あすなろBLOG

2018年8月23日 木曜日

秋に向けての骨盤や体調の変化

東京・江戸川区・一之江・瑞江・篠崎・整体院・産後骨盤矯正・あすなろブログ

お盆が過ぎ、ほんの少し暑さが和らいできたかな?と思ったら・・・
台風19号・20号が2つも接近しているようです。
雨や風が強い地域の方は、十分にご注意してください!

季節の変わり目や台風が接近してくると、気候や気圧の変化により体調を崩す方も多いです。



基本的に身体は、暑くなると緩み、寒くなると締まっていく
という性質があります。

緩み過ぎた身体はむくみやだるさ、夏風邪などを引き起こします。

だからこそ、季節に応じた身体の変化を知って、予防をしていくことが大事です。


それには大前提として、健康の3大鉄則である

『快眠』『快食』『快便』 であるか・・・が重要です。


そして、これらを得るためには、
・冷やさない
・身体を動かす
・疲労・ストレスを溜めない


など、根本から健康を心がけていくことが大切です。

冷えや疲労、ストレスは万病の元です。
日々の小さな積み重ねが、後々大きな問題になる事もあります。

日頃の不調を見過ごさずに、きちんと対処していきましょう!


「夏から秋にかけての骨盤の変化と対処法について」

これからの季節も体調不良や気力のダウンに負けないように、対処法をしっかり身につけてください!

<骨盤の状態は季節で変わる!? >
夏の暑い時期は、一年の中でもいちばん骨盤が緩んで(開いて)いる時期。
そしてこれから秋~冬に向かって徐々に骨盤は締まって(閉じて)いきます。

1年を通じて骨盤が開閉するリズムがあります。

例えば、春は植物が種から芽を出したり、つぼみが開いて花を咲かせますよね。

私たち人間を含め、哺乳類は春になると、冬の間に締まっていた骨盤が緩み身体がリラックスし始めます。

そして夏になると骨盤の緩みが最大となります。

そしてこれから秋へ向けて骨盤は閉じはじめ、冬は体温を下げないために骨盤がいちばん閉まる時期なんです。

身体ってすごいですよね!
季節に合わせて自分で調整してるのです。


<骨盤の開閉にはリズムがある>
実は骨盤は、季節に応じて開閉する他にも、一日や一ヶ月の間にも開閉を繰り返しているんです。

一日のリズムでは、寝ている間に開いて緩んだ骨盤が午前中にかけて徐々に閉まっていき、お昼頃にピークになります。

骨盤が閉まっていくときは集中力も増すので、午前中は頭が冴え仕事がはかどり効率も良いんですね。

午後にはだんだんと骨盤が開いていき、そのためリラックスモードに入り、夜には睡眠にも入りやすくなる訳です。

そして夜中に骨盤は全開して緩み、リラックス状態で寝ている間に細胞の修復や疲労の回復が行われ、ゆがんだ骨格が整えられます。

また女性は、月経の周期と骨盤が連動しています。

骨盤は月経2日目が最も緩み、次の排卵期に最も締まります。

骨盤の開閉のリズムがスムーズに行われていれば、骨盤まわりの筋肉も柔軟に動きホルモン分泌も整います。

逆に、骨盤の開閉がスムーズに行えないと生理不順やPMS(月経前症候群)の原因になります。

もしもあなたが毎月、生理痛やPMSに悩んでいるのなら、骨盤が固く閉じてしまっている可能性が高いです。

骨盤の開閉が上手くいかないと骨盤内が圧迫され、血液の循環や神経伝達も悪くなります。

当然、自律神経のバランスやホルモンバランスも乱れます。

このように、骨盤の状態が変わると様々な不調を引き起こしてしまいます。



<秋に向けての身体の変化 >

暑い夏に緩んだ骨盤は、気温が下がるにつれて閉じていき、秋~冬の寒さに向けて準備を始めます。

気温が下がってくると、汗もかきにくくなり、体内の老廃物の排出量が減っていきます。

汗をかかなくなる分、代わりに尿を排泄して体内の老廃物を出します。

尿を作るのは腎臓なので、秋は腎臓の負担が大きくなります。

腎臓は背中の下の方~腰のあたりに位置しているので、背中~腰が重だるく感じる時は腎臓が疲れているサインかもしれません。


ここで対処法として
「湯船に浸かる」

身体を温めると、血液循環が良くなり老廃物が排出されやすくなります。
当然、血流も良くなるので冷えやむくみの改善のほか、疲れた内臓の回復も早くなります。

特にオススメなのが「温冷浴」です!

温冷浴は血流アップ、冷えの解消、自律神経が整うなど、健康効果が非常に高い入浴法です。

やり方はこちら↓ をご参照ください。
http://www.karada-kobo.net/blog/2017/07/post-112-1394136.html

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

2018年8月 7日 火曜日

暑い夏ほど太りやすい!?

東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,整体,はり灸治療,産後骨盤矯正
ダイエットブログ

台風13号は明日8日から明後日にかけて、暴風域を伴ったまま関東甲信地方に直撃し、大荒れの恐れがあることに加え、関東付近で転向(カーブ)して、動きがやや遅くなるので、土砂降りの雨が一日半程度続く恐れがあることです。

猛暑日が続いたり、過去にない逆走台風が来たり・・・この夏は本当に過ごしにくいですね!

