骨盤のゆがみが気になる方

バランス整体療法

<解決できる悩み>
肩こり・腰痛・関節痛・O脚・X脚・内また・がに股・生理不順・冷え性・むくみ・下半身太り・猫背等

料金:4000円


整体をすると症状がなぜ良くなるのかを詳しく知らない方が多いかと思います。
そもそも整体は背骨や関節をボキボキ鳴らして矯正をするものを『整体治療』と思っていませんか?

背骨をボキボキと鳴らして矯正する方法も以前はよくやられていた施術法ですが、身体に弊害を引き起こす(詳しくはこちら
背骨や関節をボキボキ鳴らすのって、大丈夫?参照)ので、現在ではあまり行われなくなっている方法です。

歪んでいて動きが悪くなっている、背骨(椎骨)や身体の各関節を整えて、姿勢や身体の悪いクセを改善させて、血液循環や神経の伝達を良くする行為を『整体』と呼んでいます。

では、その体を整える『整体』をすると身体に何が起き、どんな変化をするのかをご紹介していきます。

<整体施術のメカニズム>
体に異変があった時、整体に通うことを考える人は少なくありません。
では、整体の施術が必要な状態とはどのようなことを指すのでしょうか。
ここでは3つほどご紹介していきます。

1、歪み:一般的に歪みとは、骨格のバランスが崩れている状態のことをさしており、その骨格を正常な位置や状態に近づけることを『骨格矯正』と呼んでいます。
その施術方法は術者によっても異なりますが、左右差や関節の動きなど様々な体の部分に対して施術が行われます。
しかし、骨格矯正をしても改善しない場合もあります。
その理由として考えられるのは先天的な要因です。
生まれながらにして持っている骨格の歪みは簡単に変えることはできません。
ですが、関連している部分を整えることで症状を軽くしたり、弱点を補うことは可能です。
むしろ先天的な要因や、体の弱点が簡単に治らないからといって無視していると他の部位にまで負担がかかり今度は違う痛みや関節の動きが悪くなり障害を引き起こします。
また、体の歪みを放置したまま生活していると、体の使い方や動かし方に癖が出るので負担がかかり問題を起こしやすいです。
歪みを整えることで体をよりスムーズに動かすことができ、楽に生活を送ることが可能になります。

2、縮み:縮みとは、筋肉が硬くなっている状態のことです。
筋肉は基本的に骨から骨の関節をまたいで着いています。
そんな筋肉は、硬くなると太くなって縮んでしまう傾向にあります。
関節の構成にも大きく携わっているので、骨格の歪みを生じてしまいます。
いくら骨格矯正で歪みを取り除いても、縮みを取らなければ、また直ぐに歪みが出てしまいます。
また、筋肉が硬くなると、関節もスムーズに動かなくなることが考えられます。
ですので、筋肉の縮みを取り除くことも整体の役割です。

3、緩み:緩みは、前述の『縮み』の反対で筋肉量が少ない状態のことをいいます。
また筋肉の力そのものの出力も落ちている可能性があります。
関節の動きや骨格を維持するための能力が低下すると歪みを生じやすくなります。
関節や骨格が緩いと関節がカクカクと鳴ってしまったり、抜けるような不安定感があり、ぎっくり腰や捻挫を起こしやすい状態になります。
筋肉は硬すぎても緩みすぎてもよくありません。
ある程度の良い張りも必要です。
当たり前の健康法ですが、骨格や関節の動きを安定させるための『筋力トレーニング運動』は大切です。
縮みを抑えて、緩みずらい身体を作る為に適度な『運動』を心がけましょう。

<整体で得られる効果>
整体で身体が整うと、骨格・筋肉のバランスが調整されるので、肩凝り腰痛などの身体の不調は解消されていきます。
リラクゼーション効果による心地よい刺激で精神的ストレスも解消され、また血流も良くなり、むくみ・冷えが改善し、肌にツヤやハリがでてきて美容効果も望めます。
自律神経も整い、質の良い睡眠と内臓の回復も望めます。
自律神経は不定愁訴の原因なので、病院に行っても良くならない症状が回復することもあります。
自覚症状の無い方も、整体で思わぬ身体の不調に気づけ、体が整うと想像を超えた効果が望めることがあります。

<整体に通う頻度>
痛み・違和感などの症状がある場合や悪いクセが改善されないうちは間隔を開けずに通院しましょう。
症状がある時は歪み・縮みを身体が記憶してしまっているので、歪みを正してもすぐに戻りやすく、なかなか症状が取れません。
最低でも週1回は通うのが効果的です。
症状が落ち着いたら、少しずつ間隔を開けて、2~3週間に1回を目安に通うといいでしょう。
人間は利き腕、利き足、日常の癖などがあるので、歪まない人は本当に少ないと思います。
自己のメンテナンスでストレッチやトレーニングなどをして、ある程度、健康をキープできている方でも、月に1度くらいはメンテナンスをすると色々な症状の予防になり、健康長寿が望めると思います。
是非ご自分の体を知るために整体にかかることをお勧めします。

