歩き方も身体を映し出す鏡

江戸川区唯一の足整療法士「足のスペシャリスト」あすなろ鍼灸整骨院 岩本です。 

前回のブログでは、「足はカラダを映し出す鏡」であることをお伝えしました。

歩き方もカラダの異常、不調が映し出されます。

歩くこと、歩き方の変化で体調が変わる!

当院では、外反母趾や関節痛、腰痛をはじめ肩こり、背中の痛み、首などの症状や頭痛、めまいを訴えて来院される患者様でも、

毎回「歩き方診断」をするようにしています。

当院に何回か通院されて、足の着き方、離し方のレクチャーを受けた患者様は大概、、、

「街中で歩く人の歩き方がすごく気なるようになった」

「変な歩き方する人が目に付くようになった」

「あんな靴を履いて、カラダ大丈夫?無理してない⁈」

と、家族や他人の歩き方や靴に気に留めるようになります。

*画像はお借りしました

当院の患者様は通院して、歩き方指導を受けるたびに、「歩き方」と「靴」への意識が変わってきています。

足の着き方、地面から離し方で身体の痛みが改善することを実感できています。

歩き方、歩く姿勢で身体に起こる不調が判る

腰痛、股関節、膝関節、足関節痛、外反母趾を患っている方々の原因の一つに距骨(足部の骨の一部)の歪み、変位があります。

*画像はお借りしました

この距骨が歪んだり、変位(ずれる)を起こすと、その上に存在する膝関節、股関節、骨盤、腰へと歪みが連鎖して(上行性連鎖といいます)カラダ全体の痛みや不調になります。

以前、当院に坐骨神経痛で来院されたTさん(女性58歳)は友人がウォーキングで坐骨神経痛が治ったことを聞き、自分も歩けば治るだろうと思い込み。足が痛いのにもかかわらず毎日1万歩のウォーキングをしていたそうですが、一向に改善されず、当院にお越しになりました。

歩き方と距骨の状態をチェックしたところ、足首(距骨)がグラグラと揺れてしまい、上体はその揺れを回避するように固めて、いわゆる猫背状態になっていました。

これでは、治るどころか他の箇所まで痛めてしまう結果になります。

カラダの土台である「足」が不安定な状態で、歩いてしまうと「歩き方」もおかしくなり、治るものも一向に治りませんのでご注意ください。

足腰や歩き方に不安がある方、長年痛みが続いたいる方は一度当院にご相談ください。

ご予約はこちらから ⇒