外反母趾

扁平足のチェック法とホームケア

江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・外反母趾・内反小趾改善ブログ  
 
当院では外反母趾や内反小趾、足裏の痛み(足底腱膜炎)、足裏のうおのめやタコに悩む方が数多く来院されます。
遠くは長野県や栃木県から患者様がご来院していただき、現在まで約800名以上の足の障害で悩んでいる患者様を診てきています。

その前段階として知っておきたいのが、土踏まずがつぶれてしまう「扁平足」
 
「扁平足」の方は、足指の力が低下したり、足指をうまく使うことが困難になってしてしまうために、足裏バランスが大きく崩れてしまいます。

その結果、足の上にある「ひざ」「骨盤」「背骨」「あごの関節」「顔面」までもが歪んでしまい、疲れやすくなったり、「膝関節痛」「腰痛」「首肩の痛み」など健康面での不調のほか、美容面でも「下半身太り」「顔の歪み」などの不具合が生じてきます。



<自分の足は大丈夫かな?>
扁平足、外反母趾、足指の変形の症状が進んでいると・・・
足の指が自分の意志で動かせなくなります。



ここで・・・
以前に当院に来院されていた、高齢者の介護施設にお勤めのSさんとのお話を紹介します。

ご自身の足指の変形が醜く、足が痛くてつらくなった時に、施設の利用者様の足の指をよく見るようにしていたら、車いすや寝たきりになっている方のほとんどが、足指の変形と足指が動かせない人ばかりだったのに「驚きと、不安を感じた」と・・・

そうです・・・
足指の変形と足指が動かせなくなってしまうと、将来歩けなくなるリスクが高まるのです。


<実は、扁平足は成長期の子どもにも多く見られます>

裸足で走り回るなど、足底の筋肉を鍛える動きが足りないと、成長によって体重の負荷が増える際に足底が伸び「扁平足」となります。

もちろん、運動不足で足底の力が弱い大人でも同様のことが起こります。

加えてX脚の人は、ひざが内側に入っているために土踏まず部分に重心がかかりやすく、足首が内側に捻れて、「扁平足」になりやすい状態にあります。

一方、O脚の人は重心が外側にかかり、土踏まずの筋力をあまり使わない歩き方をしてしまいますので、加齢とともに足裏を支える力が低下して、重力に勝てず結果的に「扁平足」になるケースが多いのです。


<あなたの足は扁平足?>

足の裏の筋力が低下してしまうとアーチが下方に崩れて「扁平足」になってしまいます。

下記のことが当てはまる方は「扁平足」かもしれません。

☑素足で床の上を歩くとペタペタと音がする
☑長時間の歩行や立ちっぱなしでいると足裏がだるくなる
☑疲れると足裏が引きつれるような痛みがある
☑段差もない所でつまずくことがよくある
☑足指や足裏によくマメやタコができる
☑足の指で力強く「グー」っと握ると足指、足裏がつる



あなたの土踏まずには、ボールペンが入りますか?



土踏まずにボールペンが足の裏に軽く付くくらいで正常です。


足の内側が地面にぺったりと着いてしまっている人は扁平足です。


正常な方は足の内側が上に上がって、地面に着いていません。


次に<素足になり、足の指でじゃんけんの「グー」「チョキ」「パー」にしてみましょう>


「グー」にした時に足指の根元からしっかり曲がって、手でグーにした時と同じようにこぶしが出るようであれば正常。
「パー」にした時には親指と小指がしっかりと外に開くようなら正常。

一方、「グー」にした時に足指の根元からしっかり曲がらず、こぶしが出来ないようでしたら、「浮き指」「ハンマートゥ」という足の障害
パー」にした時に親指が外に開かず、逆に閉じる方向に力がかかってしまうようであれば、「外反母趾」の可能性が高いでしょう。
また、小指が開かない場合は、「内反小趾」という障害です。


「浮き指」 ↓








これを改善するには「足の裏側の筋肉を鍛える」ことが必要になります。



先日、外反母趾治療で通院中の患者様Tさんと、「足の裏の筋肉を鍛えましょう」というお話をしていたところ「足の裏の筋肉ってどうなっているのか、イメージがわかない」というご意見をいただきました。

下の図は足裏の筋肉の解剖図です。


こんな風に足裏には足の指につながっている筋肉(足底筋群といいます)が、なんと10個もあります。

これら10個の筋肉は、主に足裏のアーチ「土踏まず」を構成しています。
このアーチは①親指のつけ根からかかとを結ぶ「内側縦アーチ」②足の外側を結ぶ「外側縦アーチ」③親指のつけ根と小指のつけ根を結ぶ「横アーチ」


この3つのアーチは、バネのように作用して、カラダにかかる地面からの衝撃を和らげていす。
 
<ホームケアエクササイズ>
自分の力で足指を動かし足裏の筋肉を鍛えましょう!