<整体を受けた方の声>
患者様の声を聞くと、身体の不調、肩こり・腰痛・寝違えなどが改善される声は勿論ですが、それだけでなく様々な感想を聞くことがあります。

・よく眠れるようになった
・風邪をひきにくくなった
・気力が出るようにになった
・尿漏れがなくなった
・食欲が出てきた
など、内臓、精神的な症状も改善した声も聞きます。

また、逆に整体を受けた後は身体の違和感(だるさ・眠気・のぼせ)や頭痛を感じたという声もよく聞きます。

長い間、歪み固まってしまった身体はそれが当たり前と感じています。
正常な位置に戻った時に違和感や不調・痛みになって出てきてしまうことがありますが、これを好転反応といい、良くなる過程の反応で痛みや不調の期間が長く、回復力が低下している方ほど、好転反応を強く感じる傾向にあります。
また、好転反応が起こっていても感じない方も多く、反応が出ないからと心配する必要はありません。
痛みは軽くなったのに、今までにない突然の変化に驚かれ、不安に感じることもあるかもしれませんが、これは身体が改善していくためのステップであり、回復に向けて動き出した証拠でもあります。
整体の後の回復には、適度な水分補給をしてしっかりと休息を取ると数時間~数日で症状の改善を感じることができるでしょう。好転反応が出ている間は無理をせず身体を休めてください。


整体を受けに来られる、殆どの方が何らかの歪みや縮み、緩みを持っています。
長年、このような状態を放置してしまうと、骨が変形したり、手術が必要になったり、病気になりやすくなるということも充分に考えられます。
そうなる前に是非一度整体を受けてみてはいかがでしょうか?
気がつかなかった身体の状態に気がつくことができます。
この機会に、ご自分の身体の状態を確認していただきたいと思います。

体についた「癖」「歪み」を取ろう

誰の体にもその人の生活様式や仕事で付けた“癖”があります。

人間の体というのはとても丈夫で長持ちする物です。
多少の不都合があっても自分で治してしまいますし、その人の生活に合わせて体が都合のいいように変化してくれたりします。
スポーツ選手はそのスポーツをずっと続け、その競技特性に順応した身体の癖や歪みが出てきます。
20 歳を過ぎた頃から仕事を持って、がむしゃらに働いていれば、体の構造も仕事に合わせて癖が付いてくるものです。

今は、仕事も分業化されていますので、立って仕事している人は一日立ちっ放しで、座って仕事している人は一日座りっ放しといった生活がずっと続きます。
農家の仕事は屈み仕事がとっても多く、様々な技術者は極端に専門化した仕事を一日するわけです。
車に乗る人は一日中乗りっ放し・・・。
家事でも毎日毎日同じ動作の繰り返し・・・部屋やキッチンに構造によっては、毎日決まった方向への動きを繰り返しているうちに、身体に癖や歪みを生じます。

一生懸命仕事をすればするほど、体はその仕事に都合のいいように形を変えていくのです。
つまり体は、人それぞれに癖が付き、歪んでくるのです。
癖が付いたということは、ある動き、ある姿勢などに都合がいいのですが、別の動きや姿勢には全く合わず、ぎこちなかったり、動かなかったり、痛みが出たりします。

昔は分業などということはなく、生活に必要なあらゆる事を自分の手や足でしました。
人間の体に許されたあらゆる動き、姿勢を生活の中で行ったわけです。
“歩行”という運動の大切さ“健康で楽しく生活するため”には、偏った生活をして、体に癖を付けたことを考え、まずその癖=歪みを取ることが大切です。

癖を取るとは、人間の基本構造に戻るということです。

そして、基本構造に戻るためには、人間の基本構造を作り上げた“歩行”という運動をすることです。
歩行は人間の基本運動、生理運動と言われています。
そもそも動物は皆、移動を繰り返して捕食しています。
歩くという移動形式を取らずに捕食できるのは現代人だけです。
人間の身体は、長時間座っていたり、車や自転車に乗って適応できるような構造にはなっていません。
人類の長い歴史の中で長時間座っている生活様式になっているのは現代だけなのです。
立って歩くことが、人間本来の体をもう一度作り上げる一番簡単な方法です。
もちろん長い時間歩けないほど、癖や歪みが付いてしまっている場合は、整体療法で癖・歪みを取ってから歩くようにしましょう。

バランス整体療法の実際

痛みや不調の原因を 足底 ⇒ 骨盤 ⇒ 脊柱のバランス機構から究明し、身体のバランスを調整することにより、根本原因を取り除きます。
当院の整体施術はボキボキ、バキバキではなく痛くない、怖くない安全な整体です。

身体の歪み・バランスを整えるには?⇒詳しくはこちら

足裏バランス機構(骨盤のゆがみの根本原因は足裏のバランスにあった!参照)検査から脊柱や骨盤の歪みを前後左右対称により近くなるように軽い刺激により矯正します。


左右の足裏に均等な荷重がかかることにより、歪みが改善して背筋が伸び姿勢が良くなってきます。
カイロプラクティック技術のDRT(ダブルハンドリコイルテクニック)という療法を用いまして、骨盤・背骨を揺らすことにより脊柱や骨盤の歪み、各関節の動きの偏り、姿勢の悪い癖を改善すると共に、脳や脊髄に循環している脳脊髄液の流れを良くして、神経や血液の流れを改善し、人間が本来もっている自然治癒力や免疫力を高め、身体の不調を改善していく施術方法です。
無理に骨をボキボキと鳴らすような矯正は致しませんのでご安心下さい。
特に症状が固定して慢性化の傾向がある方にお勧めします。




骨盤は腸骨・坐骨・仙骨・恥骨・尾骨の5つの骨によって構成されています。
このうち、仙骨と腸骨の間の仙腸関節という関節がとても重要になってきます。
骨盤が歪むというのはこの仙腸関節の事をさします。
この仙腸関節は、上半身の過重を受け、歩行やジャンプなど下からの突き上げなどの力を干渉するような構造になっています。
このため、不自然な姿勢や不自然な歩き方等により、仙腸関節の歪みが生じます。


 
骨盤が前に傾き過ぎて、猫背になり背骨より頭が前に出すぎて、あごがあがってしまっている。
垂線より前傾3度で膝の前側と土踏まず母指球側に重心が落ちてくることが理想的。
重心がかかとに乗ってしまい、骨盤が後ろに傾いてしまい、お腹がボッコリ出てしまっている。産後に多い姿勢。

 

脊椎や骨盤が歪むと・・・

スタイルの変化だけではなく、様々な症状が現れます。

■ぽっこりお腹  ■猫背(円背)  ■お尻が垂れる  ■下半身太り  
■生理不順、生理痛  ■冷え性、むくみ  ■関節痛・腰痛・肩こり



整体でこんな変化が・・・


■姿勢が良くなりスタイルが良く見える  ■ヒップアップ  
■ヒップ・ウエスト・脚のスリム効果  ■生理痛、むくみ、冷え性が改善される  
■肩こり・腰痛が改善される  ■ダイエットの効果が出やすくなる

骨盤矯正でダイエット!?

骨盤ダイエットという言葉が流行っていますが、骨盤矯正だけで脂肪が減るわけではありません。
しかし、骨盤が何らかの理由で歪んでしまうと内臓等の位置変化が起こり、代謝が悪くなり、腹部やウエストラインに贅肉が付きやすくなってしまいます。

骨盤矯正・整体ダイエットのうれしい効果!

整体によって骨盤の傾きや歪みが改善されると、代謝が良くなり、ダイエットの成果が出やすくなる!
という期待はできます。
実際にダイエットと整体の組み合わせより、サイズダウンに成功される方も多いですよ!


<産後の骨盤矯正>
いつから始めれば良いの?

産後の骨盤矯正は、産後2ヶ月経過した後から
出産時のダメージを回復させることからスタートさせます。
産後3ヵ月経過したあたりから、ケアだけでなく、運動も取り入れます。
産後のゆるんだお腹や身体には当院のバランス整体施術は効果的です。

産後の骨盤矯正はいつからいつまで?
目安として出産から半年~1年くらいまでの間が最も効果が出やすい時期になります。
出産のときは例によって、骨盤が人生で最大級に緩んで広がりますが、
よ~く開いた骨盤は、よ~く閉じてくれますので、出産ダメージがしっかり回復している場合は、通常の2倍の速さで骨盤矯正が可能です。

また、出産経験がない人や、産後1年以上が経過した人でも充分に改善が出るような施術をいたします。
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒133-0065
東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 1階

■最寄駅
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分

■診療時間
【平日】
9:00~12:00/14:30~20:00
【土・日・祝】
9:00~12:00/14:30~18:00
※完全予約制

■休診日
水曜日※急患の方は随時予約受付いたします。

お問い合わせ 詳しくはこちら