施術について

膝の痛み・O脚・X脚ー「浮き指」「指上げ歩行」「偏平足」「骨盤のゆがみ」ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤矯正・あすなろ整体院ブログ



膝の痛みは「浮き指」「指上げ歩行」「扁平足」や「外反母趾」が原因です。

「浮き指」「指上げ歩行」= 足指が浮いていると、重心がかかとに片寄り、かかとと指の付け根だけの「二点歩行」になるため、左右差も起こり、足裏がグラグラと不安定になります。



「浮き指」「指上げ歩行」は扁平足や外反母趾、骨盤の歪みを生じ膝が捻じれて負担がかかり、痛みにつながります。

膝だけを治療しても、改善はしません。
原因となっている足指、足裏、骨盤のゆがみを改善していくことがことが重要です。


<O脚・X脚>
膝痛を引き起こす膝の湾曲には、O脚とX脚があります。

O脚は、直立したときに、両かかと・内くるぶしをくっつけても、ヒザや股関節の間が開いてしまう状態のことです。
実に、成人女性の約80%が該当しているとも言われているほど、「O脚を気にする人」「O脚にひどく思い悩む人」が急増しております。 なぜ、同じような生活環境にも関わらず、O脚になる人とそうでない人とに分かれるのでしょうか。 その答えが、人間の土台となる『足裏』にあったのです。今、「浮き指」や「外反母趾」「扁平足」など足裏に異常がある人が激増し、これに比例してO脚が増えているのです。

これに対して膝が内側に入り、膝下と太ももが外側に湾曲した状態をX脚と呼んでいます。 

両膝がOの字のように外側に湾曲したO脚。実は生まれたときは誰でもO脚だが、成長するとともにほとんどの人が改善されます。
しかし、成長してもO脚のままだったり、膝を傷めやすい生活習慣を行っていると、高齢になってから「変形膝関節症」を引き起こします。

膝の痛みに苦しむ前に、O脚は早めに改善しておきましょう。 

<実際には、O脚は4種類あり、もうひとつの足の異常として「X脚」があります>


1、「ひざ下」のO脚
 両ひざから下、ふくらはぎがつかない。
 ひざ下の外側の骨が出っ張り、すねの外側が太くなる。
2、「股関節」のO脚
 両足の股下が開き、骨盤より股関節の下の骨が出っ張り、太ももの外側が太くなる。
3、「ひざ下と股関節」のO脚
 ひざがつかない。骨盤より股関節の下の骨とひざ下の外側の骨が両方出っ張る。
 太ももとすねの外側が太くなる。
4、「XO脚」
 両ひざはつくが、股下とひざ下が開く。お尻と太ももが異常に発達して太くなる。
 ひざのお皿が内側を向き内股傾向。
5、「X脚」
 両ひざが重なるくらい良くつき、ひざ下がハの字に開く。
 靴の内側が減る。上半身太りに。

O脚・X脚も「浮き指」「指上げ歩行」「偏平足」や外反母趾、骨盤のゆがみが原因です。
「浮き指」「指上げ歩行」や「外反母趾」「扁平足」があると、指先に力が入らず、重心がかかとへ片寄り、ひざも反り過ぎてしまいます。
この状態で歩くと、足先が外方向へ流れる「ねじれ歩行」になるのです。 ねじれ歩行 この「ねじれ歩行」になるかどうかで、O脚になる人とならない人に分かれてしまうのです。つまり、O脚は土台となる足裏の異常を補った結果だったのです。
「ねじれ歩行」によるO脚は、すねの外側の筋肉や太ももの筋肉を発達させて、下半身太りの原因になります。 また、O脚があると健康面でも悪影響を及ぼします。

ひざの痛みのほかに「股関節や骨盤にゆがみ」を起こし、背骨が曲がる側弯症の原因にもなっています。
更に、首にもゆがみや変形を引き起こし、首こり・肩こり・頭痛・めまい・便秘・冷え性など自律神経失調状態の隠れた原因にもなっています。
家が傾いたら、土台から正していくという考えが自然と起こるように、人間も土台となる『足裏』からO脚を整えていくことが、根本療法につながる近道なのです。
また、生まれつき足首からかかとにかけて骨が外側に脱臼している人や、かかとの骨を骨折した人も扁平足になってしまうこともあります。 

当院では、足底テーピング療法や足整板(インソール)療法、骨盤矯正、足裏バランス整体療法により、膝の異常、O脚・X脚の改善を図ります。
お悩みの方はご相談ください。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

指上げ足・浮き指・外反母趾・足の痛み対策ー東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・産後骨盤矯正・あすなろ整体院ブロ



*指上げ足・浮き指・外反母趾、内反小趾、足指のしびれ
下の画像のように指が足の甲側へ90度以上反ってしまうと「指上げ足」「浮き指」です。
指が正しく使えていないことが、痛みや疲れやすさなどの不調につながります。


【指上げ足・浮き指の原因】
歩き始めの頃から裸足で歩く機会が少なく、また砂利道など障害のある場所を歩くこともないので、足裏に刺激を受けて"踏ん張る"ということを記憶できないのです。
その上で、成長してからも大きめのスニーカーやスリッパなどのつっかけを履くようになると、脱げないようにと足指をひっかけて歩くことにより、ますます足指の踏んばる力が必要性を感じずに、次第に浮いてきてしまうのです。

 

【指上げ足・浮き指になると】
下記のところにマメやタコができます。


足指が浮いていると、指の付け根とかかとの2点で体重を支えることになり、重心がかかとに乗っていることになります。
すると、地面からの衝撃を吸収しきれずに、かかとからストレートにひざ・腰・首へと伝えてしまいます。
これが気付かないうちに何年・何十年と繰り返されると、痛めた覚えがないのにある日突然、膝や腰、肩、首、腰に痛みが出たり、検査したら骨が変形していたなどといったことになるのです。また、踵荷重や踵を強く地面に打ち付けて歩いていると頭(脳)が揺らされて、頭痛やめまい、自律神経の失調を引き起こすこともあります。
 

当院では、足指の動きや踏ん張りを改善させる足指反射療法や全身のバランスを整える方法として、個々の状態に合わせた無理のない骨盤矯正・バランス整体療法により不安定な歩き方により歪んだ全身の骨格バランスを整えます。また、足裏バランステーピング法や足整板(インソール)療法で足元(土台)から全身のバランスを整えます。
足元(土台)を整えることにより正しい歩行を促すことができます。正しい歩行は、意識だけでは変えられません。なぜなら、すでに足裏に歪みがあるからです。
足裏の歪みを足裏バランステーピング法で整えることで初めて、足指を踏ん張り正しく歩けるのです。

 

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

花粉症のツボ療法・江戸川区瑞江・篠崎・鍼灸施術・あすなろブログ


ここのところ急に気温が上昇して、そろそろ初春の気配が感じられてきました。
しか~し、暖かくなるのは嬉しいけれど・・・
いや~な季節と感じている方も多いのでないでしょうかsign02
目がムズムズ痒くなり・・・鼻はぐじゅぐじゅsweat02・・・くしゃみが止まらず・・・shock
本格的にスギ花粉の季節が到来し、花粉症に悩まされる方が多くなって参りました。

今回は花粉症に効果のあるツボの紹介いたします。
花粉症が治るわけではありませんが・・・ツボを刺激することにより、目のかゆみ、くしゃみ、鼻づまり等といった花粉症特有の辛~い症状を緩和、軽減させてくれる「ツボ」です。
花粉の種類や季節などは関係なく対応します。


百会(ひゃくえ)左右の耳の最上端を頭のてっぺんに向かって結んだ線と、鼻先から眉間をまっすぐに結んで伸ばした線が交差した、頭のてっぺんにあるツボです。指先で押すと重い痛みを感じるところです。

太陽(たいよう)こめかみから目尻の間の、少しくぼんでいるところです。中指の腹でツボをあてゆっくりと押しながら小さな円を描くように押してください。目の疲れやショボショボ、痒みに効果があります。

晴明(せいめい)左右の目の目頭から少し鼻よりのくぼみのところです。目の疲れやショボショボ、痒みに効果があります。

印堂(いんどう)両眉の間にあるツボです。親指でギュ~っと何度も繰り返し押して下さい。鼻詰まり、目の痒みに効果があります。

迎香(げいこう)小鼻の横、鼻の穴の外側に位置するツボです。鼻詰まりに効果あるツボです。人差し指で左右一緒に押してあげて下さい。

承泣(しょうきゅう)目線を真っすぐにした時の瞳孔の真下に位置するツボです。目の痒みに効果のあるツボです。人差し指で頬の骨に当たるように押してあげましょう。眼球に向かって押さないように注意してください。

合谷(ごうこく)親指と人差し指の間にある骨の付け根部分にあります。反対の親指と人差し指で挟んで強めに押さえましょう。目、鼻、ノドの痛みに効果があります。

これらのツボのほかに耳つぼにも花粉症に効果のある神門(しんもん)、外鼻(がいび)、内鼻(ないび)といった「耳ツボ」があります。

当院では、花粉症や頭痛の軽減対策として鍼灸(はり・きゅう)治療をお勧めしています。
鼻水・鼻詰まり・頭重感・頭痛への対策として頭、顔、首、足へはりと温灸を施します。
顔と首のツボを中心に刺激することで、鼻の通りをよくし鼻づまりによる不快感・頭重感・頭痛を軽減し、手や足のツボはアレルギー体質の緩和の効果を促します。

また、手足や耳の「ツボ」に2~3mmの小さな(皮内針という)針を貼り付けたり、際の尖っていない、2~3mmの丸い金の粒(金粒)を貼り付けて、花粉症の症状を緩和、軽減する方法で対応いたします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

江戸川区瑞江・篠崎の整体【初回の方限定】産後・骨盤矯正・バランス整体特別企画

2月の特別企画【初回来院の方限定】
姿勢・骨盤の歪みチェック
骨盤矯正・バランス整体療法 体験会 
1日限定 3名まで  初検料含め 5200円を ⇒ 1980円で
・予約の際に体験会クーポン使用とお伝えください。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

偏平足の人は疲れやすい!インソールの効果は絶大です!東京・江戸川区・瑞江・篠崎・一之江・あすなろ整体院・外反母趾ブログ



あなたの土踏まずは凹んでいますか?

