交通事故の施術について

自己負担金は0円

当院では交通事故の治療も行っております。

こんなお悩みはありませんか?

  • 病院では異常なしと言われたが、カラダの調子が悪い。
  • むちうち症で通院していたが、どこへ行っても良くならなかった。
  • 交通事故に遭った後、どうしていいか分からない。誰に相談して良いかわからない。

交通事故のそのつらい症状当院で治せます。

 
頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・手や指のしびれ・首や肩の違和感・・・その原因はむち打ちかもしれません。
 
まずは一度、病院・整形外科での精密検査をお勧めします。
 
しかし・・・通っていても湿布と電気を当てて「様子を見てみましょう」で終わりという事が多く、結局完治する前に治療を打ち切られるケースがあります。

当院では、事故による身体全体に生じた歪みを調整する整体で首だけの治療でなく、身体を一単位とした治療を行っています。

交通事故後の治療は自己負担0円!

自賠責保険が適用可能な為、基本的に治療費の自己負担金は0円です。
面倒な保険会社との手続きも当院で対応いたしますのでご安心ください。
さらに、法律事務所が提携でおりますので示談交渉や慰謝料の交渉などすべてサポートしたします。

病院・整形外科からの転院について

今の治療に満足されていますか?
 
整形外科では、
「むち打ちなど交通事故の治療をしてくれない」
「レントゲン検査をしただけで、湿布薬をもらっただけで終わってしまった」
「痛いのにどこも悪くないと治療してくれない」といって、当院へ転院される患者様が多くいらっしゃいます。
 
交通事故の治療は保険会社により3~6ヶ月で打ち切られるケースがほとんどです。
少しでも痛みや悩みから解放された、普段通りの生活に戻るには、適正な治療が必要です。
当院では整骨院の主に扱う捻挫・骨折・打撲の治療を軸とした治療から、整体の技術を使った全身の調整を行います。つまり、痛みの原因から治します。
 
病院・整形外科からの転院をご希望の方は、先ず保険会社に当院に通院したい旨を連絡をしてから、当院にご連絡ください。
 
なお、担当の保険会社により通院する病院を指定してくることがありますが、必ずしもその病院に通わなければならない義務はありません。
しかし、後のトラブルを避ける意味でも、保険会社に通院先を通知しておくことが推奨されます。

病院・整形外科からの転院、整形外科と当院の併院(両方の院に通う事)も可能ですのでご相談ください。

 

交通事故にあってしまったら・・・

突然の交通事故で何を誰に連絡すればいいかパニックになってしまう方も多いようです。
事前にどのような流れで手続きが必要なのかなどをこちらでご説明致します。
 

1.警察に連絡する

もしも自動車事故にあってしまったら、まずは気持ちを落ち着かせ、ケガをされた方の救護や道路上の危険防止措置を取ったうえで、警察への連絡を行ってください。
 

2.相手方の確認

相手方の住所・氏名・連絡先、車両の登録番号を確認します。
免許証等で確認しておくとよいでしょう。

 

3.事故状況の確認

事故の直後は加害者が過失を認めていたとしても、あとで言い分をひっくり返すことがあります。

そのため、現場では「どういう事故だったのか」、「どちらが悪かったのか」、「何が原因だったのか」ということを確認しておき、警察が来たら事故状況を話してください。

また、事故が起きた場所の確認も大切です。

例えば、交差点のどの位置での事故だったのかなど、あとで争いになることがあります。
自動車が止まっている位置や損傷の程度などの現場の状況を、携帯電話やスマートフォンで撮影しておくと、あとで大きな証拠になります。

なお、救急搬送されてその場での状況説明ができない場合は、なるべく早く被害者立会の実況見分調書を作成してもらうように申し出た方がよいでしょう。

目撃者がいる場合、「氏名」、「住所」、「連絡先」などを確認して、協力をお願いしておきましょう。
加害者は、事故直後は責任を認めていても、あとになって異なる主張をすることがあります。
そうした場合、目撃者の証言は有効な材料になります。

 

4.加害者が加入している「自賠責保険」と「任意保険」の確認

「自賠責保険」は、自動車損害賠償保障法に基づいて必ず加入しなければならない強制保険です。
これは人身事故による損害の保障を目的としているもので、保障内容は最低限の保障になっています。

「任意保険」は、ドライバーが任意で加入する保険です。
交通事故で被害を受けた場合、通常、自賠責保険の保障だけでは損害賠償金を全額保証することは難しいため、これを補うために任意保険に加入することになります。

また、治療費や慰謝料などを含めた損害賠償金は、加害者が加入している保険会社が支払うことになるので、保険会社名や保険の証明書番号などもメモしておきましょう。

なお、事故後の対応は加害者本人ではなく、加害者が加入している任意保険会社が行うことが多いです。
ですから、事故後には加害者には保険会社に連絡をしてもらうようにしてください。

 

5.病院にて医師の診断

ケガをした、もしくはそのおそれがある場合は必ず病院に行ってください。
事故直後は動揺していたり、興奮状態のために体の痛みに気づかないことがあります。
ところが、むち打ち症のように数日後に症状が現れるものもあります。
事故後すぐに病院に行かなかったばかりに、あとで出た痛みと事故との因果関係が認められず、争いが起こるケースがあります。
交通事故で不利にならないためには、病院に行って医師の診断書をもらってください。