まだ、8月初旬なのに・・・すでに夏バテ気味・・・
という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

夏は汗をいっぱいかくし、暑いから代謝も上がって痩せやすい!
と思っている人も多いと思います。

しかし、実際はその反対で気温が高い日が続くので、 カラダは頑張って代謝を上げなくても体温調整ができてしまうため、「基礎代謝」は低下します。

また、暑い日は特に汗をたくさんかきます。

汗をかくと、「カロリーを消費している」と思いがちですが・・・
暑さで出る汗は体温調節のためです。

実は・・・汗を出し、体温調節しているだけで、残念ながらほとんどカロリーを消費していないんです!




◆夏バテ・夏太りチェック
ある会社のアンケートでは、夏に痩せる人よりも太る人の方が多いという結果が出ているようです。

ここで、チェックをしてみましょう。
↓ ↓ ↓
□ 冷房の効いている場所にいる時間が長い
□ 運動不足、運動時間が減った
□ お茶やコーヒーをよく飲む
□ 睡眠時間の減少、睡眠の質の低下
□ お酒を飲む機会、量が増えている
□ アイスや冷たいデザートをよく食べる
□ 冷たい麺類など炭水化物をよく食べる

いかがでしたか?
チェックが多いほど、 「夏バテ・夏太りしやすい傾向」にあります。



ここからは上記のチェック項目に基づいて夏バテ・夏太りを防ぐコツを紹介します。

(1)
□ 冷房の効いている場所にいる時間が長い
□ 運動不足・運動時間の減少


デスクワークの人や自宅でも冷房の効いた部屋にいる時間が長い人や運動の機会が減っている人は、 汗をかく量が少なく、自律神経の働きが弱くなり代謝の調節が上手く出来ません。

すると身体は、出来るだけエネルギーを使わないように「省エネモード」になり、 代謝を落として脂肪を蓄えようとしてしまいます。

普段汗をあまりかかない人はウォーキングやエクササイズをしたり夏でも湯舟に浸かり汗をしっかり出して代謝機能を整えることが大切です。


(2)
□お茶やコーヒーをよく飲む


水分補給は大切ですが、お茶やコーヒーにはカフェインによる利尿作用があり、体内の水分を余計に排出してしまいます。

すると、体内は水分が足りない状態になり、血流を悪くして、脂肪や老廃物を溜め込みやすくしてしまいます。(反対に水は血流を良くして脂肪や老廃物を排出します)

そのため、水分補給には水が最も適しています。


(3)
□ 睡眠時間の減少、睡眠の質の低下


夏は暑さで睡眠の質が下がってしまいがちです。

寝始めて最初の90分から2時間くらいが一番眠りが深くなると言われています。

この時間に深く眠れるように、エアコンや扇風機を上手に使い、室内の環境を快適に保ちましょう。

寝る時は風が直接体に当たらないようにすれば(風は天井に向けるのがおすすめ)冷房によるだるさは防げます。


(4)
□ お酒を飲む機会、量が増えている
□ アイスや冷たいデザートをよく食べる
□ 冷たい麺類など炭水化物をよく食べる


暑くなるとお酒を飲む機会が増えたり、アイスや冷たい麺類などを食べることが増えがちです。

これらは体を冷やす作用もありますが注意してほしいのは「糖質」です。

ビールやワイン、アイス、麺類などの炭水化物には全て糖質が含まれています。

これらをよく口にしている人は糖質過多の傾向があります。

糖質は体内で分解できない分は脂肪として蓄えられます。

暑い夏は自然と糖質の摂取が多くなりがちなので、気をつけていきたいです。



◆砂糖は危険な調味料
一見、健康に良さそうな野菜ジュースやお菓子、ドレッシング類、加工食品など
裏面の成分表示を見てみると「砂糖」が使われていることが多いです。

とくに、精製された白砂糖は甘みを感じるだけで栄養はありません。 

ミネラルが含まれている砂糖もありますが、白砂糖は逆で、体内に吸収する時に 大量のミネラルを消費してしまいます。


「糖化」って聞いたことがありますか?
糖化とは・・・
食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象です。


この「糖化」は、血管に溜まれば動脈硬化の原因に、肌に蓄積されればシワやたるみに、髪に溜まると髪のハリやツヤがなくなり、骨に溜まれば骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。

白砂糖は「ガン細胞のエサになる」と言われています。
糖化して血管が詰まれば血流が悪くなりカラダは酸欠状態になります。

すると体は冷えて低体温に。
ガンは低体温が大好きです。(35度台が一番ガン発生率が高い)
全てがつながって悪循環になります。

お米の炭水化物は糖質と食物繊維で出来ています。
ご飯を食べることは必要ですが、健康のためには食べ方を変えると、さらに良いと感じています。

そのひとつが「ベジタブルファースト」
食事の最初に野菜から食べることで、野菜の食物繊維が糖質の吸収スピードを抑えてくれます。

これは、カラダリセット!
ダイエット方法でも実践して頂いている内容で、血糖値の上昇を防ぎ、太りにくくなる食べ方でもあります。

また、早食いも内臓に負担をかけ、健康にも影響が出たり、余計に疲れやすい身体になってしまいます。

食べ方や食べ物の質をぜひ見直していきましょう。

夏バテ・夏太りを防ぐコツをお伝えしましたが、夏バテして体調不良になってしまう方もこれらに気を付けて、暑い夏を元気に楽しく乗りきりましょう!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら