長寿健康を祈る「七草粥」

お粥に、春の七草と呼ばれる、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種類の野草が入った「七草粥」。

*画像はお借りしました

この七草粥は、今日1月7日に食べるのが習わしです。

七草粥を食べる風習は、中国から始まったとされています。

中国の前漢(紀元前)の時代に、「元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀」と、日にちを動物や人に見立てた占いが行われていました。

唐の時代になると、1月7日の「人日(人の日)」に、「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という七種類の野菜を入れた汁物を食べて、無病息災を祈っていたそうです。

胃腸を休める七草粥

七草粥は、無病息災、長寿健康を願って食べますが、そのほかにも食べる理由があります。

それは、お正月のご馳走で疲れた胃腸を七草粥で休ませることです。

春の七草野菜には、胃腸をはじめ内蔵をいたわる作用があるとされています。

*画像はお借りしました

<七草粥に入れる野菜>
芹(せり) ……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
薺(なずな) ……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
御形(ごぎょう) ……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
繫縷(はこべら) ……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
仏の座(ほとけのざ) ……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
菘(すずな) ……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
蘿蔔(すずしろ) ……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。