外反母趾・足指の変形で「歩けなくなることへの不安」

ご高齢になればなるほど、

そして、足、膝、腰が痛くなればなるほど「歩けなくなることへの不安」が大きくなりますよね。

 

先日、外反母趾と膝のO脚変形でお悩みでご来院されたKさん(55歳 女性)

現在は、特に痛みもなく、歩くことへの不安もないようですが、、、

介護施設にお勤めになっていて、施設で寝たきりの状態だったり、車いすの生活をしている利用者様のほとんどが、足の指や膝が酷く変形しているのを毎日見ているうちに、、、

「自分もいつか歩けなくなるのでは?」っと不安になって、ご来院されたとのことでした。

 

わたしも今年のコロナ騒動になる前までは、老人ホームや介護施設への往診に出向いたり、

ボランティア活動で、ボーイスカウトの子供たちを連れて、高齢者との交流会等に行く機会が多かったのですが、、、

筋肉が萎縮すると関節が変形する

施設を利用されている方のほぼ全員と言って過言ではありません。

足指の変形が酷い状態なのを目の当たり見てきています。

 

介護施設での生活のほとんどは、車イスで移動していますので、足を地面に着くことがほとんどない状態で生活しています。

当然と言えば当然なのですが、、、足・指の筋肉を使わないでいると、筋肉が萎縮してしまい、関節の変形が酷くなります。

 

今回ご来院された介護職のKさんも、毎日、あの酷い変形状態を見ていたら不安になるのも当然です。

まずは、足指をしっかりと動かすことをご指導し、正しい歩き方と正しい靴選びをレクチャーしました。

実は足の指・足首・ひざの変形の原因は

外反母趾で、親指が外側へ曲がってしまったり、内反小趾で小指が内側へ曲がってしまう原因は、、、

実は親指や小指そのものではありません。

「歩き方」と「靴の選び方」が間違っていることが原因です。

「歩き方」とは・・・足の着き方~地面からの離し方が不安定であり、指が曲がるような歩き方、痛くなるような歩き方、筋肉の使い方をしているということです。

この「歩き方」の間違えは、外反母趾に限らず、内反小趾、ハンマートゥ(槌状)変形、足関節、膝関節、股関節の変形の方にも共通して診られます。

そして、、、足指やひざの関節が変形してしまう方は共通して、「靴の選び方」が間違っています。

特に、子供の頃から適性サイズよりも、「大きめ」の靴を履いている傾向があります。

「大きめの靴」や「サンダル履き」は特に足の着き方~地面からの離し方が不安定になり、指が曲がるような歩き方、痛くなるような歩き方をしてしまいます。

正しい靴の選び方は⇒こちらのブログへ

 

足の筋肉を使わないでいると、いずれは「歩けなくなります」

今回ご来院された外反母趾のKさんもいままでは、足指が痛くなることを恐れて、通勤も買い物も自転車ばかりで、歩くことが少なかったようですので、、、

まずは、ゆっくりとした速度で踵の着地~足指離地だけを考えて、

1日20分間のウォーキングをお勧めしました。

車や自転車ばかり乗っていて歩かない、足の筋肉を使わないでいると、いずれは筋肉が萎縮して、関節の変形を起こし「歩けなくなります」!

足指運動はこちらの動画をご覧ください。⇒足指力エクササイズ動画

※音が出ますので、音量を調節した上でご覧ください。