よくあるご質問

はり治療・・・なぜ効くの?

はり治療の適応は筋肉や関節の痛み、肩こり、腰痛、頭痛、手足のしびれ(神経痛)、不眠、自律神経失調症、その他様々な症状がありますが、病院に行っても解決せず、鍼治療を試みる方も多いと思います。
だけど・・・まだ鍼治療を体験されたことのない人は、体に鍼を刺すってなんだか怖いですよね・・・?


東洋医学の治療法のひとつである鍼灸の治療法は、日本だけでなく、欧米など世界中で注目を集めています。
そしてその効果について、公的機関が研究を進めており、1997年にはアメリカの国立衛生研究所(NIH)が鍼灸の効果と科学的根拠を認める声明を発表しました。また2002年には世界保健機関(WHO)で、さまざまな疾患や症状に対する有効性を認めています。

そこで、はり治療にはどのような効果があるのか?について記載していきたいと思います。

はり治療は名前の通り、針を患部やツボに刺して治療する針治療。髪の毛ほどの極めて細い針(直径0.12mm~0.44mm、長さ30mm~80mm程度)を使用します。

<はり治療による作用>
1、針を刺した部位にできる極小さな傷を修復しようとするために血流が増加する。

2、針の刺激によって痛みを抑えるモルヒネのような役割をもったホルモンが分泌され、また痛みを脳に伝える神経をブロックする働きがあるため、痛みを緩和する。

3、刺激を与える体のツボによって、リラックス効果のあるセロトニンなどのホルモンも分泌されるため、自律神経のバランスが整い、交感神経と副交感神経の働きがスムーズに行なわれ、ストレス性の症状に効果があります。さらに自律神経は、胃腸などの内臓や血圧もコントロールしているので、自律神経のバランスが整うことによって、内臓機能のバランス回復に役立ちます。

4、針を刺入すると、血液やリンパの流れが良くなるので、固くなっていた筋肉の緊張がほぐれて柔らかくなり、コリやハリが緩和される。

5、あまり知られていませんが、はり治療は美肌にも効果があります。針で傷つけられた細胞は修復しようと増殖します。それが細胞の活性化に繋がり、コラーゲン繊維を強くします。そのため肌の弾力が高まり、シワやたるみの予防に繋がるのです。また、血流が促進されくすみを改善、筋肉の刺激によるリフトアップ効果など、さまざまな美肌効果が期待できます。

<例えば>
肩こりの場合、

パソコンやスマホ画面の見すぎで交感神経が興奮して、筋肉の緊張が強くなる。
長い時間、同じ姿勢を取っていたために血流が悪くなる。
血流が悪くなると、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質を回収できない。
肩の筋肉が硬くなって痛む。
ここにはり治療をすることで、血流がよくなり、痛みの原因物質や、筋肉を緊張させる物質が血流によって回収される。
交感神経の興奮が抑えられて、筋肉の緊張を起こりにくくする。
となります。その仕組みはかなり複雑なものですが、はり治療をきっかけにして、人間がもともと持っている「治す力」が働いて、本来あるべき姿に戻ろうとします。

また、胃腸の不調の場合、
胃や腸の活動が低下して、消化や排出の能力が落ちている。
胃や腸の活動が上がりすぎて、胃酸が出過ぎ、胃腸を守る粘液が減って胃腸の壁が壊される。
はり治療のツボの作用によって、活動が上がりすぎた交感神経を適度に鎮めたり、活動が低下した副交感神経を適度に上げることができます。
はり治療というと肩こり・腰痛などに効くイメージを持たれている方が多いと思いますが、実は内臓の不調をよくするのも、はり治療の得意とするところです。

記事URL

施術後の好転反応について

「好転反応」という言葉を聞いた事はありますでしょうか?
東洋医学の漢方薬やあん摩、鍼灸では瞑眩反応、還元反応と呼ばれていて、治療過程においてしばしば起きる反応です。
東洋医学同様に身体を物理的に刺激するカイロプラクティックや整体施術でも、「調整反応」と呼ばれていてしばしば出現する現象です。

針灸や整体施術後は血流や神経の働きが急激に変化したり、痛みや不調のある異常なバランス状態から正常なバランスへ、治りにくい慢性的な疾患から身体を還元する変化が起こります。この身体が変化しようとする反応のことを「好転反応」「還元反応」といい下記の様々な症状が出ることがございます。
<好転反応の主な症状>
・だるい ・眠い ・倦怠感 ・のぼせ
・便秘 ・下痢 ・発汗 ・痛み ・しびれなど