「扁平足」「浮き指」「外反母趾」などの足の障害を改善するには、足裏の筋肉を鍛える「足裏エクササイズ」をおこなうとよいでしょう。
足指5本をしっかり使ってタオルを「握る」「持ち上げる」「離す」という3動作を行うだけ。



とってもシンプルですが、足裏の土踏まずを引き上げる筋肉をまんべんなく鍛えることができます。

X脚やO脚の人は、足指を動かそうとするとどうしてもひざが正面からずれて内側、あるいは外側に動いてしまう傾向にあるので、常にひざが正面に向いているか鏡でチェックしながら行いましょう。

右足で行いつつ、左足で、シワが寄ったタオルを元の位置に戻しながら、左右で10回ほど繰り返しましょう。
「グー」「パー」運動や「足裏エクササイズ」をしている時に、足裏や足指がつりそうになった場合は、足指を上下に曲げたり伸ばしたりしてストレッチをしたり、足裏のマッサージをしながら、繰り返していきましょう!



当院では「扁平足」「外反母趾」「内反小趾」の治療として、足指の動きや踏ん張りを改善させる足指反射療法や足裏バランステーピング法や足整板(インソール)療法で足元の土台から全身のバランスを整えます。

体の土台、家屋でいうと基礎にあたる「足裏」
家が傾いたら土台から直していくのが自然です。
人間の身体も土台となる「足指」「足裏」からバランスを整えるという考えが身体全体を治す上で必要不可欠です。

 

全身のバランスを整える方法としては、個々の状態に合わせた無理のない骨盤矯正・バランス整体療法により不安定な歩き方により歪んだ全身の骨格バランスを整えます。
足元(土台)を整えることにより正しい歩行を促すことができます。


不安に感じた方は是非一度ご来院ください。
   




 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

指上げ足・浮き指・外反母趾・足の痛み対策

ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤矯正
・あすなろ整体院ブログ

*指上げ足・浮き指・外反母趾、内反小趾、足指のしびれ
下の画像のように指が足の甲側へ90度以上反ってしまうと「指上げ足」「浮き指」です。
指が正しく使えていないことが、痛みや疲れやすさなどの不調につながります。


【指上げ足・浮き指の原因】
歩き始めの頃から裸足で歩く機会が少なく、また砂利道など障害のある場所を歩くこともないので、足裏に刺激を受けて"踏ん張る"ということを記憶できないのです。
その上で、成長してからも大きめのスニーカーやスリッパなどのつっかけを履くようになると、脱げないようにと足指をひっかけて歩くことにより、ますます足指の踏んばる力が必要性を感じずに、次第に浮いてきてしまうのです。

 

【指上げ足・浮き指になると】
下記のところにマメやタコができます。


足指が浮いていると、指の付け根とかかとの2点で体重を支えることになり、重心がかかとに乗っていることになります。
すると、地面からの衝撃を吸収しきれずに、かかとからストレートにひざ・腰・首へと伝えてしまいます。
これが気付かないうちに何年・何十年と繰り返されると、痛めた覚えがないのにある日突然、膝や腰、肩、首、腰に痛みが出たり、検査したら骨が変形していたなどといったことになるのです。また、踵荷重や踵を強く地面に打ち付けて歩いていると頭(脳)が揺らされて、頭痛やめまい、自律神経の失調を引き起こすこともあります。
 

当院では、足指の動きや踏ん張りを改善させる足指反射療法や全身のバランスを整える方法として、個々の状態に合わせた無理のない骨盤矯正・バランス整体療法により不安定な歩き方により歪んだ全身の骨格バランスを整えます。また、足裏バランステーピング法や足整板(インソール)療法で足元(土台)から全身のバランスを整えます。
足元(土台)を整えることにより正しい歩行を促すことができます。正しい歩行は、意識だけでは変えられません。なぜなら、すでに足裏に歪みがあるからです。
足裏の歪みを足裏バランステーピング法で整えることで初めて、足指を踏ん張り正しく歩けるのです。

 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

「指上げ足」「浮き指」「外反母趾」きちんと足指が使えてますか?ー 東京,江戸川区,瑞江,篠崎,一之江,あすなろ整体院ブログ


最近、寒くなってきてブーツや厚底の靴を履いた後から足指の痛みを訴えて来院してこられる患者様が増えております。
靴底や革が硬いブーツや厚底の靴または自分の足に合わない大きめの靴を履いて歩くと足の指を固めて歩いてしまい、
「浮き指」「指上げ歩行」状態や「外反母趾」「内反小趾」を誘発してしまいます。

 

足指や足裏の機能がきちんと使えているかどうかは、足の状態に表れます。
外反母趾だけではなく、タコや巻き爪も足指や足裏の機能がきちんと使えていない証拠となります。


中でも注意したいのが、「浮き指」「指上げ歩行」の状態。

「浮き指」「指上げ歩行」は歩行時に足指がふんばれず、指が浮いた状態のこと。上から見ると指は真っ直ぐなので見落とされてしまいがちですが、外反母趾と同じくらい、現代人に多く見られます。

「浮き指」を防ぐには、まず、サイズの合わない靴、ヒールの高すぎる靴は避けること。脱げないように、足指を上げてロックした状態で歩行するため、足指を上げて歩く癖がつきます。つっかけタイプのサンダルやスリッパも同様。
また、ひざを上げず、ひきずって歩く「だらだら歩き」はつまづきやすいだけではなく、足裏の機能を発揮できず、体も不安定になります。

『浮き指』や『外反母趾』など、不安定な足裏機能を取り戻すには、"踏ん張る力"をつけることです。
そのためにも足裏でバランスを整え、足裏の踏ん張り力をつけることが大切です。

<きちんと足指が使えてますか?>
ラクだからといって、足の筋肉を使わず「だらだら歩き」をしていたり、自分に合っていない幅広や大きめの靴を履いていると、指が浮いた「浮き指」状態になってしまいます。見た目にはわかりづらいため、気づかないうちに「浮き指」になっていることもあります。

「浮き指」になっていないかどうかのチェック方法は、下の図のように足指の力を完全に抜き、手で足の親指を甲側に押したとき、90度以上反る状態が「浮き指」です。
足と手の親指の付け根を合わせ、押したときに手の人差し指と親指で作られる角度で測ります。



 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

内反小趾について ー「浮き指」「指上げ歩行」「外反母趾」 江戸川区瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤のゆがみ・あすなろ整体院ブログ


外反母趾については、様々な情報や治療法が広まっていますが、内反小指については、比較的まだ少ないように思えます。内反小指は、靭帯性外反母趾や混合性外反母趾などの外反母趾に伴って発生する場合がほとんどで、おそらく内反小指の8割~9割は外反母趾の合併症的存在と言えるでしょう。
しかし、一部の内反小指は、単独で発症し、小指の付け根に痛みを生じるものもあります。

症状としては、足指の第4指(薬指)と第5指(小指)の間の中足靭帯がゆるみ、第5指の付け根の関節部分が外側に出っ張り、第5指は身体の中心線に向かって内反する。
痛みは、第4指と第5指の付け根の間、第5指の付け根、第5指の付け根の外側のでっぱった部分、第5指の真ん中の関節付近にできるタコ、第4指と第5指の重なっている部分などに見られます。

原因としては、先の細い靴を履く習慣がある場合、あるいは歩行時に足の外側から地面についてしまう内股歩き・小指の付け根側に重心を乗せるくせがある場合が考えられます。

内反小指には、第5中足骨骨頭が出っ張る仮骨性内反小指と、第4指と第5指間の中足靭帯がゆるむ靭帯性内反小指、および両者の混合型がある。また、第5中足骨の骨幹部から骨頭にかけて外側へ反るタイプもあります。

小指の付け根の外側の腫れや薬指と小指の付け根の間に起こる痛みに対して最も有効なのは、伸びた中足の靭帯を締めることです。 中足関節を締めるテーピング法やサポーターを使用することで、内反小指の矯正効果を高めることができます。また、足整板(インソール)療法で足の着き方を改善すれば、曲がった小指が改善され、まめやタコもなくなります。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

外反母趾:手術を受ける前に考えること


外反母趾の痛みに悩んでいると、『早くこの痛みから逃れたい』という思いからいち早く手術を希望される方も少なくありません。

いざ手術をするとなると心配なのが「結果」ですが、手術後に当院を来院された患者さんの術後1年目の追跡調査でも、手術をして良かったという人は3人に1人、術後3年以上の場合には、ますますその評価が低くなっています。結果から、外反母趾の手術をしたからといって、希望通りの結果になることは思っているほど多くはないのです。ですから、手術を100%否定するわけではないことをご理解頂きたいのですが、予後や失敗例なども事前に十分知る必要があるということです。変形していてもそれなりの機能を果たしている場合が多いので、手術によりかえってバランスが変わり他の部分が悪くなることが多くあります。中には、変形がわずかであったにも関わらず、痛みのために手術という決断をし、『親指に全く力がはいらなくなってしまった』『親指と付け根が固まり働かなくなってしまった』『更に変形がひどくなり、反対側に曲がってしまった』など、かえって後遺症に苦しんでいる人に多く出会います。

同じ外反母趾でも成功率の高いものと、極めて低いものがあるので見極めなければなりません。なぜなら、形が一時的に良くなったとしても親指が機能的に働かなければ再発をしたり、土台のアンバランスによる上半身への悪影響があるからです。

そして何より、まずは足裏バランステーピングで痛みが取れてから手術を考えることが大切です。
手術を受ける場合にも、痛みがある炎症期のうちは行わないことが鉄則なのです。

試せることから実践して、痛みが取れてから改めて冷静な判断力で手術にふみきるかどうかを考えること
をお勧めします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

24時間ネット予約

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら