

当院の骨格矯正の技術は、カイロプラクティック技術のDRT(ダブルハンドリコイルテクニック)という療法を用いまして、骨盤・背骨を揺らすことにより脊柱や骨盤の歪み、各関節の動きの偏り、姿勢の悪い癖を改善すると共に、脳や脊髄に循環している脳脊髄液の流れを良くして、神経や血液の流れを改善し自然治癒能力を高めていく施術方法です。

皆さんにもぜひ試してもらいたいと思っています!


あなたの骨盤のタイプ、
なかなか自分でも分からなかったり、どうしたら良いか分からないことも多いですよね。

歪みのタイプやパターンはある程度決まっていますが、誰一人として同じ体の人はいないですし、バランスの取り方、使い方やクセも人それぞれです。
その中で、当院はあなたの体に合った施術、身体の正しい使い方を指導します。

また、当院では骨盤矯正ダイエットを実施しております。
骨盤や身体の歪みを調整し効率的な運動を提供させていただきながら、さらに食事面や精神面からのアドバイスを行っています!
本気でダイエット、減量に取り組みたい方は、ぜひ無料カウンセリングにお越し下さい。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年3月12日 月曜日

なぜ?痛みが出るのでしょう!江戸川区瑞江・篠崎・産後骨盤矯正・あすなろ整体院ブログ


当院にいらっしゃる患者様の多くは「痛み」を何とかしたいと思ってご来院されます。

「痛み」があるかないかで、多くの人たちは「健康な状態にあるのか否か」で判断にしているのではないでしょうか?
実際、どこかに少しでも「痛み」があると、穏やかな気持ちでいられなくなってしまいます。

では、もしこの「痛み」がなかったらどうなるでしょう?
例えば、包丁で指を切ってしまったら・・・「痛い」ですよね。
「痛み」を感じることで包丁に力を入れるのを止めたり、切った手を引っ込めたりさらに大きな怪我になることを予防します。

もし「痛み」がなかったら、そのまま指を切り落としてしまっても気づかないかもしれません。
身体の中で何か異常が起こっている時、もっとも強烈な信号として発信されるのが、実は「痛み」です。

「痛い」という感覚があるから、人は自分の体の中に何か問題が起こっていると感じ、対策を講じようとするわけです。
「痛み」は私たちに危険を知らせてくれるありがたいものなのです。


<痛みの概念>
「痛み」には急性の痛みと慢性の痛みの2種類があります。

急性の痛みは・・・
どっかにぶつけた、とか、なんか刺さったとか、数分〜何日かすれば何もなかったようになくなる痛み。
「痛い!」という不快な感覚だけ感じる。


慢性の痛みは・・・
「頭痛」や「腰痛」など、痛くない時もあるけど、何日も何ヶ月も何年も痛みが出てる状態。
病院で特に異常はない。と診断されたけど、ずっと痛い。とか、特定の条件で痛みが出たりとか。
「痛い!」という感覚だけではなく、不安や恐怖などの感情も伴います。


「痛み」は「脳内での神経細胞の活動」の「結果」なんです。 
その「脳内での神経細胞の活動」を起こしているもののひとつとして、腰なり膝なりの神経終末からの入力があるわけです。
 
急性痛の場合は、神経終末からの入力の割合が高く、慢性痛の場合はそれ以外の感情、記憶、認知などいろいろな割合が高そうだなということが最近の研究で判りはじめました。
 
痛みはそこ(痛みを感じる場所)に原因があるわけではなく、脳が感じている「ストレス」だということです。
どこか「痛い」というのは、「痛いから不快」、「痛いから不安」といった具合に、だいたい「感情」とセットになっています。
「痛み」は身体が出しているサインなのです。身体のどこかに負担がかかっているから「痛み」で教える。
心のどこかに不安や不満があるから「痛み」で教える。
だから痛みが出た時は、冷静に受け止めて観察する。
(実際に痛みが出ている時はそんなに余裕がない状態だけど、そこで「嫌だなぁ〜」と思わずに、しっかりと向き合う。)

そして、痛みが楽になる姿勢、最適なポジションはどこなのか?それを探していく。
つまり、痛みによる「ストレス」を感じないポジションを探す。

それは、身体の問題かもしれないし、気持ちの問題かもしれない。
「ヘルニアだから痛い」わけではなくて、「ヘルニア」という症状に対する漠然とした不安や、「ヘルニアは痛い」という思い込みもあります。
ただの腰痛なのに、病院でヘルニアと言われているからと言って、なんでもヘルニアのせいにしたりすることもあるでしょう。

例えば、心から楽しんで何かをしている時や何かにすごく集中してる時は「痛み」って気になりませんよね?
逆に、仕事に行く前に痛みが出る。人に会って疲れると痛みが出る。

これは、完全にストレスからくる痛み。

不安を感じていたり緊張していたりすると痛みが出る。
嫌な事やってるから身体はいつのまにか硬直して痛みが出る。
さらにイライラしてると痛みも増す。
 

「痛み」の危険信号が出たら、すぐに当院にお越しくださいね!
当院では「痛み」が出現した原因、要因をしっかりと究明し、「痛み」を取るだけではなく、再び同じ痛みが出ないように予防することも指導いたします。
いつか治るだろうと、放置しておくと他の箇所まで波及し、全身のバランスが取れなくなりあちらこちらに「痛み」が出現してきますので、早めに対処することをお勧めします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら