健康長寿を延ばす秘訣 第一弾

前回のブログ記事では「健康長寿を延ばす秘訣は」として下記の3つを上げました。

1、生活習慣病予防 = 食事管理・肥満対策

2、生涯続けられる「運動」= 歩くこと

3、質の高い「睡眠」

そして、生活習慣病の改善や予防は簡単なことではありません。

と言うところまでお話ししました。前回記事は→こちらから

なお、今回もこのページの最後には当院の自費診療施術料の5%を割引する「合言葉」を記載していますので、最後までお読みください。

 

改善の余地がある生活習慣の具体例として、下記のようなことがあげられます。

みなさんは当てはまるものはありますか?

☑自分は病気にならないと思っている。

☑毎日忙しく過ごしていて、健康管理に関心がない。

☑痩せたいと思っていても、ついついお腹いっぱい食べてしまう。

☑偏食と分かっていても、好きなものばかり食べてしまう。

☑お酒、タバコやお菓子などの嗜好品を制限できない。

☑生活が忙しく睡眠や運動の時間を確保できない。

☑一時は生活習慣の改善に取り組むものの、効果が実感できるまでに時間がかかるため、いつのまにかやめてしまっている。

当院にダイエット相談に来られるお客様にも、上記に当てはまることが多く耳にします。

 

日々ズルズルと生活習慣を変えられないうちに病が進行し、気づいたときには合併症を伴って深刻化・・・。

そんな事態を避けるには、一体どうすればいいのでしょう?

無理なく始められる健康マネジメントのコツを紹介します。

 

生活習慣を改善するいちばんのコツは、いきなり大きく変えるのではなく、できることから少しずつ取り組むことです。

今回は「生活習慣病の予防」第一弾として<食生活編>をお伝えします。

毎日の食事は健康な身体への土台となります。

食べ過ぎは肥満や生活習慣病の元になることは、もう皆さんよくご存じだと思います。

偏った食事は、すぐに何かの病気になって現れるというわけではありません。

しかし、食事の乱れは血液の乱れにつながります。

血液の乱れはイライラ、肩こり、頭痛、冷え性などの症状を引き起こします。さらに排泄障害を起こし、便秘、肌荒れ、慢性的な腰痛に・・・

ついには内臓機能の低下につながり、疲れ、だるさ、生理不順、やる気の減退などに陥ります。

その結果がガン、脳卒中、糖尿病などの深刻な生活習慣病にかかってしまうのです。

ここに至るまで、およそ10年かかると言われます。
つまり10年間ずっと半健康状態のまま、気づかず過ごしているわけです。

また・・・塩分、糖分、脂肪分の過剰摂取は、循環器疾患、脳血管疾患などのリスクを高めます。

一方、痩せ過ぎても、骨密度減少や虚弱体質で風邪などをひきやすくなります。

野菜や果物などからビタミンを摂取し、キノコ類や海藻類からミネラル類を摂取して、毎日の食事で、栄養バランスのとれた適切な量で適正体重の維持を心がけましょう。

今すぐ始められる小さな一歩をやってみよう!】
1、外食時には、「副菜の小鉢」を1品、コンビニでは「ヨーグルト・卵・サラダ」を追加しましょう。

丼物や麺類、コンビニのパンなど単品で済ませてしまうと、お腹はいっぱいになっても、栄養バランスは偏りがちになります。

野菜や乳製品など一品プラスして、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を補いましょう。

2、朝食を食べる習慣をつけましょう。
朝食を抜くと、高血圧、糖尿病、高コレステロールのリスクが高まります。

朝食でバランスの良い食事をとることができれば、昼食の「ドカ食い」を防げるほか、エネルギーを消費しやすい体になり、肥満の防止につながります。

自宅でしっかりと朝食を用意できる方は良いですが・・
朝忙しい方は、お気に入りのカフェや喫茶店でのモーニングを利用してみてはいかがでしょう?

【まとめ】

食生活の乱れは、すぐに病気になって現れることはありませんが、大病につながる一因です。

10年後も健康で元気な身体を維持するために、まずは「今すぐ始められる小さな一歩」をやってみましょう!

次回は<運動>についてお伝えします。

——————————————————————————————————-
これ以上太りたくない方
生活習慣を見直したい方
カラダとこころを根本的に整えたい方は

まずは「体験コース」にお越しください。
あなたの生活習慣をカウンセリングし、あなたに合った「改善プログラム」をカスタマイズして、ご提案させていただきます。
【初回料金】1,980

ご予約はこちら⇒

 

 

今回のBLOGの‘‘合言葉,,は今すぐ始められる小さな一歩

ご来院の際にこの「合言葉」を言ってくださいましたら、自費診療の施術料の5%をサービスさせていただきますので、必ずお伝えください。