痛みや不調の期間が長く、回復力が低下している方ほど、好転反応を強く感じる傾向にあります。
また、好転反応が起こっていても感じない方も多く、反応が出ないからと心配する必要はありません。
痛みは軽くなったのに、今までにない突然の変化に驚かれ、不安に感じることもあるかもしれませんが、これは身体が改善していくためのステップであり、回復に向けて動き出した証拠でもあります。回復にはリラックスして休息をとることが必要不可欠なので、好転反応が出ている間は無理をせず身体を休めてください。
「好転反応」は人によって千差万別ですが、何度か繰り返します。数回施術を受けていただき身体が改善してきますと、この好転反応は感じなくなります。

記事URL

背骨や関節をボキボキ鳴らすのって、大丈夫?

患者様から「背骨や関節をボキボキ鳴らすのって、大丈夫?」というご質問をよく受けます。
手の指や首をボキボキと鳴らす行為を良く見かけます。また、整体施術でも徒手的に背骨を鳴らして、いかにもズレを治しているようなことを言っている先生もいるという話を聞きます。

<背骨や首、指の関節をボキボキ鳴らす行為は身体にとって決してよい行為とは言えません>
 背骨や首の脊椎間、指などの各関節は骨と骨の繋ぎ部分(ジョイント)でそのほとんどが蝶番機能を持って、骨の繋ぎ目を安定した状態で動かせる様な構造になっています。
 この関節部分をボキボキと鳴らす行為は関節内部に炎症を起こさせ、肥大化(骨棘形成)させてしまったり、関節が緩んでしまう破壊行為です。(皆さんの中には、癖で指の骨をボキボキと鳴らしていて指の節の部分が太くなってしまっている方もいると思います。)
 関節は蝶番機能ですから、しっかりとネジが閉まっている状態でないと安定した動きができませんが、この関節が緩んでしまうと安定性が失われてしまい、関節周囲の筋肉を硬くして安定化を図ろうとします。この結果、関節周囲の筋肉はどんどん疲労し弱くなり、首や腰、各関節の痛みが出現します。


<背骨や各関節がボキボキ鳴る音の正体は・・・!?>
 いくつかの説がありますが、現在最も有力だと考えられているのは関節の中を液体が移動する時に出る気泡の破裂音(キャビテーション・エロージョン)気化現象・侵食だと言う説です。
 聞いた感じでは「ボキボキ」と骨同士がぶつかるような音なのに・・・?意外に感じる方も多いのではないでしょうか。

 関節はスムーズに動かせるように、潤滑油のような液体で包まれた関節包や滑膜が存在しています。
 

 本来この液体(潤滑油)は関節の動きに合わせてスムーズに移動しているのですが、関節を急に引っ張たり、曲げたりすると関節内に陰圧を起こし、真空状態となり、この時液体(潤滑油)が急激に移動して気化(キャビテーション)現象を起こします。(注射器に水を入れ口を押さえ強く引くと真空となり放すとスポンと音がして戻る) この時に発生する気泡の破裂音が周囲の軟骨、骨、関節包、腱、皮膚を共鳴することでポキッという音となるようです。

 液体が移動したくらいで本当にあんな「ポキッ」という音になるの・・・?と疑う人も多いかと思いますが、研究者がこの音をビーカー内で再現する実験を見ところ、液体の中で気泡が一気に破裂した時に聞こえた音はかなり「関節の音」に近い感じだったと言うことなんです。また、X線連続撮影で見ると、音が鳴った瞬間に、関節内に一瞬黒く気体が発生消失するのが見えるようです。

長い間、繰り返し関節に無理な圧力をかけたり気泡を発生させると、関節部分が破壊され太くなって関節運動に障害をきたしたり、太くなった部分が神経に触れてシビレが生じたりします。
背骨や関節をボキボキ鳴らすと「一時的に身体が軽くなって楽になる」とおっしゃる方もいますが、結果的には身体を壊してしまっている方や、癖になってしまってボキボキ鳴らさずにはいられなくなってしまっている方も多いように思います。

皆様もストレッチをしていて、たまたま鳴ってしまうくらいなら良いと思いますが、関節を無理やり動かして鳴らしてしまうのはやめましょう!


記事URL

鍼灸Q&A

01. 鍼灸には副作用はあるの?

鍼灸はツボを刺激して身体のバランスを整えていく治療法ですので、副作用は殆どありません。
お子さまからお年寄り、妊娠中の方でも安心して治療を受けることができます。
副作用ではありませんが、東洋医学の漢方薬やあん摩、鍼灸では「好転反応」「瞑眩反応」「還元反応」などと呼ばれていて、施術直後は血流や神経の働きが急激に変化し、痛みや不調のある異常なバランス状態から正常なバランスへ、治りにくい慢性的な疾患から身体を還元する変化が起こります。
主な症状として・・・身体がだるい、頭が痛い、重い、 眠い、発熱、発汗、めまいがする、手足がしびれる等の症状が出ることがございまが、一時的な症状で1日か2日間で改善します。


02. 鍼は痛くないですか?

基本的に鍼は痛くないものです。但し鍼特有の響く感覚が生ずる場合があります。人によってはそれを痛みと感じる場合がありますが、通常は患部にひびく感じで、なれると心地よさも出てきます。治療に用いる鍼は直径が髪の毛(0.2mm 以下)程度の細さで、先端も裁縫や注射針とは異なり、痛みをできる限り伴わない形状になっています。
 


03. 鍼は清潔?消毒されているの?

当院では"ディスポーザブル( 使い捨て)"鍼を使用しています。
消毒滅菌されて梱包されたディスポーザブル鍼は、一回使用ごとに廃棄されます。


04. 鍼をしている状態で動いても大丈夫?

刺入中は動くと痛みを感じる場合があります。できる限り動かず施術を受けてください。
皮内鍼【置き針】数日間テープで張り付けておく鍼であれば、動いたり運動したりしても大丈夫です。
皮内鍼は、身体の中には入り込まないようにできている1-5mm 程度の長さの鍼をテープで止めておくタイプのものです。色々な疾病に有効で、肥満対策に使う場合もあります。 


05. 妊娠中に鍼灸をしても大丈夫?

鍼灸は母体や胎児への副作用がないため、妊娠中の女性や投薬治療ができない方に適しています。
鍼灸によってつわりが緩和されたり、流産癖のある人が無事に出産したり、また、逆子が直ったという例もあります。
ただし、妊娠していることは治療の前に必ず伝えてください。


06. 病院での治療中や投薬中に鍼灸を受けて大丈夫?

疾病によっては、投薬と鍼灸との併用でより高い効果を望める場合もあり、欧米ではそれが標準的な考え方になりつつあります。日本でも、積極的に統合医療を推奨するケースが増えてきました。 


07. ストレスや更年期、うつ病などにも効くのですか?

鍼灸はストレスから来る様々な症状の改善に大変有効であるといわれています。また、更年期障害に伴って起こる自律神経失調症や不定愁訴(めまいや動悸、肩こり、腰痛など更年期になって起こりやすい症状)を治めるには、もっとも適している方法のひとつです。うつ病に関しては、心療内科など西洋医学との統合治療がより有効です。 


08. 痩せるツボってあるの?

痩せるとして一般的にいわれているのは耳のツボです。
耳の胃点、肺点等に鍼による通電や皮内鍼という鍼による刺激を加えると、食欲を抑制して体重減少や代謝異常を改善する可能性が推測された、という報告などがあります。しかし、ダイエットを成功させる上で一番大切なことは、正しい生活習慣を継続していくことで、鍼によるツボへの刺激はそのきっかけを作ることです。


09. 脱毛改善にも効果はあるの?

脱毛の原因は様々ですが、ストレスによる円形脱毛の人も多く、その場合はある程度の効果は期待できるでしょう。
その他が原因の場合も長期間の治療で効果がみられることもあります。 


記事URL

サプリメントは△△病、△△症に効きますか?

当院の患者様や友人、知人から「○○というサプリメントは、△△病、△△症に効きますか?」というふうによく質問されます。

健康(補助)食品、サプリメントはクスリではなく、あくまでも食品として販売されているわけですから・・・クスリとしての効果を期待するのは間違いです。
そもそも、薬としての効果がないから健康食品、サプリメントしての販売が認められているわけです。
何か特定の症状や病気に効果があると認められれば、「医薬品」として販売されています。

たとえば、「コエンザイムQ10」は、心臓の薬としての効果を期待されましたが、効果がないことが判明して健康食品として、販売が許可になりました。
同じく、「アガリスク」も抗癌剤として研究されましたが、効果がないので健康食品として売り出され、ブームになりました。

それでは、健康食品に何を期待するか?

それは、食事で十分に摂れない必須栄養素の補充です。
それ以外の効果を期待するのは間違いです。

しかし、46種類の必須栄養素 が全て満たすことができると、身体の機能が改善してきます。身体の機能が全て改善できれば、病気やさまざまな身体の不調和が改善する準備ができます。治る準備ができれば、身体は治るということです。

記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら