〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町3丁目15-2 1階
都営新宿線瑞江駅徒歩5分 駐車場:コインパーキング30分駐車券あり

  日祝
9:00~12:00 ×
14:30~19:30 ×

土曜・日曜・祝日は18:00まで受付※第2日曜は定休日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-84-3320

※尚、診療時間中の業者の方の営業、
売り込み電話は固くお断りいたします。

子どもの【足】の痛み
スポーツ障害

江戸川区外反母趾整体『あすなろ鍼灸整骨院』へようこそ。

江戸川区で唯一の足整療法士である足のスペシャリスト
【足の専門家】が、外反母趾・O脚・姿勢・歩行の不安・腰痛・膝痛のお悩みを、足元から根本的に健康へ導きます。

【当院は膝のトラブル・足のトラブル・すねの痛み・足指の痛みの改善を得意としています】

是非お気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

 

お子さんの足の痛みでこんなお困りはありませんか?

※画像はお借りしました

  • 足をぶつけたり、捻ったりしたわけではないのに原因がわからず、痛みを訴えている
  • 何かの運動やスポーツを行った後、夜間~翌朝に痛みを訴えることが多い
  • 膝を曲げたり伸ばしたりすると膝の下の部分に痛みを訴えることがある
  • 安静にしていてもズキズキとした痛みを訴えることがある
  • 痛みの周期が週1回~数回程度の不定期であり、痛みの持続が数時間以内である。

    ✓足の専門家の当院ならそのお悩みを改善できます!

お子様の理由のわからない足の痛み

話を聞いても原因らしきものがなく、夜間あれだけ痛がっていたのに、翌朝は何事もなかったように「ケロッ」としている?

様々なケースを想定しなければなりませんが、お子さんの状態は次のような事柄に当てはまらないでしょうか?

✓お子さんの年齢が3~12歳あたりである。

✓痛みの訴えが夕方~夜間~朝方に多い。

✓痛みを訴えるのが週1回~週2回程度の不定期であり、痛みの持続が数時間以内である。

✓痛みを訴える箇所が毎回違うことがある。

上記の状態が重なる場合、お子さんの足の痛みの訴えはいわゆる【成長痛】といわれる症状の可能性があります。

【成長痛】とは

【成長痛】とは医学的に確立された疾患名ではなく、「成長期に起こる子どもの足(下肢)の特有の症状や特徴をもつ痛み」の総称です。

3歳〜12歳頃までの子どもが、夕方から夜間にかけて足の痛みを訴える病態で、しばらくすると自然に痛みが治まります。

現在のところ、原因はわかっていません。

骨の成長による痛みだという意見もあるようですが、生物学的に骨の成長に伴う痛みは存在しませんし、身長の伸びが旺盛な時期に生じるわけでもないので、今は様々な推論を検証しているのが実情です。

スポーツなど運動のしすぎで足が痛くなることを成長痛と呼んでいる人がいますが、これは成長期に起こるオーバーユース【使いすぎ症候群】で、成長痛ではありません。

骨や筋肉が未熟な成長期には【使いすぎ症候群】になりやすいため、注意が必要です。


【成長痛】については、いまだにわかっていない部分も多く、対処方法も多岐にわたります。

一般的には成長痛の原因は、日中の疲労や精神的なストレス・不安が痛みの原因になるといわれていますので、親御さんがお子さんと積極的にコミュニケーションを図り、心身ともに安心感を与えてあげることが大切になってきます。

具体的には痛い部分を軽くさすってあげたり、温めてあげたり、湿布をしてあげる、一緒にストレッチをするのもコミュニケーションと疲労回復を図る良い方法です。

子供の下肢スポーツ障害

成長期のスポーツ障害として知られる、膝の「オスグッド病」や踵の「シーバー病」などは、はっきりと原因や所見のわかる疾患名であり、成長痛とは本来意味合いが異なるものです。

  • 1
    オスグッド病

    小中学生男子に多い膝のオーバーユース【使いすぎ症候群】による成長期のスポーツ障害の一つです。膝の皿の下の部分の腫れ、圧痛(押すと痛いこと)、歩行時痛が主な症状です。
    成長期は急に身長が増加して、骨も急激に成長を遂げますが、残念ながら筋や腱などの軟部組織は同じようには成長しません。結果的に筋肉が硬くなってしまう時期でもあります。そのために太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性が低下して、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による膝蓋骨(お皿の骨)を引っ張る力が脛骨粗面という箇所に加わります。成長期の脛骨粗面には骨が成長するために必要な新しい骨(骨端核)が存在していますが、大腿四頭筋による強大な牽引力が負担となり、骨端核の発育が阻害され突出して炎症しを起こし痛みを引き起こします。 
  • 2
     
    シーバー病(セーバー病)

    別名【踵骨骨端症】(しょうこつこったんしょう)とも呼ばれるこの疾患は、成長期の子供のかかと部分によく見られるスポーツ障害の一つです。10~13歳くらいに好発し、踵の軽い腫れ、圧痛(押すと痛いこと)、歩行時痛が主な症状です。
    成長期の子供のかかとの骨(踵骨)には「成長軟骨」があり、「踵骨骨端核」と分かれています。大人になると、この成長軟骨が骨化して、踵骨骨端核も合わさって1つのかかとの骨(踵骨)になります。つまり子供のかかとの骨は大人よりも脆いのです。
    この踵骨骨端核にアキレス腱が付着しています。そこに運動によりアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨骨端核周辺で炎症を起こして痛みを引き起こします。 
  • 3
    有痛性外脛骨

    外脛骨とは足の内側の舟状骨という骨に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。
    多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。
    子供~若年性のスポーツ障害として数多く見られる疾患の一つですが、成人になって疼痛が発症することも少なくありません。足部内側(内くるぶしの下の部分)に軽い腫れ、圧痛(押すと痛いこと)、歩行時痛が主な症状です。骨性の隆起(骨が出っ張る)が認められ、扁平足を伴うことがほとんどです。

画像はネットから拝借しました

子供の下肢スポーツ障害の原因

走りすぎ、ジャンプの時の膝の屈伸、捻じれ動作のやり過ぎ【オーバーユース:使いすぎ症候群】が主な原因と言われていますが、個々によって運動強度や耐えれる負荷量も違い、同じ練習をしていても痛みが起きやすい人と起きにくい人がいます。

また、ランニングフォームやジャンプ動作時の姿勢の崩れや膝の曲げ方や伸ばし方の不良動作<エラーユース>でも発症する恐れがあります。

以下の要素を含んでいる場合は、より症状が出やすくなります。

  • 1
    下肢の形態異常(O脚X脚、過回内足、扁平足)

    膝の形態異常(O脚X脚)や足部が過剰に回内していたり、扁平足の場合は足部のアーチ機能】が低下する事で、衝撃を吸収する能力も低下します。その負担は、膝の皿の下側の膝蓋靭帯へ必要以上に牽引力(引っ張られる力)がかかり、筋肉の疲労から柔軟性の低下や筋肉自体の出力の低下を招いてしまいます。
     
O脚
過回内足
扁平足
土踏まず
足裏アーチ構造

※画像はお借りしました

【足部アーチ機能】

足裏のアーチは

1、内側縦アーチ
2、外側縦アーチ
3、横アーチ

この3つが足のバランスを保っています。

この足裏のアーチが崩れて破綻した偏平足では、クッションやバネの役割が失われるため、すねの内側に負担がかかり炎症症状を引き起こします。

 

スポーツ障害の炎症反応を起こしやすいお子様や、
足の親指が外側へ曲がる「外反母趾」、小指が内側に曲がる「内反小趾」、指先が槌状に曲がるハンマートゥ変形、足裏や足指にタコやマメができてしまう人も、足裏のアーチが崩れて破綻していることが多いです。

膝周囲の筋肉・腱の部分は、ジャンプする時と着地の時の荷重による衝撃(圧迫力)や引っ張り合う力(牽引力)などの強いストレスがかかります。

そのため、繰り返しのジャンプ、体重増加、合わない靴、膝の使い方、フォームの崩れなどで炎症を起こしやするなります。

そして、繰り返しストレスがかかることにより激しい痛みが出現するようになります。

  • 2

    筋・腱の柔軟性不足・筋力不足
    ウォーミングアップ不足や筋力のアンバランス、骨の成長と筋の伸びとのアンバランスが、からだの柔軟性が低下したり、筋力が不足していると痛みを発生させます。
  • 3
    練習環境や運動量の変化

    土や芝生のグラウンドとアスファルト・人工芝では、アスファルト・人工芝のほうが体への負担は大きくなります。それ以外にも、固いグラウンドや不整地な路面は足の負担を大きくします。練習環境の変化や練習量の増加も足の疲労を蓄積することとなり、リスクが大きく変わってきます。結果として、痛みの誘発や、悪化させることに繋がります。
  • 4
    シューズの問題

    長くシューズを履いていると、かかとのソールのすり減りなどにより靴自体がアンバランスになったり、クッション性や反発性が低下してきます。それにより、本来できている正常な動きに影響を及ぼし、足の負担が大きくなります。
    また、根本的な問題として自分の足に合わないシューズを履くことも痛みの原因となります。サイズ感だけで無く、かかとのフィット感などが合っているのかを確認することも大切です。
    どれだけストレッチやセルフケアができていても、機能を果たせていないシューズを履いているだけで、ケガをしたり膝周囲のスポーツ障害を引き起こしてしまうのです。

一般的な対処法


一般的な対処方法としては、
 
①まず、練習量(ランニング・ジャンプ動作)や痛みが出る動きを減らし、安静にして局所に腫れや熱感などの炎症がある場合は氷嚢、保冷材などで冷やす(アイシング)。消炎鎮痛作用のある冷湿布などで炎症を抑える。
 
②炎症(腫れ、熱感、押しての痛み)が収まってきたら、足指、足首から動かしていき、ふくらはぎの筋肉、太ももの後ろ側(ハムストリングス)、内側(内転筋群)、前側の筋肉(大腿四頭筋)をのばしてストレッチをする。
 
③鵞足部分を押して痛みが無いようだったら、周囲の筋肉を指でほぐし(マッサージ)て柔らかくする。
 
④靴を自分の足型、サイズのピッタリしたもの、クッション性があるものに変える。
 

但し、スポーツ障害は一度炎症や痛みが収まったとしても、練習を再開して筋疲労など負担がかかってくると再発しやすく、足部の異常な動きや足首の硬さを根本的に改善しないと完治しきらないことがよくあります。

当院での施術方法

当院にはスポーツ障害でお困りのアスリートが数多く来院されています。
【足のトラブル・スポーツ障害・ひざの痛みの改善を得意としています】


ご相談に来られる方の多くは「そのうち良くなるだろう」と思っていたけど、数週間経っても、中には数ヵ月経っても一時的に痛みが改善することはあっても、運動を開始するとまた痛みがぶり返して、競技を続けることに不安を感じている方も少なくありません。


あまりにも痛みが改善せずに、不安になって整形外科に行ったにも関わらず安静にして、湿布を貼ることだけ伝えられて、「走るな」「ジャンプをするな」と言われてもと・・・さらに不安になって当院に来院された方も少なくありません。


なぜ、運動中止して安静にしていたにもかかわらず、また走ってみると痛みが出てきてしまう。

なぜ完治しきらないのでしょう?
 

それは根本的な原因が改善されていないからです。

子どもの足は、靴のすり減りやジャンプの反復運動で必ず負担がかかるところなので、湿布やストレッチをして一時的に良くなったとしてもすぐに痛みは戻ります。

下肢の形態異常やエラー動作などの根本原因から解決しなければ改善されません。


足裏の3つのアーチ構造は、他の動物にはない、二足歩行する人間にだけ備わっている機能的な構造です。
このアーチ構造がクッションの役割をしているため、痛みを取り去る施術と足のアーチ構造を改善させていく必要があります。

このことから考察すると、「歩き方」「走り方」「運動姿勢」「反復動作」「履いている靴」を根本的に見直さなければなりません。

さらに、アーチ構造は足の着き方や蹴り出し方が悪いと構造が崩れてしまうため、足を整えるだけではなく、足の付け根である股関節や骨盤の動き方から見ていく必要があります。

そこまで、考えて施術する必要があるので、湿布を貼ったりストレッチをするだけでは改善されない、もしくは痛みを繰り返す結果になります。


当院では炎症を起こし、痛くなっている根本原因をしっかりと見極めてから施術に入ります。

歩き方、履いている靴からチェックさせていただき、
カウンセリングや徒手検査から過去から現在までどのように足に負担をかけてきたのか?

という事を考察した上で、今の体がどんな状態なのかを確認していきます。

 

足部や膝のスポーツ障害を起こしやすい人ほど、
痛みの原因である足裏アーチ機能の低下や足首の硬さが見られます。

足裏アーチの機能改善や足首の硬さの改善には、足首の関節の真ん中にある「距骨」を矯正する必要があります。

 

当院の施術は足首矯正だけではなく、筋肉の緊張をとる施術や歩き方、動作の悪い癖の改善のためのトレーニングや足整板(インソール)療法と組み合わせて施術を行います。

しっかりと根本原因を考察し、適切なアプローチを行うことで痛みを必ず改善させて、再発を予防していきます。

 

「あなたのための」足整板<インソール>療法
 1つでも当てはまっていれば改善できます!

  • 外反母趾・内反小趾・偏平足・X脚・O脚の方
  • 長い期間、足首・膝・股関節・腰の痛みを抱えている
  • 足が痛くて長時間歩くことができない
  • 足のむくみ、ふくらはぎの疲労感
  • 過去に足の骨折や捻挫をして、変形や違和感がある
  • 足指のしびれ(モートン病)
  • スポーツ中に足の痛みや違和感がある
  • スポーツ障害:シンスプリント、ジャンパー膝、足底腱膜炎
お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-84-3320
受付時間
9:00~12:00/14:30~19:30
定休日
水曜、第2日曜(変更有)

お気軽に
お問合せください

お電話でのご相談・お問合せ
ご予約専用フリーダイヤル

0120-84-3320

<受付時間>
9:00~12:00/14:30~19:30
※水曜、第2日曜は除く

フォームは24時間受付中です。

公式LINE

健康情報・お得クーポンGet!!

公式LINEお友達登録の上、アンケートに回答していただくとお得な割引クーポンプレゼント中

LINEにて個別の相談も
承っております

新着情報・お知らせ

2024/4/23
【5月の休診日】
4日(土)・ 25日(土)       
1日、8日、15日、22日、29日水曜日は午後3時から6時まで予約受付いたします。
 
 
2024/4/5
ブログ更新
内股歩きから生じる身体へのデメリット
 

あすなろ鍼灸整骨院

住所

〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町3丁目15-2 1階

アクセス

都営新宿線瑞江駅徒歩5分 駐車場:コインパーキング30分駐車券あり

受付時間

9:00~12:00/14:30~19:30

定休日

水曜日、第2日曜日(変更有)

提携医師による
医漢方薬オンライン診察

   カプセル漢方処方

病院や薬局に行かなくても、
オンラインで効果の高い医療用漢方薬が購入できるサービスを提供しています。
通常ドラックストアなどで販売されている医療用漢方薬は50~80%の成分ですが、こちらの「カプセル漢方」では医療用の100%の成分量で処方されますので、より大きな効果が期待できます。