足底にくぼみがなく、足の裏全体が平らな状態の人は、「偏平足(へんぺいそく)」です。
足の形の問題だからとそのままにしておくと、疲れやすい身体になってしまいます。

「扁平足の治し方を知りたい」「遺伝だから諦めるしかないのか?」というあなたに、ぜひ知ってもらいたい情報があります。
扁平足の9割が、生活習慣が原因で起こったもの。
つまり、自分で治すことも可能なのです。

自分に合った靴に変える、扁平足用のインソールを使うなどの方法で、痛みを改善することができます。

<偏平足は、歩くときの衝撃をダイレクトに受けてしまう>
正常な足の形の人は、土踏まずが凹み、アーチを描いています。このアーチがポイントで、歩くときの、衝撃を吸収し、負担を軽減しているのです。偏平足の人は、足裏全体が地面にくっついているため、衝撃も負担もダイレクトに感じてしまい、疲れやすいのです。
また、土踏まずがないと歩くときにバランスがうまくとれず、身体の片方に重心がかかる、足を引きずって歩くなど、変な歩き方の癖がついてしまいます。


■生まれたときはみんな偏平足だった
人間は、生まれたときには土踏まずがありません。8歳ぐらいまでには形成されるのですが、そのままずっと平らな人は、偏平足になります。
<扁平足を引き起こす原因は?>
扁平足の原因は、ほとんどが生活習慣によるものです。
1.運動不足による筋力の低下
土踏まずのアーチを保つためには、足裏の筋肉が非常に重要な役割を果たします。運動不足によってこの筋肉が衰えると、足裏のアーチを維持できなくなってしまうのです。
実際に、最近の子供は屋外で遊ぶことが減り、歩く機会が少なくなってきているため、扁平足が増えていると言われています。
2.足に合わない靴の使用
自分の足に合わない靴を履き続けることも、扁平足の原因になります。
その理由は、歩くときに足の筋肉をうまく使うことができないためです。そのため、筋肉のバランスが悪くなり、扁平足になりやすくなります。特に、ヒールの高い靴を長期間にわたって履き続けている人は、扁平足になりやすいと言われているのです。
3.体重の増加が原因になることも
肥満など体重の増加も、扁平足になる原因の1つです。
急激な体重の増加は、土踏まずのアーチを支える筋肉に大きな負担を与えることになるでしょう。足の裏は全体重を支える部分でもあります。体重の増加によって土踏まずを形成しているじん帯が緩み、扁平足になってしまうのです。

<扁平足の治し方と予防法>
1.エクササイズで足裏の筋肉を鍛える
偏平足を治すには、足の裏の筋肉をつけることが大切。足裏は、身体全体の体重を支え、歩いたり走ったりするときにぐっと踏み込むために重要なパーツです。まずは、足に筋肉をつけて、踏ん張れる足を作りましょう。
家でくつろいでいるときでいいので、足裏の筋肉を刺激してあげましょう。簡単にできるのは、「足裏のグーパー運動」。グーにするときは、足裏全体をギュッとつかむように、パーにするときは指と指の間を思い切り開きましょう。慣れてきたら、スーパーボールやタオル、ボールペンなどを足裏でつかむような運動もオススメです。最初はうまくいきませんが、繰り返すことで筋肉がついていきます。
 
2.家の中では裸足になる
家の中では基本的に裸足で過ごしましょう。靴下を履いて生活するのと裸足で生活するのとでは、使う筋肉がまるで違うのです。
普段から自宅でスリッパや靴下を履いて生活している人は、意識して裸足で生活してみましょう!
冷え症でない限り、なるべく裸足でいることを心がけましょう。


3.インソールの効果を利用する

扁平足用のインソールというものがあることをご存じでしょうか。
痛みや疲れ、扁平足の悪化を防ぐために靴の中に入れる中敷きのことです。
このインソールを敷くことにより、足の疲労や痛みを改善することができます。
もちろん、インソールを敷くだけで扁平足が治るというわけではありません。
歩行や運動、ストレッチを行うときのサポートとして使うことで効果が上がります。
そのほかにも、サポーターやテーピングを使用する方法と合わせて使ってみるとよいでしょう。


当院ではインソール作成、テーピング療法を施行しております。
偏平足、足の変形、足裏の痛み(足底腱膜炎等)でお悩みの方はご相談ください。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

記事URL

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら