鍼灸

ピカソも愛用していた「鍼灸」施術 江戸川区・瑞江・篠崎・あすなろ鍼灸ブログ


<ツボを刺激することで健康増進などを促す「鍼灸」治療法>
近年、その鎮痛作用のメカニズムが解明され、発表されました。

実は、欧米では「代替医療といえば、鍼灸」というほどポピュラーな治療です。
スペインが生んだ天才画家ピカソも、持病の坐骨神経痛をフランスの鍼治療で治して以来、鍼の愛好家になり、晩年まで絵を描き続けた。このエピソードは鍼灸業界では有名な話。

「世界中で報告された鍼灸の研究論文の数は、代替医療の中で最も多く、なかでも2010年に鍼の効果について報告された論文は、米科学誌『ネイチャー・ニューロサイエンス』にも掲載されました」(北里大学東洋医学総合研究所漢方鍼灸治療センター副センター長・伊藤剛医師)

 権威ある科学誌に掲載されたのは、米国の医師による研究。マウスによる実験で、「足三里」というツボ刺激による鎮痛作用のメカニズムを突き止めたという。科学的に認められている鍼灸の効果には、どんなものがあるのだろうか。

「わかりやすいところでは、『三陰交』というツボを刺激すると、子宮や卵巣などの血流が増すことや、『足三里』を刺激すると胃の動きが活発になることなどが証明されています」

 これ以外にも、腰痛や頭痛、歯の痛み、肩こり、関節痛、吐き気・嘔吐(おうと)、喘息(ぜんそく)など、さまざまな症状で有効性が報告され、かなり具体的なメカニズムもわかってきている。

 しかし、ツボはもともと中国の東洋医学的な概念に基づいて決められているはず。なぜツボを刺激することで、体にこのような反応が起こるのだろうか。

「そもそも古代からの中国医療では、『気』と呼ばれる生命エネルギーが体内を流れ、それが滞ったり、不足したりすることで病気が起こると考えられていました。鍼灸では気の通り道を経絡、外界との出入り口を経穴ととらえ、それらを刺激することで、気を巡らせて自然治癒能力を高めていました。こうした考え方を科学的に検証してみたところ、驚くことに、ツボには外部刺激を受け取る『感覚受容器』という神経のセンサーがあることがわかったのです」

 神経のセンサーが刺激されると、その信号は神経を介して脊髄や脳に伝わり、筋肉や内臓に作用したり、鎮痛物質(脳内モルヒネなど)を分泌したりする。また、自律神軽やホルモン、免疫機構にも影響を及ぼす。古代の人はそれを無数の経験から知り、医療として体系をつくっていったということだろうか。

※週刊朝日 2013年5月3・10日号

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

東洋医学って?鍼灸とは? 江戸川区瑞江・篠崎・鍼灸あすなろブログ


私達が普段病院で受ける治療のほとんどが西洋医学(現代医学)の治療です。
西洋医学の考え方は、検査を行い、検査結果に従って有効な薬を出して治療します。
時には問題のある部分に対して組織や臓器に対してメスを入れて手術をする場合もあります。

東洋医学は、身体をひとつの小宇宙としてとらえ、そのバランスが崩れたときに「病」が発症すると考える医学です。

近年、高齢化、生活習慣病の増加などにより、「未病治(病気になる前の細かな身体情報を基に病気の予防や治療を行うこと)」の考え方が広まる中、世界各国の医療関係者やWHO(世界保健機関)などが鍼灸などの東洋医学に注目し、メカニズムの研究も進められ、科学的根拠のある治療法として注目されています。

世界中で都市化が進み、ストレス、アレルギー、慢性疲労など、先進国特有のトラブルや生活習慣病が蔓延しています。
薬物投与や外科治療で対処してきた西洋医学では治せない、病気ではないけれど「何となく不調」
そんな症状を訴える人々が、子どもから高齢者まで、幅広い層で増加しています。

慢性疲労社会のなかで、古くからの医療が見直され始めていますが、なかでも東洋医学の中核を成す治療法「鍼灸(しんきゅう)」は世界中で注目され、「鍼灸」のメカニズム研究も各国で進められています。

古くて、現代人にとって新しい「鍼灸」のことをもっと知りたい!おばあちゃんおじいちゃんの世界と思われていた「鍼灸」は今、新たなステージを迎えつつあります。鍼灸とは、いったいどんなものなのでしょうか。

「鍼灸」は東洋医学の治療法の一つで、身体の変化を手で触れながら観察して状態を把握し、鍼や灸を施すことで身体のバランスを整えて機能回復をはかる治療法です。
鍼灸の起源は石器時代の中国に遡り、日本に伝わったのは奈良時代。中国の僧侶が仏典とともに鍼灸の医学書を携えてやってきたとされています。平安から室町時代にかけて、鍼灸や漢方といった中国医学が日本社会に定着し、江戸時代に入ると、鎖国の影響もあり、鍼灸は日本の伝統医学として独自の進化を遂げていきます。その後、医学界に大きな影響をもたらした『解体新書』が登場し、明治になると政府の西洋化政策によって、西洋医学が台頭しますが、鍼灸はその効果から、民間医療として強い支持を得てきました。


西洋医学と東洋医学の違いは「足し算」と「引き算」で考えてみると解りやすいと思います。
西洋医学はウイルスや悪くなった細胞や組織、臓器を取り除いたり「引き算」して、病本体を直接攻撃しますので、劇的な効果が期待できますが・・・周囲の良い細胞や組織に対しても被害があります。
これがいわゆる副作用です。原因となる臓器等を直接メスで切ったり、薬で破壊したりすると同時に、周辺の細胞も傷つけてしまうので、副作用が大なり小なり出現します。

それに対して、東洋医学は病周囲の良い細胞や組織の攻撃力を高める「足し算」の医療です。本体を倒すのには時間がかかりますが、体力的なダメージは少なく副作用がほとんどでない治療法です。
治療では、病に関係するツボを刺激することにより、その病を治す力が増し、患者様自身の体が病気を治してゆく力を増強するので、その他の部分が破壊されたりすることがほとんどありません。
東洋医学は自然治癒力を高める治療法なのです。




患者様の中には、何十年も東洋医学の治療に通われている方がいます。
それは、症状が治らないからではなく、治療を受けると自然治癒力が増すので、体の調子が良い状態が保持できるからです。
「はり・灸」の治療を受けるようになってから、「風邪を引きにくくなった」とか「体力、抵抗力がつよくなったみたい」という言葉をよく耳にします。

東洋医学は予防医学としても注目されてきています。
ぜひ一度、東洋医学の治療を受けてみてはいかがでしょう!

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

アンジェリーナジョリーさん顔面麻痺をはり治療で改善ー鍼灸netニュース


瑞江駅から徒歩5分!江戸川区南篠崎の身体の相談所!あすなろ鍼灸整骨院。整体・産後骨盤矯正・首・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・外反母趾・内反小趾・足のトラブルの解決に自信あり!

「アンジェリーナ・ジョリー、ベル麻痺を患っていた」と題する記事が、海外セレブ情報のサイト「ビッグ・セレブ」に掲載されています。鍼治療で改善したようです。

(写真はビッグセレブより引用)

アンジェリーナ・ジョリーさんは昨年、顔面神経麻痺(ベル麻痺)になり大変だったようです。
ベル麻痺というのは、顔面神経の働きに問題が起こり、顔の片側に筋力低下や麻痺が生じる病気です。
原因はさまざまで、ストレスや、ウイルス、急な寒冷刺激によるもの、などと言われますが、原因不明なことが多いようです。
顔の片側の神経が働かなくなるので、顔の半分が下がって来てしまいます。
鍼灸治療ではこのベル麻痺・顔面神経麻痺に効果的であるといわれ、改善する例は多いです。

アンジェリーナ・ジョリーさんも、鍼治療を続けて良くなったんですね。
(下記に引用させていただきます)
ベル麻痺は一時的に顔面神経が麻痺するものだが、アンジェリーナは家族のことを第一に考えていたため長い間治療をしなかったものの、顔の片側が下垂する症状だったのを鍼治療によって回復させていたとヴァニティ・フェア誌の9月号に話しています。
 
顔面神経に限らず、鍼灸治療はさまざまな神経麻痺に対して活躍します。
アンジーさんは昨年から離婚問題やさまざまな健康問題などで話題でしたが、心労も溜まっていたことと思います。
ストレスを和らげる効果としても鍼灸治療はおすすめですので、続けていただけるといいかもしれませんね。
セレブの鍼灸治療というと、これまでは美容鍼灸というイメージでしたが、美容も健康もどちらのメンテナンスにも鍼灸は今後も活躍しそうです。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

はり灸治療・・・なぜ効くの? 江戸川区瑞江・篠崎・鍼灸あすなろブログ・


はり灸治療の適応は筋肉や関節の痛み、肩こり、腰痛、頭痛、手足のしびれ(神経痛)、不眠、自律神経失調症、その他様々な症状がありますが、病院に行っても解決せず、はり灸治療を試みる方も多いと思います。

だけど・・・まだ鍼治療を体験されたことのない人は、体に鍼を刺すってなんだか怖いですよね・・・?


東洋医学の治療法のひとつである鍼灸の治療法は、日本だけでなく、欧米など世界中で注目を集めています。
そしてその効果について、公的機関が研究を進めており、1997年にはアメリカの国立衛生研究所(NIH)が鍼灸の効果と科学的根拠を認める声明を発表しました。また2002年には世界保健機関(WHO)で、さまざまな疾患や症状に対する有効性を認めています。

そこで、はり治療にはどのような効果があるのか?について記載していきたいと思います。

はり治療は名前の通り、針を患部やツボに刺して治療する針治療。髪の毛ほどの極めて細い針(直径0.12mm~0.44mm、長さ30mm~80mm程度)を使用します。

<はり治療による作用>
1、針を刺した部位にできる極小さな傷を修復しようとするために血流が増加する。

2、針の刺激によって痛みを抑えるモルヒネのような役割をもったホルモンが分泌され、また痛みを脳に伝える神経をブロックする働きがあるため、痛みを緩和する。

3、刺激を与える体のツボによって、リラックス効果のあるセロトニンなどのホルモンも分泌されるため、自律神経のバランスが整い、交感神経と副交感神経の働きがスムーズに行なわれ、ストレス性の症状に効果があります。さらに自律神経は、胃腸などの内臓や血圧もコントロールしているので、自律神経のバランスが整うことによって、内臓機能のバランス回復に役立ちます。

4、針を刺入すると、血液やリンパの流れが良くなるので、固くなっていた筋肉の緊張がほぐれて柔らかくなり、コリやハリが緩和される。

5、あまり知られていませんが、はり治療は美肌にも効果があります。針で傷つけられた細胞は修復しようと増殖します。それが細胞の活性化に繋がり、コラーゲン繊維を強くします。そのため肌の弾力が高まり、シワやたるみの予防に繋がるのです。また、血流が促進されくすみを改善、筋肉の刺激によるリフトアップ効果など、さまざまな美肌効果が期待できます。

<例えば>
肩こりの場合、

パソコンやスマホ画面の見すぎで交感神経が興奮して、筋肉の緊張が強くなる。
長い時間、同じ姿勢を取っていたために血流が悪くなる。
血流が悪くなると、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質を回収できない。
肩の筋肉が硬くなって痛む。
ここにはり治療をすることで、血流がよくなり、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質が血流によって回収される。
交感神経の興奮が抑えられて、筋肉の緊張を起こりにくくする。
となります。その仕組みはかなり複雑なものですが、はり治療をきっかけにして、人間がもともと持っている「治す力」が働いて、本来あるべき姿に戻ろうとします。

また、胃腸の不調の場合、
胃や腸の活動が低下して、消化や排出の能力が落ちている。
胃や腸の活動が上がりすぎて、胃酸が出過ぎ、胃腸を守る粘液が減って胃腸の壁が壊される。
はり治療のツボの作用によって、活動が上がりすぎた交感神経を適度に鎮めたり、活動が低下した副交感神経を適度に上げることができます。
はり治療というと肩こり・腰痛などに効くイメージを持たれている方が多いと思いますが、実は内臓の不調をよくするのも、はり治療の得意とするところです。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

鍼灸・はり治療による特徴とメカニズム 江戸川区瑞江・篠崎・腰痛・頭痛改善ブログ


<鍼灸治療の作用>
①調節作用
1.興奮作用
麻痺、知覚鈍麻など落ちてしまった機能を興奮させる作用
2.鎮静作用
局所の疼痛、筋緊張のような機能亢進を鎮める作用

②誘導作用
1.患部誘導法
局所の血行不良などに対し直接その患部に施術して、血液を他の健部から患部へ誘導する
2.健部誘導法
局所の炎症、浮腫など患部と離れた所に施術して血液を違う所に誘導してちらす。

③鎮痛作用
1.脊椎で痛みを抑えるゲートコントロール作用が起こる
2.脳内に痛みを抑制するエンドルフィンが分泌される
3.末梢神経の痛みの信号を遮断する
4.痛覚閾値が上がるため、痛みを感じにくくなる

④防衛作用
白血球などが増加して治癒機能を促進させる作用

⑤免疫力作用
免疫機能を高める抵抗力アップさせる

⑥消炎作用
白血球を増加させ、末梢循環を改善させることにより炎症のプロセスを早く進行させその治癒を早め生体防衛反応を亢進させる作用

⑦転調作用
自律神経失調症やアレルギー体質を改善

⑧反射作用
体性ー内蔵、自律神経反射を介して離れた部位の機能を調節する作用

・針治療

針を患部やツボに刺して治療する針治療。髪の毛ほどの極めて細い針(直径0.12mm~0.44mm、長さ30mm~80mm程度)を使用します。
刺し方でよく使われる手法としては、目的の深さまで刺し、刺した針を上下や回旋、振動など一定の刺激を与えてすぐに抜く「単刺」、刺したまま5~15分ほど置く「置鍼」、刺した針に微量の低周波電流を流して、筋肉の血行促進を図る「パルス鍼」などがあります。これらは症状によって使い分けられます。

なぜ針治療は効果があるのでしょう。
それはツボに刺した針による刺激が自律神経系、免疫系などに作用して、緊張を緩和し血液やリンパ液の代謝を向上させることにより、自然治癒力をアップさせる働きがあるのではないかと考えられています。

・灸治療

灸は「お灸」「やいと」などと呼ばれ、一般に広く行なわれてきました。もぐさを使ってツボに熱刺激を加える方法で、直接皮膚にもぐさを乗せて着火させる直接灸と、もぐさと皮膚の間をあける間接灸があります。
直接灸では、もぐさの大きさは糸状や米粒ほどの小さいものから小指大の大きさのものがあります。熱の刺激が強く、施灸後に水泡ができることがあり灸痕が残ります。有名な逆子を治す治療法はこの直接灸を足の小指の先端に行います。
一方、間接灸には、もぐさと皮膚の間に筒状のボール紙を挟み、もぐさが直接皮膚に触れないようにするものや、薄く切ったにんにくや生姜、味噌などを挟む隔物灸と呼ばれるものがあります。熱を和らげるものを挟むため、温和な熱さとなります。

灸は、ツボや患部に熱刺激を与えるため、血行が良くなります。そのため、血液内の免疫物質を分泌されたり、造血作用が促進されたりして、身体の機能改善や抵抗力向上などに効果があります。

「鍼」と「灸」の治療効果の違い
針治療はすぐに効果が現れる傾向にあり、灸治療は慢性的な症状に対して、比較的ゆっくりと継続的に改善させる傾向があります。ですが、針治療も慢性的な症状に効果があることも多く、また灸でもすぐに効き目が現れることもあります。
ですから、この症状には針治療、こちらの症状には灸治療と一概に決めつけることは難しいのです。針治療と灸治療は、治療を受ける人の疾患や症状、体質などを考慮して、有効なツボを選び、その人に合った治療法を行なうことが重要となります。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら