〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町3丁目15-2 1階
都営新宿線瑞江駅徒歩5分 駐車場:コインパーキング30分駐車券あり

  日祝
9:00~12:00 ×
14:30~19:30 ×

土曜・日曜・祝日は18:00まで受付※第2日曜は定休日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-84-3320

※尚、診療時間中の業者の方の営業、
売り込み電話は固くお断りいたします。

新年なのにやる気が出ない…正月病かも?

瑞江駅から徒歩5分の整体『あすなろ鍼灸整骨院』へようこそ。

2023年 明けましておめでとうございます。

年末年始の長期休暇でリフレッシュして
やる気に満ちている方もいれば・・・

仕事始めを迎えるのに「体にだるさが残っている」「やる気が出ない」「新年が明けても新たな気持ちにはならない」…眠気や倦怠感、集中力の欠如、無気力状態に陥てしまっている方も、ちらほらいるのでは?

これらのいわゆる「正月病」というような状態に陥ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

正月病って?

そのだるさは「正月病」では

「正月病」は正式な病名ではありませんが、年末年始の長期の休暇明けに気分が落ち込んだり、無気力状態に陥ることをいいます。

新しい年が明けてがんばろうと思っても倦怠感をおぼえたり、モチベーションが上がらなかったり、気分が落ち込んだりするのは「うつ」の症状といえます。

忘年会、クリスマス会や新年会などのイベントごとが続く年末年始は生活リズムを失いやすく、秋から冬にかけて冬季うつ病のような症状が発生することがあります。

正月病は生活リズムを取り戻して数日もすれば元に戻りますが、冬季うつ病の場合は睡眠障害が出たり、症状が2週間以上続いたりします。

正月病に陥りやすいのはどんな人?

やる気や集中力の低下年末年始の休暇はいつもより長めのお休みになるので、どうしても生活リズムが乱れがちになります。

「五月病」と比べて、寒い気候やイベントの多さがさらに、症状を出やすくさせています。

もともと冬は日照時間が短いため、気分が鬱々としやすく、気温の低さもあり、体はストレスを感じやすくなります。そのため気分の落ち込みやだるさ(倦怠感)を感じる人は多いはず。

また、お正月の行事で暴飲暴食が続き、夜更しして昼夜逆転する、日中ダラダラと過ごす、などしてしまいがち。

こうしたことで体内リズムが乱れるので、睡眠が浅くなり、体をしっかり休めることができなくなり、休んでいたはずなのに疲れが残ってしまいます。

逆にせっかくの休みだからと、予定をいっぱいに詰め込んで体が疲れてしまうことがあります。

特に12月の年末まで忙しく働いていた人は要注意。

年末の疲れが取れないまま、休み中も予定をこなすために、がんばってしまうので、疲れが溜まりやすくなり、けださるさが残ることがあるのです。

体のだるさに加えて、気持ちが落ち込みがちになる場合もあります。

また、仕事を抱えすぎてサポートをお願いできない、内向的であまり仕事のことを周りに共有できない人は年末年始の休みが引き金となり、正月病になってしまうことがあります。


正月病は、長期休暇中の生活リズムの乱れによる睡眠不足とストレスを感じやすい環境が原因です。

あなたの症状をチェックしてみましょう!

< 正月病に該当する主な症状 >

  • やる気や集中力の低下
  • めまい・不眠・睡眠障害
  • カラダが重だるい・むくみ・冷え
  • イライラ、気分の変化(不安・緊張)
  • 腹痛・食欲がわかない・胃が重い・便秘や下痢が続く

正月病の対処法

(1)休み明けの業務を把握しておく
心の準備のないまま、休み明けから忙しい業務に突入すると、精神的な負荷が重くなります。
年明けにどんな業務があるかをあらかじめ心の中でシミュレーションしておくことで、忙しさに備えましょう。

(2)規則正しい生活を維持する
生活ペースが一度乱れると、それを仕事モードに戻すのはなかなか大変です。
できる限り、規則正しい生活を維持しましょう。

外出するなら昼中がおすすめ。
体を覚醒させるセロトニンというホルモンは、日光を浴びると活性化します。
このホルモンは食べ過ぎやアルコールなどへの依存を抑える効果が期待できます。

(3)大豆食品、ビタミンB6を積極的に摂取する
上述の『セロトニン』の生成を促す効果のある食べ物を食べましょう。

必要なのは必須アミノ酸であるトリプトファン
大豆食品、ビタミンB6(唐辛子、にんにく、動物性たんぱく質など)といわれています。

(4)1週間は内臓を休める
年末年始の食べ過ぎ、飲み過ぎは内臓疲労につながります。
せめて1週間程度は飲み会を控え、胃腸や肝臓を休める期間を設けましょう。
また、内臓を休めるうえで七草粥はおすすめです。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-84-3320
受付時間
9:00~12:00/14:30~19:30
定休日
水曜、第2日曜(変更有)

お気軽に
お問合せください

お電話でのご相談・お問合せ
ご予約専用フリーダイヤル

0120-84-3320

<受付時間>
9:00~12:00/14:30~19:30
※水曜、第2日曜は除く

フォームは24時間受付中です。

新着情報・お知らせ

2022/1/4
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 
当院は4日午前9時から診療を開始しております。
 
【1月休診日のお知らせ】
1月1日~3日 全日休診
  11日【水】全日休診
  28日【土】全日休診
   9日【祝】午後休診
    24日【火】午後休診
 
尚、18日・25日水曜日は15時から18時30分まで予約受付いたします。

あすなろ鍼灸整骨院

住所

〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町3丁目15-2 1階

アクセス

都営新宿線瑞江駅徒歩5分 駐車場:コインパーキング30分駐車券あり

受付時間

9:00~12:00/14:30~19:30

定休日

水曜日、第2日曜日(変更有)